チャコの海岸物語

サザンオールスターズの14枚目シングル

チャコの海岸物語」(チャコのかいがんものがたり)は、サザンオールスターズの楽曲。自身の14作目のシングルとして、Invitationから7インチレコード1982年1月21日に発売された。

チャコの海岸物語
サザンオールスターズシングル
初出アルバム『Shout!
B面 翔(SHOW) 〜鼓動のプレゼント
リリース
規格 7インチレコード
8cmCD
12cmCD
デジタル・ダウンロード
ストリーミング
録音 1981年11月 - 12月
VICTOR STUDIO
KRS STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル Invitation
タイシタレーベル(再発盤)
作詞・作曲 桑田佳祐
プロデュース サザンオールスターズ
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1982年3月度月間4位(オリコン)
  • 1982年4月度月間3位(オリコン)
  • 1982年度年間8位(オリコン)
  • 週間1位(2週連続、ザ・ベストテン
  • 1982年度年間5位(ザ・ベストテン)
サザンオールスターズ シングル 年表
栞のテーマ
1981年
チャコの海岸物語
(1982年)
匂艶 THE NIGHT CLUB
(1982年)
Shout! 収録曲
チャコの海岸物語
(1)
翔(SHOW) 〜鼓動のプレゼント
(2)
テンプレートを表示

1988年6月25日1998年2月11日に8cmCDとして、2005年6月25日には12cmCDで再発売されている。2014年12月17日からはダウンロード配信、2019年12月20日からはストリーミング配信が開始されている[1][2]

背景編集

前作「栞のテーマ」から4ヶ月ぶりの発売。

自身としては、1979年発売の「いとしのエリー」以来のヒットとなった作品でもある[3]

収録曲編集

  • 収録時間:7:32
  1. チャコの海岸物語 (3:33)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦管編曲:八木正生
    歌謡曲グループ・サウンズを意識した楽曲。桑田はこの曲では田原俊彦を意識した歌い方をしていた[4]調イ短調[5]
    桑田は著書でこの曲やパフォーマンスについて「とんねるずみたいなもの」[6]「あの曲は俺たちなりのパンクだったよね」[7]と自己評価している。
    歌いだしの歌詞「抱きしめたい」は、歌詞カードには記載されていない。2番の「愛してるよ」というセリフ及びそれに続く「お前だけを」という歌詞も記載はない(2005年の再発盤では記載)。
    タイトルの「チャコ」とは、元歌手で発売当時ビクター音楽産業にディレクターとして在籍していた飯田久彦の愛称である。同じく歌詞に登場する「ミーコ」は弘田三枝子、「ピーナッツ」はザ・ピーナッツから取られている[3]
    同曲で第33回NHK紅白歌合戦に出場。桑田が三波春夫を真似て登場し物議を醸した[8][9][10]
  2. 翔(SHOW) 〜鼓動のプレゼント (3:58)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ)
    ドラム松田弘ボーカル曲。シングルでは初のメインボーカル曲である。

参加ミュージシャン編集

収録アルバム編集

※斜字は廃盤作品。

カバー編集

チャコの海岸物語

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ サザン、全266曲を世界111ヶ国で配信 オリコン 2014年12月17日配信, 2020年6月4日閲覧
  2. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧
  3. ^ a b 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p24
  4. ^ 桑田佳祐「ただの歌詩じゃねえか、こんなもん」(1984年、新潮社、p181)
  5. ^ チャコの海岸物語(サザンオールスターズ) / コード譜 / ギター - J-Total Music!”. Jトータルミュージック. 2016年8月2日閲覧。
  6. ^ 桑田佳祐『ブルー・ノート・スケール』P184 - 185、ロッキン・オン、1987年
  7. ^ 桑田佳祐『ブルー・ノート・スケール』p148、ロッキン・オン、1987年
  8. ^ 朝日新聞1998年6月25日号
  9. ^ スージー鈴木「サザンオールスターズ 1978-1985」(2017年 新潮新書 P139 - 142)
  10. ^ ACTIVITIES 1982SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE

関連項目編集

外部リンク編集