チャールズ・アースキン (第22代マー伯爵)

第22代マー伯爵[注釈 1]チャールズ・アースキン英語: Charles Erskine, 22nd Earl of Mar PC1650年10月19日1689年4月23日)は、スコットランド貴族。1654年から1668年までアースキン卿儀礼称号を使用した[3]

生涯編集

第21代マー伯爵ジョン・アースキンと2人目の妻メアリー・マッケンジー/ジーン・マッケンジー(Mary Mackenzie[3]/Jean Mackenzie[2]、1668年5月没[3]/1674年9月15日以降没[2]第2代シーフォース伯爵ジョージ・マッケンジー英語版の娘)の息子として、1650年10月19日に生まれた[3]

1668年9月に父が死去すると、マー伯爵の爵位を継承したが、祖父と父の代に課された罰金と2人が残した借金により本領であるアースキンのバロン領など多くの領地を売却せざるを得なかった[3]

1679年にロイヤル・スコッツ・フュジリアーズ英語版を編成して、1686年までその隊長を務めた[3]。また、1682年にスコットランド枢密院英語版の枢密顧問官に任命された[3]

ジェームズ2世に味方したため、1689年3月に逮捕された[3]。同年4月23日に死去、アロア英語版で埋葬された[3]。息子ジョンが爵位を継承した[3]

家族編集

1674年4月2日頃にメアリー・モール(Mary Maule第2代パンミュア伯爵ジョージ・モールの娘)と結婚、3男1女をもうけた[2]

注釈編集

  1. ^ 1572年没のジョン・アースキンは1565年にマー伯爵の爵位を回復したが、1875年の貴族院裁決と1885年の議会立法の結果、爵位復活と爵位創設の両方が行われたものとみなされ[1]、本記事の人物は中世創設の爵位では「第22代マー伯爵」、1565年創設の爵位では「第5代マー伯爵」となる。また、『クラクロフト貴族名鑑』など1435年没の第12代マー伯爵アレクサンダー・ステュアート英語版を正式な伯爵として数えない文献もあり[2]、その場合は本記事の人物が中世創設の爵位における「第21代マー伯爵」となる。

出典編集

  1. ^ Round, John Horace (1911). "Mar, Earldom of" . In Chisholm, Hugh (ed.). Encyclopædia Britannica (英語). 17 (11th ed.). Cambridge University Press. pp. 665–666.
  2. ^ a b c d "Mar, Earl of (S, 1114)". Cracroft's Peerage (英語). 18 March 2013. 2019年11月10日閲覧
  3. ^ a b c d e f g h i j Cokayne, George Edward, ed. (1893). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (L to M) (英語). 5 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 236.
  4. ^ Hayton, D. W. (2002). "PATERSON, Sir Hugh, 3rd Bt. (c.1685-1777), of Bannockburn House, St. Ninians, Stirling.". In Hayton, David; Cruickshanks, Eveline; Handley, Stuart (eds.). The House of Commons 1690-1715 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年11月10日閲覧
スコットランドの爵位
先代
ジョン・アースキン
マー伯爵
1668年 – 1689年
次代
ジョン・アースキン