チャールズ・エドウイン・ベッシー

チャールズ・エドウイン・ベッシー(Charles Edwin Bessey、 1845年5月21日 - 1915年2月25日)はアメリカ合衆国の植物学者である。植物分類に進化の考え方を導入することを主張し、系統分類学のさきがけとなった。

チャールズ・エドウイン・ベッシー

略歴編集

オハイオ州ウェイン郡のミルトン・タウンシップで生まれた。1869年にミシガン農業大学を卒業した後、ハーバード大学エイサ・グレイのもとでも学んだ。1870年からアイオワ農業大学の助手、研究員を務め、1884年から、ネブラスカ大学で植物学教授を務め、1909年に学部長を務めた。

植物分類に進化の考え方を導入することを主張し、1915年に顕花植物の分類に、進化論に基づく分類体系(ベッシー分類体系:Bessey system)を発表したことで知られる。系統分類学の基礎となったと評価される。また大規模な人工林の植林実験を行い、ネブラスカ国有林の基礎を作った。

1911年にアメリカ科学振興協会の会長に選ばれた。2009年にネブラスカ名誉殿堂(Nebraska Hall of Fame)に選ばれた。

息子のアーネスト・ベッシー(Ernst Athearn Bessey:1877-1957)はミシガン州立大学の植物学の教授となった。

著作編集

  • The Geography of Iowa, Cincinnati, 1878
  • Botany for High Schools and Colleges, New York, 1880
  • The Essentials of Botany, 1884
  • Evolution and Classification, 1893
  • Phylogeny and Taxonomy of the Angiosperms, Botanical Gazette, Band 34, 1897, S. 145–178.
  • Elementary Botany, 1904
  • Plant Migration Studies, 1905
  • Synopsis of Plant Phyla, 1907
  • Outlines of Plant Phyla, 1909
  • 共著: New Elementary Agriculture, 9. Auflage 1911
  • The phylogenetic taxonomy of flowering plants, Annals of the Missouri Botanical Garden, Band 2, 1915, S. 109–164.

参考文献編集

  • Richard A. Overfield: Science With Practice: Charles E. Bessey and the Maturing of American Botany, Iowa State University Press 1993
  • Thomas R. Walsh: Charles E. Bessey: Land-Grant Professor, Dissertation, University of Nebraska 1972
  • Ronald C. Tobey: Saving the Prairies: The Life Cycle of the Founding School of American Plant Ecology 1895–1955, University of California Press 1981
  • Joseph Ewan, Artikel Bessey in Dictionary of Scientific Biography
  • Raymond J. Pool: A brief sketch of the life of Charles Edwin Bessey, Botanical Society of America 1915, PDF (441 kB; englisch)