メインメニューを開く

チャム語(チャムご)は、オーストロネシア語族に属する言語カンボジアベトナムに住むチャム族が話す言葉である。オーストロアジア語族に属するベトナム語(越語)やクメール語(棉語)とは語族レベルで異なる。マレー・ポリネシア語派のなかでも特にスマトラ島アチェ語に近く[要出典]回輝語などを含めてチャム諸語に区分される。

チャム語
Cham
話される国  ベトナム
カンボジアの旗 カンボジア
地域 東南アジア
話者数 32万人
言語系統
表記体系 チャム文字
アラビア文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 各種:
cja — 西部チャム語
cjm — 東部チャム語
テンプレートを表示

チャム文字(アカン・チャム Akhar Cam)と呼ばれる、南インドのパッラヴァ・グランタ文字と同系統の文字を持ち、アラビア文字(アカン・ジャヴァー Akhar Jawa)と併用する。近世パーンドゥランガ王朝(ヌガン・チャム Nagar Cam、順城鎮)は17世紀末~19世紀初めまでベトナム帝国(阮朝)の藩屏として自治を維持し、漢文とチャム文による膨大な文献群(パーンドゥランガ・チャンパー王家文書)が残る。呪符体(アカン・リク Akhar Rik)は中世インドパッラヴァ朝パーンディヤ朝)、マレー半島ジャワ島の碑文書体に近く、現代クメール文字のムール体と似た書体である。筆写体(アカン・シャハ Akhar Thrah)はフィリピンラグナ銅版碑文英語版との関係が指摘され、現存するパッラヴァ系文字の中ではクメール文字の各書体が比較的似ている。2014年に東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所夏季言語講習で集中講義が行われ、Trương Văn Món Sakaya(丈文門サカヤー、ベトナム・チャム族、ホーチミンシティー国家大学人文社会科学大学人類学科准教授)と新江利彦(鹿児島大学グローバルセンター特任准教授)による「チャム語教程」「チャム語語彙集」が同研究所のインターネットサイト上で公開されている。本来のチャム語は有声無声・有気無気の区別が明確で、声調は無かったと考えられるが、海南島の回輝話とベトナムのチャム語には周辺言語(漢語、越語)からの借用語が多く、それらの借用語は声調つきで正しく発音される。有声音が低声調無声音として、無声音が高声調無声音として発音される傾向がある。ワ行接近音(有声音)はヴァで発音される。チャム諸語話者はオーストロアジア語族のバナール族との共通語彙が極めて多く、かつてはオーストロアジア語族とされた時期もあった。

チャム語教程

チャム語語彙集

関連項目編集