メインメニューを開く

チャン・バン・フォン

チャン・バン・フォンベトナム語Trần Văn Hương, 漢字:陳文香, 1902年 - 1982年1月27日)は、南ベトナム(ベトナム共和国)の政治家。首相職と大統領職を歴任した。

目次

経歴編集

メコン・デルタビンロン省の貧農の家庭に生まれ教師を長く勤めた。1954年サイゴン市長に選出されるも、1960年ゴ・ジン・ジェム政権批判の容疑で逮捕・投獄される。

二度の首相就任と副大統領への就任編集

ジェム政権崩壊後の1964年にサイゴン市長に復帰。11月にはグエン・カーンの慫慂によって首相に就任するが、1965年1月にグエン・カーンがグエン・バン・チューグエン・カオ・キら少壮将校のクーデターで失脚すると、国家元首のファン・カク・スーによって首相を罷免される。

1967年の大統領選には、軍部の厚い支持を受けたグエン・バン・チューとグエン・カオ・キに対抗する形で出馬するも敗北。一時は野党的立場で活動するが、グエン・カオ・キ副大統領の勢力伸長を恐れたグエン・バン・チューによって1968年5月に再度首相に指名。1969年9月まで務めた後、1971年10月にはグエン・カオ・キに代わって副大統領になった。

大統領就任編集

サイゴン陥落直前の1975年4月21日、グエン・バン・チューは大統領職を辞任し、チャン・バン・フォンにその座を明け渡した。チャン・バン・フォンはグエン・バン・チューを中華民国へと送り出し、北ベトナム(ベトナム民主共和国)との和平会談を求めたが停戦を実現することは叶わなかった。

辞任編集

大統領就任からわずか一週間後の4月28日、解放戦線側のチュー政権関係者排除要求により、チャン・バン・フォンは大統領を辞任し、ベトナム共和国の降伏活動を管轄していたズオン・バン・ミン司令官に大統領職を引き渡した。直後のサイゴン陥落に際しても亡命せず残留する。その後は自宅軟禁下に置かれ余生を送った。

関連項目編集