チャールズ・コーンウォリス (初代コーンウォリス伯爵)

初代コーンウォリス伯爵チャールズ・コーンウォリス英語: Charles Cornwallis, 1st Earl Cornwallis PC1700年3月29日1762年6月23日)は、イギリスの貴族。1722年までチャールズ・コーンウォリス閣下儀礼称号を、1722年から1753年までコーンウォリス男爵の称号を使用した。

生涯編集

第4代コーンウォリス男爵チャールズ・コーンウォリスとシャーロット・バトラー(初代アラン伯爵リチャード・バトラー英語版の娘)の息子として生まれた[1]。1717年11月9日、ケンブリッジ大学クレア・カレッジ英語版に入学した[2]

1722年1月、父の死に伴いコーンウォリス男爵の爵位を継承した[1]。1740年に枢密顧問官タワー・ハムレッツ統監英語版およびロンドン塔管理長官英語版に任命され[3]、1753年にコーンウォリス伯爵およびブローム子爵に叙されたほか[4]、南トレント巡回裁判官英語版を務めた[2]

1762年6月23日に死去、長男チャールズが爵位を継承した[1]

家族編集

第2代タウンゼンド子爵チャールズ・タウンゼンドの娘エリザベスと結婚した。

脚注編集

  1. ^ a b c Burke, John; Burke, John Bernard (1848). A Genealogical and Heraldic Dictionary of the Peerage and Baronetage of the British Empire (英語) (10th ed.). London: Henry Colburn. p. 244.
  2. ^ a b "Cornwallis, Charles (CNWS717C)". A Cambridge Alumni Database (英語). University of Cambridge.
  3. ^ "No. 7909". The London Gazette (英語). 10 May 1740. p. 2.
  4. ^ "No. 9279". The London Gazette (英語). 23 June 1753. p. 2.
司法職
先代:
タンカーヴィル伯爵
巡回裁判官英語版
南トレント

1722年 – 1740年
次代:
ジャージー伯爵
名誉職
空位
最後の在位者
レスター伯爵
タワー・ハムレッツ統監英語版
1740年 – 1762年
次代:
ストラットンのバークリー男爵
ロンドン塔管理長官英語版
1740年 – 1762年
グレートブリテンの爵位
爵位創設 コーンウォリス伯爵
1753年 – 1762年
次代:
チャールズ・コーンウォリス
イングランドの爵位
先代:
チャールズ・コーンウォリス
コーンウォリス男爵
1722年 – 1762年
次代:
チャールズ・コーンウォリス