メインメニューを開く

チャーリー・カルバーソン

チャーリー・エドワード・カルバーソンCharles Edward Culberson, 1989年4月10日 - )は、アメリカ合衆国ジョージア州フロイド郡ローム出身のプロ野球選手内野手外野手)。右投右打。フリーエージェント(FA)。

チャーリー・カルバーソン
Charlie Culberson
Charlie Culberson, 9-18-2018 (cropped).jpg
アトランタ・ブレーブス時代
(2018年9月18日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州フロイド郡ローム
生年月日 (1989-04-10) 1989年4月10日(30歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 2007年 MLBドラフト1巡目追補
初出場 2012年5月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入りとジャイアンツ時代編集

2007年MLBドラフト1巡目追補(全体51位)でサンフランシスコ・ジャイアンツから指名され、プロ入り。また、この時チームメイトのジョシュ・スモーカーも同じく1巡目追補(全体31位)でワシントン・ナショナルズから指名されてプロ入りしている。6月21日に契約後[1]、傘下のルーキー級アリゾナリーグ・ジャイアンツでプロデビュー。46試合に出場して打率.286、1本塁打、16打点、19盗塁を記録した[2]

2008年はA級オーガスタ・グリーンジャケッツ英語版でプレーし、81試合に出場して打率.234、3本塁打、27打点、6盗塁を記録した[2]

2009年はA級オーガスタでプレーし、132試合に出場して打率.246、2本塁打、36打点、15盗塁を記録した[2]

2010年はA+級サンノゼ・ジャイアンツ英語版でプレーし、128試合に出場して打率.290、16本塁打、71打点、25盗塁を記録した[2]

2011年1月14日にジャイアンツとマイナー契約で再契約した[3]。AA級リッチモンド・フライングスクウォーレルズでプレーし、137試合に出場して打率.259、10本塁打、56打点、14盗塁を記録した。オフの11月18日にジャイアンツとメジャー契約を結び、40人枠入りを果たした[4]

2012年3月15日にAAA級フレズノ・グリズリーズへ配属され、そのまま開幕を迎えた。5月13日にメジャーへ初昇格し[5]、同日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦でメジャーデビュー。「7番・二塁手」で先発起用され、4打数1安打1奪三振だった。6試合に出場して打率.136と結果を残せず、5月23日にAAA級フレズノへ降格した[6]

ロッキーズ時代編集

 
コロラド・ロッキーズ時代
(2014年5月6日)

2012年7月27日にマルコ・スクータロとのトレードで、コロラド・ロッキーズへ移籍した[7]。移籍後は傘下のAAA級コロラドスプリングス・スカイソックスでプレーし、30試合に出場して打率.336、2本塁打、12打点、6盗塁を記録した[2]

2013年3月5日にロッキーズと1年契約に合意し[8]、24日にAAA級コロラドスプリングスへ異動した[9]。そのまま開幕を迎え、97試合に出場して打率.310、14本塁打、64打点、13盗塁を記録した。7月29日にメジャーへ昇格[10]。この年メジャーでは47試合に出場して打率.293、2本塁打、12打点、5盗塁を記録した[2]

2014年3月9日にロッキーズと1年契約に合意[11]。自身初めて開幕ロースター入りした[12]が、4月13日にAAA級コロラドスプリングスへ降格[13]。21日に再昇格した[14]。前年からの約倍増となる95試合に出場して3本塁打、24打点という成績で自己ベストを叩き出したが、打率は.195に留まり[2]、前年から1割近く下げて不振だった。

2015年は開幕から故障者リストで過ごし、6月6日に40人枠を外れる形でAAA級アルバカーキ・アイソトープス[15]へ配属された。オフの11月11日フリーエージェント(FA)となった[6]

ドジャース時代編集

2015年11月22日にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだ[6]

2016年4月2日にメジャー契約を結んで開幕25人枠入りした[16]。その後はAAA級オクラホマシティ・ドジャースを行き来しながらも、34試合に出場して打率.297、1本塁打、7打点、1盗塁を記録した。この年唯一の本塁打は、球団専属アナウンサーであるビン・スカリーの本拠地ドジャー・スタジアムでの最後の実況となった9月25日のロッキーズ戦の延長10回裏に放ったもので、4年連続ナショナルリーグ西部地区優勝を決めるサヨナラの一打だった[17]。オフの12月9日に40人枠を外れる形でAAA級オクラホマシティへ配属された[18]

2017年は開幕からAAA級オクラホマシティでプレー。ロースター拡大後の9月4日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[6]

ブレーブス時代編集

2017年12月16日にマット・ケンプとのトレードで、ブランドン・マッカーシースコット・カズミアーエイドリアン・ゴンザレス及び金銭と共にアトランタ・ブレーブスへ移籍した[19]

2018年は113試合に出場して打率.270、12本塁打、45打点、4盗塁を記録した。

2019年オフの12月2日にノンテンダーFAとなった[20]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2012 SF 6 23 22 0 3 0 0 0 3 1 0 0 1 0 0 0 0 7 0 .136 .136 .136 .273
2013 COL 47 104 99 12 29 5 0 2 40 12 5 1 0 1 4 1 0 23 5 .293 .317 .404 .721
2014 95 233 210 17 41 7 2 3 61 24 2 2 4 2 12 2 5 62 6 .195 .253 .290 .544
2016 LAD 34 68 67 6 20 3 0 1 26 7 1 0 0 0 1 0 0 13 2 .299 .309 .388 .697
2017 15 15 13 0 2 1 0 0 3 1 0 0 0 0 2 0 0 4 2 .154 .267 .231 .497
2018 ATL 113 322 296 47 80 18 2 12 138 45 4 2 0 1 21 5 4 85 5 .270 .326 .466 .792
2019 108 144 135 14 35 5 2 5 59 20 0 1 1 1 6 0 1 44 5 .259 .294 .437 .731
MLB:7年 418 909 842 96 210 39 6 23 330 110 12 6 6 5 46 8 10 238 25 .249 .295 .392 .686
  • 2019年度シーズン終了時

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2018 ATL 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 5 1.0 2 0 0 0 0 0 0 0 1 1 9.00 2.00
2019 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 10 2.0 2 0 2 0 0 1 1 0 0 0 0.00 2.00
MLB:2年 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 15 3.0 4 0 2 0 0 1 1 0 1 1 3.00 2.00
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績編集

投手守備


投手(P)












2018 ATL 1 0 1 0 0 1.000
2019 2 0 0 0 0 ----
MLB 3 0 1 0 0 1.000
内野守備


一塁(1B) 二塁(2B) 三塁(3B) 遊撃(SS)
















































2012 SF - 6 9 11 0 1 1.000 - -
2013 COL - 4 3 3 1 1 .857 - -
2014 4 31 3 0 0 1.000 20 35 44 1 13 .988 32 11 56 2 5 .971 23 28 47 1 14 .987
2016 LAD - 10 10 15 1 2 .962 4 2 3 1 0 .833 11 8 16 0 3 1.000
2017 - 2 2 3 0 0 1.000 1 0 0 0 0 ---- 11 6 16 1 5 .957
2018 ATL 2 4 1 0 1 1.000 9 9 19 2 5 .933 20 9 20 1 2 .967 20 21 26 2 4 .959
2019 10 28 3 1 7 .969 - 1 0 0 0 0 ---- 7 8 22 1 2 .968
MLB 16 63 7 1 8 .986 51 68 95 5 22 .970 58 22 79 4 7 .962 72 71 127 5 28 .975
外野守備


左翼(LF) 右翼(RF)
























2013 COL 27 39 2 1 1 .976 -
2016 LAD 2 2 0 0 0 1.000 -
2018 ATL 29 34 2 0 0 1.000 2 2 0 0 0 1.000
2019 35 15 1 0 1 1.000 11 12 1 0 0 1.000
MLB 93 90 5 1 2 .990 13 14 1 0 0 1.000
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号編集

  • 33(2012年)
  • 23(2013年 - 2014年)
  • 6(2016年)
  • 37(2017年)
  • 16(2018年)
  • 8(2019年)

脚注編集

  1. ^ “Giants sign 31 players from 2007 First-Year Player Draft” (プレスリリース), MLB.com (San Francisco Giants), (2007年6月21日), http://sanfrancisco.giants.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20070621&content_id=2041504&vkey=pr_sf&fext=.jsp&c_id=sf 2014年5月1日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g Baseball-Reference参照。2017年12月18日閲覧。
  3. ^ “Giants announce 22 non-roster invitees to 2011 Spring Training” (プレスリリース), MLB.com (San Francisco Giants), (2011年1月14日), http://sanfrancisco.giants.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20110114&content_id=16441840&vkey=pr_sf&fext=.jsp&c_id=sf 2014年5月1日閲覧。 
  4. ^ Chris Haft (2011年11月19日). “Villalona among Giants' 40-man roster additions”. MLB.com. 2014年5月1日閲覧。
  5. ^ “Giants Make 4 Roster Moves Prior to Today’s Game” (プレスリリース), MLB.com (San Francisco Giants), (2012年5月13日), http://sanfrancisco.giants.mlb.com/news/print.jsp?ymd=20120513&content_id=31147738&vkey=pr_sf&c_id=sf 2014年5月1日閲覧。 
  6. ^ a b c d MLB公式プロフィール参照。2017年12月18日閲覧。
  7. ^ “Rockies acquire INF Charlie Culberson from San Francisco” (プレスリリース), MLB.com (Colorado Rockies), (2013年7月27日), http://colorado.rockies.mlb.com/news/print.jsp?ymd=20120727&content_id=35692382&vkey=pr_col&c_id=col 2014年5月1日閲覧。 
  8. ^ “Rockies transactions for March 5, 2013” (プレスリリース), MLB.com (Colorado Rockies), (2013年3月5日), http://colorado.rockies.mlb.com/news/print.jsp?ymd=20130305&content_id=42301580&vkey=pr_col&c_id=col 2014年5月1日閲覧。 
  9. ^ “Rockies transactions for March 24” (プレスリリース), MLB.com (Colorado Rockies), (2013年3月24日), http://colorado.rockies.mlb.com/news/print.jsp?ymd=20130324&content_id=43230496&vkey=pr_col&c_id=col 2014年5月1日閲覧。 
  10. ^ “Rockies recall INF Charlie Culberson from Colorado Springs” (プレスリリース), MLB.com (Colorado Rockies), (2013年7月29日), http://colorado.rockies.mlb.com/news/print.jsp?ymd=20130729&content_id=55161056&vkey=pr_col&c_id=col 2014年5月1日閲覧。 
  11. ^ “Rockies transactions for March 9” (プレスリリース), MLB.com (Colorado Rockies), (2014年3月9日), http://colorado.rockies.mlb.com/news/print.jsp?ymd=20140309&content_id=68993600&vkey=pr_col&c_id=col 2014年5月1日閲覧。 
  12. ^ “Rockies announce active roster for Opening Day” (プレスリリース), MLB.com (Colorado Rockies), (2014年3月29日), http://colorado.rockies.mlb.com/news/print.jsp?ymd=20140329&content_id=70426282&vkey=pr_col&c_id=col 2014年5月1日閲覧。 
  13. ^ “Rockies activate RHP Tyler Chatwood from 15-day DL” (プレスリリース), MLB.com (Colorado Rockies), (2014年4月13日), http://colorado.rockies.mlb.com/news/print.jsp?ymd=20140413&content_id=71927204&vkey=pr_col&c_id=col 2014年5月1日閲覧。 
  14. ^ “Rockies place OF Michael Cuddyer on 15-day DL” (プレスリリース), MLB.com (Colorado Rockies), (2014年4月21日), http://colorado.rockies.mlb.com/news/print.jsp?ymd=20140421&content_id=72880058&vkey=pr_col&c_id=col 2014年5月1日閲覧。 
  15. ^ 2015年よりロッキーズ傘下
  16. ^ Andy McCullough (2016年4月2日). “Dodgers' Yasmani Grandal, Howie Kendrick to start season on disabled list”. The Los Angeles Times. 2016年5月29日閲覧。
  17. ^ Bill Plunkett (2016年9月25日). “In Vin Scully's final home game, Dodgers clinch NL West on Charlie Culberson walkoff HR in 10th” (英語). Orange County Register. http://www.ocregister.com/articles/dodgers-730149-final-rockieslos.html 2017年2月2日閲覧。 
  18. ^ Eric Stephen (2016年12月9日). “Dodgers send Charlie Culberson outright to minors”. SB Nation. Febrary 2, 2017閲覧。
  19. ^ Braves & Dodgers complete 5-player trade” (英語). MLB.com (2017年12月16日). 2017年12月17日閲覧。
  20. ^ Mark Feinsand (2019年12月3日). “These players just joined the free-agent pool” (English). MLB.com. 2019年12月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集