地質時代 - 顕生代[* 1][* 2]
累代 基底年代
Mya[* 3]
顕生代 新生代 第四紀 2.58
新第三紀 23.03
古第三紀 66
中生代 白亜紀 145
ジュラ紀 201.3
三畳紀 251.902

古生代 ペルム紀 298.9
石炭紀 358.9
デボン紀 419.2
シルル紀 443.8
オルドビス紀 485.4
カンブリア紀 541
原生代 2500
太古代(始生代) 4000
冥王代 4600
  1. ^ 基底年代の数値では、この表と本文中の記述では、異なる出典によるため違う場合もある。
  2. ^ 基底年代の更新履歴
  3. ^ 百万年前

チトニアン: Tithonian)は、国際層序委員会英語版によって定められた地質学用語である、地質時代名の一つ。1億5210万年前から1億4500万年前にあたる、後期ジュラ紀の最後の期である。前の期はキンメリッジアン、続く期は前期白亜紀最初の期であるベリアシアン[1]

この時代にあたる産地として有名な例には、アーケオプテリクスなど非常に良好な保存状態の化石が知られるゾルンホーフェンがある[2][3]

なお、「チトン」「チトニアン」という名称があるが、これらは時代を示すものではない。「階」は地層に対して当てられる単位(層序名)であり、層序名「チトン、チトニアン」と時代名「チトン、チトニアン」は対を成す関係である。詳しくは「累代」を参照のこと。

語源と歴史編集

Tithonissche 階という用語は、ポーランドオーストリアの間に分布する一連の露頭に基づき、古生物学者アルバート・オッペル英語版が1865年に初めて導入した[4]。通常地質時代名はマーストリヒチアンマーストリヒト)やチバニアン千葉県)というようにその時代を定義する地域の名前が付けられるが、Tithonissche の語源はギリシア神話の神ティートーノスにあった[5]

1873年に、ドイツの古生物学者メルヒオール・ノイマイル英語版[6]1842年にフランスの博物学者アルシド・ドルビニが定義したキンメリッジアン/チトニアン境界[7][8]にドイツにおけるキンメリッジアン/チトニアン境界に近いことを確かめた。

国や地域によって階の理解が異なっていたため、1990年に国際層序委員会英語版国際地質科学連合がチトニアンという用語の使用を決定した[9]。Tithonique という用語は廃止された[10]

1881年にロシアの地質学者セルゲイ・N・ニキチンはヴォルギアン (Volgien) という用語を発表しており[11]、これはチトニアンにほぼ対応するとされる[10]

層序学的定義編集

異なる古生物地理学的地域は、以下の各地域の個別の生層序スケールの確立に繋がり、特定の指標(アンモナイト微化石・磁気層序など)に応じてある地域内における異なるゾーニングも確立している[9]

基底の公式な定義はテチス海の卓越した外洋性堆積物から地点が選ばれており、以下の地点が研究されている[9]

日本において編集

日本では手取層群御手洗層がチトニアン階からベリアシアン階にあたる[12]ほか、高知県に分布する鳥巣層群および相当層からはチトニアンからバランギニアン放散虫が産出する。鳥巣層群の直下に位置するとされていた七良谷層からは、中部-上部キンメリッジアン階のアスピドセラス属のアンモナイトと最下部チトニアン階のHybonoticeras属のアンモナイト(両属ともテチス海領域を中心にゴンドワナ大陸辺縁から太平洋南部まで広く分布)が産出するため、七良谷層は鳥巣層群と少なくとも一部が重複するキンメリッジアン - チトニアン階に当たる可能性が高い[13]

出典編集

  1. ^ INTERNATIONAL CHRONOSTRATIGRAPHIC CHART(国際年代層序表)”. 日本地質学会. 2020年3月5日閲覧。
  2. ^ Schweigert, G. 2007. Ammonite biostratigraphy as a tool for dating Upper Jurassic lithographic limestones from South Germany – first results and open questions." Neues Jahrbuch für Geologie und Paläontologie - Abhandlungen, 245(1): 117-125. doi:10.1127/0077-7749/2007/0245-0117
  3. ^ Rauhut, O. W., Heyng, A. M., López-Arbarello, A., & Hecker, A. (2012). A new rhynchocephalian from the Late Jurassic of Germany with a dentition that is unique amongst tetrapods. PloS One, 7(10): e46839.
  4. ^ Carl Albert Oppel, Die Tithonische Etage. Zeitschrift der Deutschen Geologischen Gesellschaft, volume 17, 1865, p.  535-558
  5. ^ 地質調査総合センター研究資料集 No.486 地質図─地質用語(TS図案:2008)”. 地質調査総合センター. p. 12. 2020年3月5日閲覧。
  6. ^ Melchior Neumayr, Die Fauna des Schichten mit Aspidoceras acanthicum, Abhandlungen der Kais.-Königl. Geologischen Reichsanstalt, volume5, issue6, 1873, p. 141-257
  7. ^ Alcide d'Orbigny, Paléontologie française. Terrains jurassiques. 1, Céphalopodes, Masson éditeurs, Paris, 1842-1851, 2 volumes
  8. ^ Alcide d'Orbigny, Cours élémentaire de paléontologie et de géologie stratigraphique, Masson éditeur, Paris, 1849-1852, 2 volumes
  9. ^ a b c F.M.Gradstein; J.G.Ogg; M.Schmitz; G.Ogg (2012). Elsevier. ed. The Geologic Time Scale 2012. ISBN 9780444594488 
  10. ^ a b Charte stratigraphique internationale (2012) (PDF)”. 2013年5月19日閲覧。
  11. ^ Serguei N. Nikitin,Jurassic formations between Rogbinsk, Mologa, and Myshkin, Materials on the Geology of Russia, 10, 1881, p. 199-331
  12. ^ 蜂矢喜一郎; 矢野一生 (2004). 化石の友 (東海化石研究会) 50: 25-32. ISSN 03893847. 
  13. ^ 前田晴良, 上田直人, 西村智弘 ほか「高知県佐川地域の七良谷層から最上部ジュラ系アンモノイドの産出」『地質学雑誌』第118巻第11号、日本地質学会、2012年11月15日、 741-747頁、 doi:10.5575/geosoc.2012.0055