メインメニューを開く

チャンピオン太』(チャンピオンふとし)は、作:梶原一騎、画:吉田竜夫による日本漫画作品。『週刊少年マガジン』(講談社1962年1号から1963年52号まで連載された。同コンビにとっては「鉄腕リキヤ」をはじめとする数々の絵物語を発表してきたが、漫画としてはこれが初である。

目次

概要編集

スポーツ万能の少年・大東太(だいとう ふとし)が力道山に弟子入りしチャンピオンを目指す。

フジテレビ系列で1962年11月から翌年5月まで実写ドラマも放映され、日本プロレスの全面協力で力道山が本人役、若き日のアントニオ猪木が第1話ほかの敵役レスラー、その他、当時の所属レスラーが多数登場する。ドラマ版は修行の山篭りから引き揚げる所で打ち切りとなっている。

2006年には「マンガショップ」から全5巻で単行本化された。

テレビドラマ編集

チャンピオン太
ジャンル テレビドラマ
原作 梶原一騎吉田竜夫
脚本 田辺虎男
監督 高橋繁男土屋啓之助ほか
出演者 遠藤恵一
寺島信子
高木秀代
津沢彰秀
國方伝
沢井三郎
力道山
猪木寛至
オープニング 「少年チャンピオン」(ビクター児童合唱団)
制作 フジテレビNAC(国際放映)
放送
放送国・地域   日本
放送期間 1962年11月7日 - 1963年5月6日
放送時間 月曜19:30 - 20:00
放送枠 フジテレビ月曜7時30分枠の連続ドラマ
放送分 30分
回数 26
テンプレートを表示

1962年11月7日から1963年5月6日まで放送。全26回。放送時間は毎週月曜19:30 - 20:00JST)。

出演者編集

ほか

スタッフ編集

  • 企画:梅村幹比古
  • 原作:梶原一騎
  • 挿絵:吉田竜夫(週刊少年マガジン連載)
  • 脚本:田辺虎男、七条門、福田良二、田村多津夫、藤照美、柳瀬一郎、宮川一郎、内田弘三、織田清司
  • 監督:高橋繁男、石川義寛、土屋啓之助、高橋典
  • 撮影:石山徳次、宮西四郎
  • 照明:岡庭正隆、加藤角三
  • 美術:大橋豊一
  • 助監督:山際永三
  • 編集:鹿島秀男
  • 制作担当:平木稔
  • 録音:山王スタジオ
  • 音楽:田代雅士
  • 協力:日本プロレス協会
  • 制作:NAC(国際放映)

放映リスト編集

話数 サブタイトル 脚本 監督 放映日
1 死神酋長 田辺虎男 高橋繁男 1962年
11月5日
2 復讐鬼 11月12日
3 必殺!原爆攻め 11月19日
4 正義の腕(かいな) 石川義寛 11月26日
5 がんばれ!若獅子 12月3日
6 対決!一角獣 不明 不明 12月10日
7 鉄腕二少年対動く山(ムービマウント) 七条門 高橋繁男 12月17日
8 恐怖のバトル・ロイヤル 田辺虎男 12月24日
9 キング・ゴリマンとの対決 福田良二 石川義寛 1963年
1月7日
10 ノック・アウトQ対唐手三角跳び 田村多津夫 高橋繁男 1月14日
11 対決!アラビヤ魔法 田辺虎男 1月21日
12 怒れる!! 熊男 藤照美 石川義寛 1月28日
13 執念のふくみ針 柳瀬一郎 2月4日
14 敗北!チャンピオン太 宮川一郎 土屋啓之助 2月11日
15 開眼!ノック・アウトWQ(ダブルキュー) 柳瀬一郎 2月18日
16 決闘の河 宮川一郎 高橋典 2月25日
17 長者ヶ崎の決闘 柳瀬一郎 土屋啓之助 3月4日
18 盲目の老剣士 藤照美 3月11日
19 呪いの空手打 柳瀬一郎 3月18日
20 燃えろ闘魂 内田弘三 3月25日
21 友情ある対決 福田良二 高橋典 4月1日
22 荒れ寺の決闘 宮川一郎 4月8日
23 チャンピオンに敗北はない 織田清司 土屋啓之助 4月15日
24 必殺拳の鬼 福田良二 4月22日
25 幻のチャンピオン・ベルト 藤照美 4月29日
26 たくましき前進 内田弘三 5月6日

主題歌編集

「少年チャンピオン」

映像ソフト・再放送編集

  • 2000年8月11日、げんごろおから第1話・第23話・最終話[3]を収録したVHSが発売された(販売:セブンエイト)[3]
  • 2019年2月22日、ベストフィールドから、原版不良の第6話を除く全話を収録した3枚組DVDが発売された。
  • 2001年にファミリー劇場で、2010年にホームドラマチャンネルで放送されるなど、何度かCS放送が行われている。第6話は放送されていない。
  • 本放送当時のオープニング映像は、1980年代末頃にはテレビで映像が流れるなどして存在が確認されていた[4]が、近年の再放送等で使用されているオープニングはノンテロップの素材に新たにテロップを重ねて新規制作されたもので、本放送当時のものではない。

エピソード編集

  • 主人公・大東太の名は、当時人気を博していた西鉄ライオンズの主砲・中西太からの戴で、「太」の名は編集部が考えたが、「中」を「大」、「西」を「東」にというアイデアは梶原だった[5]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ OPテロップ表記は「死神酋長」(第1話)、「猪木完至」(第4、11話)
  2. ^ CS放送でのニュープリント版テロップでは「ひばり児童合唱団」名義で表記。
  3. ^ a b 「2000TV・映画 特撮DVD・LD・ビデオ&CD」『宇宙船YEAR BOOK 2001』朝日ソノラマ〈宇宙船別冊〉、2001年4月30日、66頁。雑誌コード:01844-04。
  4. ^ http://www.myagent.ne.jp/~bonkura/media/chanpion.html
  5. ^ 『世界の子供たちに夢を タツノコプロ創始者 天才・吉田竜夫の軌跡』メディアアックス、2013年、P.96。
フジテレビ 月曜19時台後半枠
前番組 番組名 次番組
チャンピオン太
(1962.11 - 1963.5)
【当番組までドラマ枠