チャールズ・ジェラード (第2代マクルズフィールド伯爵)

第2代マクルズフィールド伯爵チャールズ・ジェラード英語: Charles Gerard, 2nd Earl of Macclesfield1659年頃 – 1701年11月5日)は、イングランド王国の政治家、軍人、貴族。1679年から1694年までブランドン子爵儀礼称号を使用した。

生涯編集

初代マクルズフィールド伯爵チャールズ・ジェラード英語版とジェーン・ド・シヴェル(Jane de Civelle、ピエール・ド・シヴェルの娘)の息子として、1659年頃にパリで生まれ、1677年に議会の議決によりイングランドに帰化した[1]

最初は大コンデの下でフランス軍に従軍したが、1678年に中佐として父の乗馬連隊に入隊、1679年6月に大佐に昇進した[2]1679年3月1679年10月1681年の総選挙でランカシャー選挙区英語版での連続当選を果たし、また宮廷からの厚遇にもかかわらずホイッグ党員になり、さらに初代モンマス公爵ジェイムズ・スコットとも親しい間柄になった[2]チャールズ2世は1679年にジェラードの父をマクルズフィールド伯爵に叙したが、父子2人の支持を得るには至らなかった[2]

1683年のライハウス陰謀事件では一時ロンドン塔に投獄されたが、結局証拠が見つからなかったため釈放された[2]。1685年3月に妻と別れ、その事情が明るみに出てジェラードが評判を落とした上、同月の総選挙で敗北、さらにモンマス公爵の反乱に加担した疑いで11月に再び投獄された(ジェラードの父は海外逃亡した)[2]。ジェラードは最初は死刑判決を受けたが、後に執行が猶予され、1687年8月には恩赦された[2]。これによりジェラードはジェームズ2世を支持したが、父はウィリアム3世を支持して1688年11月にウィリアム3世とともにイングランドに上陸、ジェラードは情勢判断を誤ってジェームズ2世への支持を表明した[2]。ジェラードは後にウィリアム3世に手紙を書いて理由を説明、1689年イングランド総選挙で再びランカシャー選挙区英語版から出馬して当選した(ただし、ジェラードがランカスター選挙区英語版で推薦した候補は落選した)[2]。同年6月に第9代ダービー伯爵ウィリアム・スタンリーが引退すると、その後任としてランカシャー統監英語版を務め[2]、1691年3月9日にはチェシャー副提督英語版およびランカシャー副提督英語版に任命された[3]。以降は1690年末から1691年初にかけて一時的に野党に回ったほかは宮廷を支持し続け[4]、1694年1月7日に父が死去するとマクルズフィールド伯爵の爵位を継承、24日に貴族院議員に就任した[1]。1694年に少将に昇進[4]、6月のブレスト遠征英語版にも参加した[1]

1696年に北ウェールズ統監に任命され[1]、1700年6月20日にモンゴメリーシャー首席治安判事英語版に任命された[5]

1701年夏、ハノーファー選帝侯領への使節に任命され、ハノーファー選帝侯ゲオルク・ルートヴィヒ(後のグレートブリテン国王ジョージ1世)にガーター勲章を授与(8月4日)、1701年王位継承法で定められた王位継承者ゾフィー・フォン・デア・プファルツに王位継承法の写しを提出した[1]。秋には帰国していたが[4]、同年11月5日に死去、14日にウェストミンスター寺院に埋葬された[1]。嫡子がいなかったため弟フィットンが爵位を継承した[1]。遺言状で遺産を第4代モフン男爵チャールズ・モフン英語版に譲ったが、第4代ハミルトン公爵ジェイムズ・ハミルトンと弟フィットンがそれぞれ裁判を起こして争い、1712年11月にハミルトン公爵とモフン男爵の決闘英語版が起こって両者ともに死亡することとなった[4]

家族編集

1683年6月18日、アン・メイソン(Anne Mason、1673年頃 – 1753年10月11日、サー・リチャード・メイソン英語版の娘)と結婚した[1]。アンは1男1女を出産したが、2人の子供の本当の父は第4代リヴァーズ伯爵リチャード・サヴェージ英語版(1712年没)とされ[1]、2人は1695年に別居した後[4]、議会の議決を得て1698年4月2日に離婚、アンの子女2人は非嫡出子とされた[1]

  • アン(1695年 – ?) - 夭折
  • リチャード(1667年1月16日 – 1698年以降) - 1698年以降の経歴は不明であるが、詩人のリチャード・サヴェージ英語版(1743年没)は自身がこのリチャードと同一人物であると主張した

2人が離婚した後、アンは1700年頃にヘンリー・ブレット英語版(1724年没)と再婚、娘マーガレッタ(Margarettaジョージ1世の愛人)をもうけた[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k Cokayne, George Edward, ed. (1893). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (L to M) (英語). 5 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 172.
  2. ^ a b c d e f g h i Cassidy, Irene (1983). "GERARD, Hon. Charles (c.1659-1701), of Halsall, Lancs.". In Henning, B. D. (ed.). The House of Commons 1660-1690 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年10月12日閲覧
  3. ^ "Vice Admirals of the Coasts from 1660". Institute of Historical Research (英語). 2006年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月12日閲覧
  4. ^ a b c d e Cruickshanks, Eveline; Harrison, Richard (2002). "GERARD, Charles, Visct. Brandon (c.1659-1701).". In Hayton, David; Cruickshanks, Eveline; Handley, Stuart (eds.). The House of Commons 1690-1715 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年10月12日閲覧
  5. ^ Sainty, John Christopher (November 2002). "Custodes Rotulorum 1660-1828". Institute of Historical Research (英語). 2019年10月12日閲覧
イングランド議会 (en
先代
サー・ロジャー・ブラッドシェイグ準男爵英語版
トマス・プレストン
庶民院議員(ランカシャー選挙区英語版選出)
1679年 – 1681年
同職:ピーター・ボールド
次代
ピーター・ボールド
チャールズ・フートン
先代
ジェームズ・ホルト
サー・ロジャー・ブラッドシェイグ準男爵英語版
庶民院議員(ランカシャー選挙区英語版選出)
1689年 – 1694年
同職:チャールズ・フートン 1689年 – 1690年
ジェームズ・スタンリー 1690年 – 1694年
次代
ジェームズ・スタンリー
サー・ラルフ・アッシュトン準男爵英語版
名誉職
先代
ダービー伯爵
ランカシャー統監英語版
1689年 – 1701年
次代
リヴァーズ伯爵英語版
チェシャー副提督英語版
1691年 – 1701年
ランカシャー副提督英語版
1691年 – 1701年
先代
シュルーズベリー公爵
北ウェールズ統監
アングルシー英語版カーナーヴォンシャー英語版
デンビーシャー英語版フリントシャー英語版
メリオネスシャー英語版モンゴメリーシャー英語版統監)

1696年 – 1701年
次代
ダービー伯爵
先代
アンドリュー・ニューポート英語版
モンゴメリーシャー首席治安判事英語版
1700年 – 1701年
次代
ブラッドフォード伯爵英語版
イングランドの爵位
先代
チャールズ・ジェラード英語版
マクルズフィールド伯爵
1694年 – 1701年
次代
フィットン・ジェラード