メインメニューを開く

チップス 白バイ野郎ジョン&パンチ再起動!?

チップス 白バイ野郎ジョン&パンチ再起動!?』(チップス しろバイやろうジョンアンドパンチさいきどう、CHiPs)は、2017年アメリカ合衆国で公開されたアクション映画。監督・主演はダックス・シェパードが務めた。本作は1977年から1983年にかけてABCで放送されたテレビドラマ白バイ野郎ジョン&パンチ』をリブートして映画化した作品である。

チップス 白バイ野郎ジョン&パンチ再起動!?
CHiPs
監督 ダックス・シェパード
脚本 ダックス・シェパード
原作 リック・ロズナー英語版
白バイ野郎ジョン&パンチ
製作 アンドリュー・パナイ
ラヴィ・メータ
製作総指揮 マイケル・シェパード
リック・ロズナー
マイケル・ペーニャ
ネイト・タック
出演者 ダックス・シェパード
マイケル・ペーニャ
ヴィンセント・ドノフリオ
イザイア・ウィットロック・Jr
音楽 フィル・アイズラー
撮影 ミッチェル・アムンドセン英語版
編集 ダン・レーベンタール
製作会社 ラットパック=デューン・エンターテインメント
アンドリュー・パナイ・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年3月24日
上映時間 101分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $25,500,152[3]
テンプレートを表示

なお、本作は日本国内で劇場公開されなかったが、Amazonでの配信が行われている[4]

概略編集

ジョン・ベイカーはフリースタイルモトクロスの選手として活躍していたが、足を痛めたために引退を余儀なくされた。失意の日々を送っていたジョンだったが、厳しい訓練の果てにカリフォルニア・ハイウェイ・パトロール英語版(CHP)の一員として新たな人生を踏み出すことになった。CHPにはパンチというニックネームの警察官も所属していたが、彼は内偵中のFBI捜査官であった。パンチはCHP内の汚職を捜査するためにFBIから派遣されてきたのである。パンチとタッグを込むことになったジョンは、図らずも警察組織内の汚職と対峙することになった。

キャスト編集

製作編集

2014年9月2日、ワーナー・ブラザース映画は『白バイ野郎ジョン&パンチ』を映画としてリブートすると発表した[5]。同日、ダックス・シェパードが監督・脚本・製作総指揮・主演の4役を兼任し、マイケル・ペーニャがパンチを演じることも明かされた[6]2015年3月、ヴィンセント・ドノフリオが本作に出演するとの報道があった[7]。8月、カリフォルニア・フィルム・コミッションが本作の製作費に対し510万ドルの税額控除を行うと発表した[8]。9月16日、アダム・ブロディの出演が決まった[9]。18日、アンドリュー・パナイとラヴィ・メータがプロデューサーに起用され、クリステン・ベルがカレン・ベイカー役に起用されたとの報道があった[10]。10月、ジェシカ・マクナミーが新人警察官役に起用されたと報じられた[11]。11月、ジェーン・カツマレクの出演が決まった[12]2016年3月、ライアン・ハンセンが本作に出演すると報じられた[13]

2015年10月21日、本作の主要撮影がカリフォルニア州ロサンゼルスで始まった[14][15]

公開編集

当初、本作は2017年8月11日に全米公開される予定だったが、後に公開日は同年3月24日へと前倒しされた[16][17]

興行収入編集

本作は『パワーレンジャー』、『ライフ』、『Wilson』と同じ週に公開され、1000万ドル前後を稼ぎ出すと予想されたが、実際の数字はそれを下回るものとなった[18]。2017年3月24日、本作は2464館で封切られ、公開初週末に772万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場7位となった[19]

評価編集

本作は批評家から酷評されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには96件のレビューがあり、批評家支持率は16%、平均点は10点満点で3.6点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『チップス 白バイ野郎ジョン&パンチ再起動!?』は原作の愛すべき無垢さを無視し、攻撃的かつ凡庸なギャグを連発するための素材として原作の諸要素を使っている。しかも、そのギャグは冴えていない。」となっている[20]。また、Metacriticには26件のレビューがあり、加重平均値は28/100となっている[21]。なお、本作のシネマスコアはB-となっている[22]

バラエティ』のオーウェン・グレイバーマンは「『チップス 白バイ野郎ジョン&パンチ再起動!?』は『21ジャンプストリート』や『22ジャンプストリート』のような作品になろうとしていたのだろうし、そうなるべきでもあった。後者2作品―ニヒリスティックで、勢い任せなバーレスク―を監督したフィル・ロード&クリス・ミラーはコメディをサスペンスに、スリラー要素を不条理劇に変える術を知っていた。それに対し、ダックス・シェパードは大げさなジョークを平凡な出来のストーリーやバイクアクションに絡めただけである。ありふれた題材を使用することに固執することで、シェパードはアクション・コメディ映画の神に忠節を示したかのようである。」と批判している[23]

出典編集

  1. ^ CHIPS (2017)”. 2017年7月15日閲覧。
  2. ^ ‘CHIPS': 15 Things to Know about Dax Shepard’s R-Rated Adaptation”. 2017年7月15日閲覧。
  3. ^ CHiPs” (英語). Box Office Mojo. 2017年7月15日閲覧。
  4. ^ チップス 白バイ野郎ジョン&パンチ再起動!?”. 2018年4月2日閲覧。
  5. ^ Dax Shepard Driving Warner Bros ‘CHiPS’ Film; Michael Pena To Play Ponch”. 2017年7月15日閲覧。
  6. ^ Dax Shepard Making 'CHiPS' Movie for Warner Bros.”. 2017年7月15日閲覧。
  7. ^ 'CHiPs' Movie Casting Vincent D'Onofrio as Villain (Exclusive)”. 2017年7月15日閲覧。
  8. ^ California Film Tax Credits Go to ‘Conjuring 2,’ ‘Chicken Soup for the Soul’”. 2017年7月15日閲覧。
  9. ^ Adam Brody Joins Dax Shepard in Warner Bros.’ ‘CHiPs’ Film (EXCLUSIVE)”. 2017年7月15日閲覧。
  10. ^ Kristen Bell Joins Husband Dax Shepard’s ‘CHiPs’ Movie at Warner Bros. (Exclusive)”. 2017年7月15日閲覧。
  11. ^ Jessica McNamee Moves From ‘Sirens’ To ‘CHiPs’ & More”. 2017年7月15日閲覧。
  12. ^ Jane Kaczmarek Joins Dax Shepard, Michael Pena in 'CHiPs' Movie (Exclusive)”. 2017年7月15日閲覧。
  13. ^ 'Veronica Mars' Alum Joins Fox Buddy Comedy 'The Enforcers'”. 2017年7月15日閲覧。
  14. ^ On the Set 10/22/15: Tom Hiddleston Starts on ‘Kong: Skull Island, Nina Dobrev Starts on ‘Crash Pad’”. 2017年7月15日閲覧。
  15. ^ Photos from the Set of the CHiPs Remake!”. 2017年7月15日閲覧。
  16. ^ Warner Bros. Sets ‘CHiPs’, ‘It’ & Untitled PG-13 Comedy For 2017”. 2017年7月15日閲覧。
  17. ^ Warner Bros. Makes 2017 Date Changes To ‘King Arthur’, ‘CHiPS’, ‘Annabelle 2’ & More”. 2017年7月15日閲覧。
  18. ^ Can ‘Power Rangers’ Slay Disney’s ‘Beast’ at the Box Office?”. 2017年7月15日閲覧。
  19. ^ March 24-26, 2017”. 2017年7月15日閲覧。
  20. ^ CHiPs”. 2017年7月15日閲覧。
  21. ^ CHIPS (2017)”. 2017年7月15日閲覧。
  22. ^ Box Office: 'Power Rangers' Heads for $40M-Plus Bow; 'Beauty' Eyes Beastly $89M”. 2017年7月15日閲覧。
  23. ^ Film Review: ‘CHIPS’”. 2017年7月15日閲覧。

外部リンク編集