チャオモンフ (クレーター)

チャオモンフ: Chao Meng-Fu)は、太陽系の第一惑星である水星南極近くのクレーターである。名前は中国画家趙孟頫に由来する。

チャオモンフ

直径167km、約40%は永久影[1]レーダー反射率は非常に高く、水星の地殼物質であるケイ酸塩岩石ではなく、であると見られる。永久影の温度は約-171℃。真空中において、この温度では氷は昇華しない。だがその反射率がまだ純氷の高さに達しておらず、薄い塵が氷の上を覆っていると考えられる[2][3]

チャオモンフは、隕石彗星の衝突によって出来たか、または水星の内部の蒸気漏れで出来たとも考えられる。そして氷でもなく、金属鉱物や混合物の可能性もある。

脚注編集

  1. ^ James Salvail; Fraser Fanale (1994). “Near-surface ice on Mercury and the Moon”. Icarus 111 (2): 441–455. Bibcode1994Icar..111..441S. doi:10.1006/icar.1994.1155. 
  2. ^ L. J. Harcke (2001). “Radar Imaging of Mercury's North and South Poles at 3.5 cm Wavelength”. Workshop on Mercury: Space Environment, Surface, and Interior: 36. http://www.lpi.usra.edu/meetings/mercury01/pdf/8032.pdf. 
  3. ^ J. K. Harmon (1994). “Radar mapping of Mercury's polar anomalies”. Nature 369 (6477): 213–215. Bibcode1994Natur.369..213H. doi:10.1038/369213a0. 

関連項目編集

外部リンク編集