メインメニューを開く

チャイコフスキー (映画)

チャイコフスキー』(: Чайковский)は1970年ソビエト連邦伝記映画。 19世紀後半のロシア作曲家ピョートル・チャイコフスキーの半生を描いている。 ハリウッドを代表する映画音楽の作曲家でウクライナ出身のディミトリ・ティオムキンが製作と音楽(編曲)を担当している。

チャイコフスキー
Чайковский
(Chaykovskiy)
監督 イーゴリ・タランキン英語版
脚本 イーゴリ・タランキン
ユーリー・ナギビン英語版
ブジミール・メタリニコフ英語版
製作総指揮 ディミトリ・ティオムキン
出演者 インノケンティ・スモクトゥノフスキー
アントニーナ・シュラーノワ英語版
音楽 ディミトリ・ティオムキン
ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー(指揮)
撮影 マルガリータ・ピリーヒナ
編集 レオニド・ネホロシェフ
ゾーヤ・ウェリョフキナ
製作会社 モスフィルム
配給 日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 ソビエト連邦の旗 1970年8月31日
日本の旗 1970年12月12日
上映時間 157分
製作国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
言語 ロシア語
フランス語
テンプレートを表示

第44回(1971年度)アカデミー賞において外国語映画賞にノミネートされた。

ストーリー編集

チャイコフスキーの生涯のうち、ピアノ協奏曲第1番を作曲した1875年ころから、交響曲第6番『悲愴』の初演(1893年)までを、親友ニコライ・ルビンシテインとの関係や、長年にわたって経済的にチャイコフスキーを支援していたフォン・メック夫人との文通のみでの交流を中心に描いている。プロローグとエピローグに少年時代のエピソードが挿入されている。

2部構成。第1部は、妻アントニーナとの関係を苦にした自殺未遂までが描かれる。第2部は、親友ニコライがチャイコフスキーの離婚に伴う慰謝料の支払いをフォン・メック夫人に依頼し、その後にパリで客死するところから始まる。

キャスト編集

製作編集

ボリショイ・オペラボリショイ・バレエのメンバー、レニングラード管弦楽団ボリショイ劇場管弦楽団ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー等、ソビエト音楽界を代表するメンバーが演奏・出演している[1]

参考文献編集

  1. ^ チャイコフスキー”. KINENOTE. 2013年2月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集