チャック・グラスリー

アイオワ州選出の米国上院議員

チャールズ・アーネスト・グラスリー英語: Charles Ernest Grassley1933年9月17日 - )は、アメリカ合衆国政治家1981年からアイオワ州選出の上院議員を務めている。2019年から2021年までは上院仮議長を務めた。

チャック・グラスリー
Chuck Grassley
Chuck Grassley official photo 2017.jpg
生年月日 (1933-09-17) 1933年9月17日(88歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アイオワ州ニューハートフォード
出身校 ノーザン・アイオワ大学英語版
アイオワ大学
所属政党 共和党
称号 教養学士
(ノーザン・アイオワ大学・1955年)
政治学修士
(ノーザン・アイオワ大学・1956年)
配偶者 バーバラ・スペイチャー(1954年 - )
子女 5人
サイン ChuckGrassleySig.png
公式サイト Senate website

在任期間 2019年1月3日 - 2021年1月20日
大統領 ドナルド・トランプ

選挙区 アイオワ州の旗 アイオワ州
当選回数 7回
在任期間 1981年1月3日 - 現職

選挙区 アイオワ州の旗 アイオワ州第3区
当選回数 3回
在任期間 1975年1月3日 - 1981年1月3日

選挙区 バトラー郡
(第73区→)
(第10区→)
第37区
当選回数 8回
在任期間 1959年1月12日 - 1975年1月3日
州知事 ハーシェル・ラヴレス
ノーマン・エルベ
ハロルド・ヒューズ
ロバート・フルトン
ロバート・レイ
テンプレートを表示

経歴編集

1933年9月17日にアイオワ州ニューハートフォードに誕生する。共和党の一員であるグラスリーは、アイオワ州下院議員、アイオワ州選出連邦下院議員、同州選出連邦上院議員を歴任した。2019年1月3日オリン・ハッチの上院任期が終了すると、グラスリーは上院の共和党議員の中で最も年長者となった。第116回アメリカ議会で上院仮議長に選出され、副大統領下院議長に次ぐ大統領継承順位第3位となった。民主党が多数党となったことを受け2021年1月20日で退任。

2020年11月に旭日大綬章を受章した[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『官報』号外第230号、令和2年11月4日

外部リンク編集