チャールズ・タウンゼンド (第3代タウンゼンド子爵)

第3代タウンゼンド子爵チャールズ・タウンゼンド英語: Charles Townshend, 3rd Viscount Townshend1700年7月11日1764年3月12日)は、イギリスの貴族、政治家。1722年から1723年まで庶民院議員を務めた後、繰上勅書によりタウンゼンド男爵の爵位を継承、貴族院に移籍した。

生涯編集

第2代タウンゼンド子爵チャールズ・タウンゼンドとエリザベス・ペラム(初代ペラム男爵トマス・ペラムの娘)の長男として、1700年7月11日に生まれた[1]イートン・カレッジで教育を受けた後[2]、1718年にケンブリッジ大学キングス・カレッジに入学した[3]。その後、グランドツアーをした[2]

1722年イギリス総選挙グレート・ヤーマス選挙区英語版から出馬して当選したが、1723年5月22日には繰上勅書により(父の存命中にもかかわらず)父からタウンゼンド男爵を継承した[2]。爵位名が父と同じ「タウンゼンド」だったため、代わりにリン卿Lord Lynn)の儀礼称号を使用した[2]。その後、1723年から1727年まで寝室侍従英語版を、1730年から1738年までノーフォーク知事英語版およびノーフォーク首席治安判事英語版を、1730年から1739年まで王室宝石管理長官英語版を務めた[2][3]。1738年6月21日に父が死去すると、タウンゼンド子爵の爵位を継承した[1]

1747年に初代レスター伯爵トマス・コークから初代ハードウィック伯爵フィリップ・ヨークに宛てた手紙によると、レスター伯爵は息子エドワード英語版を差し置いてタウンゼンド子爵の長男ジョージを推し、1747年イギリス総選挙ノーフォーク選挙区英語版庶民院議員に当選させたが、タウンゼンド子爵が(父の第2代タウンゼンド子爵と違い)トーリー党寄りだったため、ノーフォークにおけるホイッグ党の党勢が悪化したという[2](レスター伯爵とハードウィック伯爵はホイッグ党所属)。一方で国政にはほとんど関わらなかった[2]

1764年3月12日に死去、長男ジョージが爵位を継承した[1]

家族編集

 
ジャン=バティスト・ヴァン・ローによる、タウンゼンド子爵夫人の肖像画。1742年から1745年までの作品。

1723年5月29日、オードリー・ハリソン(Audrey Harrisonエドワード・ハリソン英語版の娘)と結婚[1]、4男1女をもうけた[2]。2人は1740年頃に正式に別居した[4]

脚注編集

  1. ^ a b c d Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (英語) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 2000.
  2. ^ a b c d e f g h Sedgwick, Romney R (1970). "TOWNSHEND, Hon. Charles (1700-64)". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年5月24日閲覧
  3. ^ a b "Townshend, Charles (TWNT718C)". A Cambridge Alumni Database (英語). University of Cambridge.
  4. ^ Martin, John. "Townshend, Etheldreda". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/68358 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
公職
先代:
トマス・ローリー
王室宝石管理長官英語版
1730年 – 1739年
次代:
ヘンリー・ヘニー
グレートブリテン議会英語版
先代:
ジョージ・イングランド
ホレーショ・タウンゼンド英語版
庶民院議員(グレート・ヤーマス選挙区英語版選出)
1722年 – 1723年
同職:ホレーショ・ウォルポール
次代:
ホレーショ・ウォルポール
ウィリアム・タウンゼンド
名誉職
先代:
タウンゼンド子爵
ノーフォーク知事英語版
1730年 – 1738年
次代:
バッキンガムシャー伯爵
イングランドの爵位
先代:
チャールズ・タウンゼンド
タウンゼンド子爵
1738年 – 1764年
次代:
ジョージ・タウンゼンド
タウンゼンド男爵
繰上勅書により)

1723年 – 1764年