メインメニューを開く

チャーマ・ラージャ8世(Chama Raja VIII, 1759年8月27日 - 1776年9月6日)は、南インドカルナータカ地方マイソール王国の君主(在位:1770年 - 1776年)。ベッタダ・チャーマ・ラージャ(Bettada Chama Raja)とも呼ばれる。

チャーマ・ラージャ8世
Chama Raja VIII
マイソール王
在位 1770年 - 1776年
戴冠 1770年8月16日
別号 ラージャ

出生 1759年8月27日
死去 1776年9月6日
シュリーランガパトナ
王朝 オデヤ朝
父親 クリシュナ・ラージャ2世
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

生涯編集

1770年8月2日、兄ナンジャ・ラージャが毒殺されたことにより、チャーマ・ラージャ8世が王位を継承した[1]

しかし、チャーマ・ラージャ8世の治世もまた、サルヴァーディカーリー(首席大臣)のハイダル・アリーが父クリシュナ・ラージャ2世の治世末期より全権を握っていたため、名ばかりの統治であった[2]

1776年9月6日、チャーマ・ラージャ8世もまた兄と同様にハイダル・アリーの命により、 シュリーランガパッタナの宮殿において、風呂の中で首を絞められて殺害された[3]

出典・脚注編集

関連項目編集