メインメニューを開く

概要編集

チャイテン山は、チリ中部にある火山で、山頂の標高は1122m。チリの首都サンティアゴから南に約1300km離れた、アンデス山脈内に位置する流紋岩質でできた火山である。
2008年の噴火は約300年(一部の記事では9000年)ぶりの噴火とされ、このときの火山爆発指数は5だった。大量の火山灰を噴き上げ[1]火砕流を発生させたりした。総噴出量は約40億m3に及ぶ。[2]
この噴火による人的被害はなかったが、火山灰による泥流を起こし、付近の建物に被害が出た。

2008年の噴火編集

  • 5月2日、大噴火。大量の火山灰を含んだ噴煙は上空約30kmの成層圏まで噴き上がり、溶岩を流出。火砕流発生の恐れがあるとして近隣住民1500人避難。[3]翌3日には、地元のラジオ局によると、92歳の女性が心肺機能の問題を起こし死亡。[4]
  • 5月6日、避難範囲を拡大し、さらに1800人が避難。
  • 5月10日、チリの大統領(当時)であるミチェル・バチェレが被災地を観察。
  • 7月- 火山活動が再び活発化する。

脚注編集

  1. ^ 野村哲也 『パタゴニアを行く 世界でもっとも美しい大地』 中央公論新社、2011年、37頁。ISBN 978-4-12-102092-5 
  2. ^ http://www.bousai.go.jp/kazan/kentokai3/20120803/20120803siryo2.pdf#search='チリ%20チャイテン火山'
  3. ^ “チリで火山が噴火、1500人が避難”. AFPBB News. (2008年5月3日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2386379/2892174 2012年7月31日閲覧。 
  4. ^ “火山灰で町がゴーストタウン化、チリ南部”. AFPBB News. (2008年5月5日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2387169/2895035 2012年7月31日閲覧。 

関連項目編集

  •   ウィキメディア・コモンズには、チャイテン山に関するカテゴリがあります。

外部リンク編集

  • Chaiten - Smithsonian Institution: Global Volcanism Program