チャールズ・ゴードン (第4代アボイン伯爵)

第4代アボイン伯爵チャールズ・ゴードン英語: Charles Gordon, 4th Earl of Aboyne1726年頃 – 1794年12月28日)は、スコットランド貴族

生涯編集

 
居城のアボイン城英語版

第3代アボイン伯爵ジョン・ゴードンとグレース・ロックハート(Grace Lockhart、1738年11月17日没、ジョージ・ロックハート英語版の娘)の長男として、1726年頃に生まれた[1]

1732年4月7日に父が死去すると、アボイン伯爵の爵位を継承した[1]。成人した後、自身の領地にかかっていたすべての負債を償還し、さらに補修を施したという[1]

1759年4月22日、エディンバラでマーガレット・ステュアート(Margaret Stewart、1762年8月12日没、第6代ギャロウェイ伯爵アレクサンダー・ステュアートの娘)と結婚[1]、1男2女を儲けた[2]

  • キャサリン(1760年3月31日 – 1764年6月5日) - 1764年6月8日に埋葬[3]
  • ジョージ(1761年 – 1853年) - 第5代アボイン伯爵、後にハントリー侯爵を継承
  • マーガレット(1763年頃 – 1816年5月23日) - 1783年5月5日、ウィリアム・トマス・ベックフォードと結婚、子供あり

1774年5月14日、ハノーヴァー・スクエア英語版聖ジョージ教会英語版でメアリー・ダグラス(Mary Douglas、1816年12月25日没、第14代モートン伯爵ジェイムズ・ダグラスの娘)と再婚[1]、1男を儲けた[2]

1794年12月28日にエディンバラで死去、1人目の妻との間の息子ジョージが爵位を継承した[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary, eds. (1910). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Ab-Adam to Basing) (英語). 1 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. p. 54.
  2. ^ a b "Aboyne, Earl of (S, 1660)". Cracroft's Peerage (英語). 9 May 2003. 2019年7月29日閲覧
  3. ^ Grant, Francis James, ed. (1908). Index to the Register of Burials in the Churchyard of Restalrig 1728-1854 (英語). Edinburgh: James Skinner & Company. p. 26.
  4. ^ Escott, Margaret (2009). "HALLYBURTON, Hon. Douglas (1777-1841), of Hallyburton House, Forfar". In Fisher, David (ed.). The House of Commons 1820-1832 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年7月29日閲覧
スコットランドの爵位
先代:
ジョン・ゴードン
アボイン伯爵
1732年 – 1794年
次代:
ジョージ・ゴードン