チャック・トック・イチャーク1世

ティカル王朝の第14代の王

チャック・トック・イチャーク1世Chak Tok Ich'aak I378年1月16日没)、通称「大ジャガーの前足[1]マヤ文明のムタル(現在ではティカルとして知られる)の14代目の王。[2]ティカルの王の中でもよく知られており、彼の名は多数の陶器片や石碑英語版に記録され、石碑2は彼に捧げられたものである可能性がある。[2]

チャック・トック・イチャーク1世
記念碑石碑39、石碑31、彼自身の宮殿
住居ティカル
別名「大前足」(Great Paw)、「大ジャガーの前足」(Great Jaguar Paw)、「ジャガーの前足」3世(Jaguar Paw III)、トフ・チャック・イチャック(Toh Chak Ich'ak)
肩書きティカル
前任者キニチ・ムワーン・ホル
後任者ヤシュ・ヌーン・アイーン1世
宗教マヤの宗教英語版
チャック・トック・イチャーク1世の名の記されたティカルの石碑

石碑39は376年カトゥンの終わりを記念して作られたものであるが、そこにはこの王が縛られた捕虜の前に立っている様子が描かれている。[2] 彼の宮殿は異例なことに、後世の統治者によって建て替えられることがなく、何百年もの間彼を称えるための記念碑の役目を持って修復され続けていた。ティカルの石碑31の記録によれば彼が死んだのはシヤフ・カックがティカルを攻略したのと同日であり、おそらくはテオティワカンの征服者に殺されたものとみられる。[3][1]

脚注 編集

参考文献 編集

Martin, Simon; Nikolai Grube (2000). Chronicle of the Maya Kings and Queens: Deciphering the Dynasties of the Ancient Maya. London and New York: Thames & Hudson. ISBN 0-500-05103-8. OCLC 47358325