チャールズ・コンヴァース

チャールズ・クローザット・コンヴァースCharles Crozat Converse 1832年10月7日 - 1918年 10月18日アメリカ合衆国弁護士だが、ドイツ留学時代(1855-1859)に音楽理論作曲を修めたアマチュアの作曲家である。

生涯編集

1855年から1859年まで、ドイツライプツィヒ音楽学校で作曲法を専攻する。米国に帰国後アルバニ大学法学部を卒業した。ペンシルベニアのエリーで弁護士をしながら作曲をした。1895年にラザフォード大学が法学博士号を贈った。作曲家としては、二つの交響曲、二つのオラトリオ、管弦楽曲、室内楽曲、合唱曲等を書いた。

いつくしみ深き編集

現在は、ホワイト・スピリチュアル様式の賛美歌慈しみ深き友なるイエスは What a Friend We Have in Jesus ≫のみによって、世界的に有名である。この旋律は日本では、賛美歌から文部省唱歌の旋律に転用され、≪星の界(よ)≫≪星の世界≫などの名で親しまれている。

この曲は、ジョセフ・スクライヴィンの"What A Friend We Have in Jesus"のために作曲され、 1870年にSilver Wings,1870に初めて発表された。アイラ・サンキーらの編集のGospel Hymns and Sacred Songs,1875に掲載されて、全米に広がった。

参考文献編集

  • 『讃美歌略解(歌詞の部)』

外部リンク編集