チャールズ・チャップリンの映画作品一覧

ウィキメディアの一覧記事

チャールズ・チャップリンの映画作品一覧(チャールズ・チャップリンのえいがさくひんいちらん)では、イギリス出身の俳優映画監督チャールズ・チャップリンの映画作品を一覧としてまとめる。チャップリンはサイレント映画の時代に国際的人気を博したコメディアンで、小さな放浪者英語版のキャラクターを演じたことで知られている。チャップリンは1914年から1967年までに82本の公式映画に出演・監督したが、それ以外にも未完成及び未公開の作品、再編集された作品、カメオ出演した他監督の作品が存在する。

チャップリンの失恋』(1915年)で小さな放浪者英語版を演じたチャップリン。

公式映画編集

1964年、チャップリンは著書『チャップリン自伝』を出版した際に、80本の映画からなる公式のフィルモグラフィーを確立した。その3年後にはチャップリンの最後の映画となる『伯爵夫人』(1967年)を発表し、1971年に映画史家のウノ・アスプランドが同作を含めた81本のフィルモグラフィーを作成した[1]2010年には失われた映画と考えられていた初期の出演作品『泥棒を捕まえる人』(1914年)のフィルムが発見され、それによりチャップリンの公式映画は合わせて82本となった[2]

特記がない限り、以下の表に示すタイトルや公開年月日、クレジット、備考欄の内容などは、『チャップリン自伝』の「作品リスト」[3]、映画史家デイヴィッド・ロビンソン英語版による伝記『チャップリン』下巻の「フィルモグラフィー」[4]を出典とする。

キーストン社作品(1914年)編集

1913年、舞台芸人をしていたチャップリンはマック・セネットキーストン社と契約して映画界入りした[5]。チャップリンは同社で36本の映画に出演し、『恋の二十分』からは監督や脚本も担当し始めた。特に記載がない限り、すべての作品はフィルムの長さが1リールである。

公開年月日
  • 邦題
  • 原題
クレジット 備考
監督 脚本 製作 作曲 役名
1914年2月2日
No No No No ペテン師
1914年2月7日
No No No No 小さな放浪者 最初に観客の前で小さな放浪者の扮装を披露した作品。教育映画と合わせて1リールを成すスプリット・リールとして公開。
1914年2月9日
No No No No 小さな放浪者 別邦題は『犬の為め』『メーブルの困難』。
1914年2月19日 No No No No 警官 2010年にフィルムが発見された[2]
1914年2月28日
No No No No 女たらし(小さな放浪者)
1914年3月2日 No No No No 新参者(小さな放浪者)
1914年3月9日 No No No No ほろ酔いの踊り手(小さな放浪者)
1914年3月16日
No No No No 酒飲み(小さな放浪者) 別邦題は『彼の好みの気晴らし』。
1914年3月26日
No No No No ヘルパス卿
1914年4月4日
No No No No 下宿人(小さな放浪者)
1914年4月18日 No No No No 悪漢 2リール。
1914年4月20日
Yes Yes No No スリ(小さな放浪者)
1914年4月27日 No No No No ウェイター(小さな放浪者) 2リール。
1914年5月4日
Yes Yes No No ほろ酔いのホテル客(小さな放浪者) 別邦題は『つらあて』[6]
1914年5月7日
Yes Yes No No
1914年6月1日 No No No No 求婚者(小さな放浪者)
1914年6月4日 Yes Yes No No 追剥ぎ メーベル・ノーマンドと共同監督。公式映画で唯一の失われた映画
1914年6月11日
No No No No レフェリー 2リール。別邦題は『デブの選手』。
1914年6月13日 No No No No ほろ酔いの厄介者
1914年6月20日
Yes Yes No No メーベルの夫(小さな放浪者)
1914年7月9日
Yes Yes No No 歯科医の助手(小さな放浪者)
1914年8月1日 Yes Yes No No 道具方(小さな放浪者)
1914年8月10日
Yes Yes No No 画家(小さな放浪者)
1914年8月13日 Yes Yes No No 小さな放浪者 観光映画と合わせて1リールを成すスプリット・リールとして公開。
1914年8月27日
Yes Yes No No 映画俳優(小さな放浪者) 別邦題は『男?女?』。
1914年8月31日
Yes Yes No No チャーリー(小さな放浪者)
1914年9月7日
Yes Yes No No 陽気に騒ぐ男
1914年9月24日
Yes Yes No No 雑役夫(小さな放浪者)
1914年10月10日
Yes Yes No No 女たらし(小さな放浪者)
1914年10月26日 Yes Yes No No ウェイター(小さな放浪者) 2リール。別邦題は『チャップリンのパン屋』。
1914年10月29日 Yes Yes No No 貧乏な自動車レース好きの男(小さな放浪者)
1914年11月7日 Yes Yes No No ピアノ運搬人(小さな放浪者)
1914年11月9日
Yes Yes No No 夫(小さな放浪者) 2リール。
1914年11月14日
No No No No 都会のペテン師、チャーリー 6リール。監督はマック・セネット、主演はマリー・ドレスラー
1914年12月5日
Yes Yes No No 夫(小さな放浪者) 別邦題は『メーベルとチャップリン』。
1914年12月7日 Yes Yes No No 弱あご(小さな放浪者) 2リール。

エッサネイ社時代(1915年~1916年)編集

1915年、チャップリンはエッサネイ社に移籍し[7]、15本の映画に監督・主演した。特に記載のない限り、すべての作品はフィルムの長さが2リールである。

公開年月日
  • 邦題
  • 原題
クレジット 備考
監督 脚本 製作 作曲 役名
1915年2月1日 Yes Yes No No 映画のエキストラ(小さな放浪者)
1915年2月15日 Yes Yes No No 陽気に騒ぐ男(小さな放浪者)
1915年3月11日 Yes Yes No No 大望を抱いた拳闘家(小さな放浪者) 別邦題は『チャップリンの珍拳闘』『チャムピオン』。
1915年3月18日 Yes Yes No No チャーリー(小さな放浪者) 1リール。別邦題は『チャップリンのいたずら』。
1915年4月1日
Yes Yes No No 求婚者、偽伯爵(小さな放浪者) 別邦題は『チャップリンのローマンス』。
1915年4月11日 Yes Yes No No 小さな放浪者
1915年4月29日 Yes Yes No No 小さな放浪者 1リール。別邦題は『チャップリンの海水浴』。
1915年6月21日 Yes Yes No No 壁紙張の見習い職人(小さな放浪者)
1915年7月12日 Yes Yes No No チャーリー / 女性(小さな放浪者)
1915年8月9日 Yes Yes No No 掃除番(小さな放浪者)
1915年10月4日 Yes Yes No No チャーリー(小さな放浪者)
1915年11月20日 Yes Yes No No ペスト氏 / ラウディ氏 別邦題は『チャップリンの芝居見物』。
1915年12月18日 Yes Yes No No ダーン・ホウザリー 別邦題は『珍カルメン』。1916年4月22日、レオ・ホワイトが追加撮影したシーンを入れて4リールに拡大した再編集版が、チャップリンの承認なしに公開された[8]
1916年5月27日 Yes Yes No No 前科者(小さな放浪者) 別邦題は『チャップリンの改心』。
1918年8月11日
Yes Yes No No 雑役夫(小さな放浪者) 別邦題は『チャップリンの義侠』。チャップリンがエッサネイ社を退社したあと、同社が『チャップリンの悔悟』と未完成の『生活』の数シーンに、レオ・ホワイトが監督したシーンを加えて再編集した作品[9]。チャップリンは承諾していないが、自伝のフィルモグラフィーに含めている。

ミューチュアル社時代(1916年~1917年)編集

1916年、チャップリンはミューチュアル社英語版と契約を結び[10]、12本の映画に監督・主演した。すべての作品はフィルムの長さが2リールである。

公開年月日
  • 邦題
  • 原題
クレジット 備考
監督 脚本 製作 作曲 役名
1916年5月15日 Yes Yes Yes No 金のない客(小さな放浪者) 別邦題は『チャップリンのエスカレーター』。
1916年6月12日 Yes Yes Yes No 消防夫(小さな放浪者)
1916年7月10日 Yes Yes Yes No 流しの演奏家(小さな放浪者) 別邦題は『チャップリンとジプシー』。
1916年8月7日
Yes Yes Yes No 酔っ払い 別邦題は『チャップリンの大酔』。
1916年9月4日 Yes Yes Yes No 仕立て屋の見習い(小さな放浪者)
1916年10月2日 Yes Yes Yes No 質屋の店員(小さな放浪者)
1916年11月13日 Yes Yes Yes No 道具方の助手(小さな放浪者) 別邦題は『チャップリンの道具方』。
1916年12月4日 Yes Yes Yes No スケート好きなウェイター(小さな放浪者)
1917年1月22日 Yes Yes Yes No 警官になる放浪者(小さな放浪者)
1917年4月16日 Yes Yes Yes No 鉱泉に来たアル中の紳士(小さな放浪者)
1917年6月17日 Yes Yes Yes No 移民(小さな放浪者)
1917年10月22日 Yes Yes Yes No 脱獄囚(小さな放浪者)

ファースト・ナショナル社時代(1918年~1922年)編集

1918年から1922年にかけて、チャップリンは自前の映画スタジオのチャップリン・スタジオ英語版で9本の映画を作り、それらをファースト・ナショナル社英語版の配給で公開した。

公開年月日
  • 邦題
  • 原題
クレジット 備考
監督 脚本 製作 作曲 役名
1918年4月14日
Yes Yes Yes Yes 小さな放浪者 3リール。『チャップリン・レヴュー』での再編集のために音楽を作曲。
1918年9月29日
Yes Yes Yes No 小さな放浪者 ハーフリール。
1918年10月20日
Yes Yes Yes Yes 新兵(小さな放浪者) 3リール。『チャップリン・レヴュー』での再編集のために音楽を作曲。別邦題は『チャップリンの兵隊さん』。
1919年5月15日 Yes Yes Yes Yes 農場のよろず雑用係(小さな放浪者) 3リール。1974年の再公開のために音楽を作曲[11]
1919年12月15日
Yes Yes Yes Yes 父(小さな放浪者) 2リール。1973年の再公開のために音楽を作曲[11]
1921年2月6日
Yes Yes Yes Yes 小さな放浪者 6リール。1971年の再公開のために音楽を作曲[12]
1921年9月25日
Yes Yes Yes Yes 夫 / 小さな放浪者 2リール。1971年の再公開のために音楽を作曲[12]。別邦題は『ゴルフ狂時代』。
1922年4月2日
Yes Yes Yes Yes 労働者(小さな放浪者) 2リール。1972年の再公開のために音楽を作曲[11]
1922年2月26日
Yes Yes Yes Yes 脱獄囚(小さな放浪者) 4リール。『チャップリン・レヴュー』での再編集のために音楽を作曲。

ユナイテッド・アーティスツ時代(1923年~1952年)編集

1919年、チャップリンはユナイテッド・アーティスツの設立に参加し、1923年以降は同社を通じて8本の映画を公開した。この時点からすべての作品は長編映画である。

公開年月日
  • 邦題
  • 原題
クレジット 備考
監督 脚本 製作 作曲 役名
1923年9月26日
Yes Yes Yes Yes ポーター(カメオ出演) 1976年の再公開のために音楽を作曲[13]
1925年6月26日
Yes Yes Yes Yes 孤独な鉱山師(小さな放浪者) 1942年の再公開のために音楽を作曲[14]
1928年1月6日
Yes Yes Yes Yes 小さな放浪者 1970年の再公開のために音楽を作曲[12]第1回アカデミー賞名誉賞を受賞[15]
1931年1月30日
Yes Yes Yes Yes 小さな放浪者
1936年2月5日 Yes Yes Yes Yes 労働者(小さな放浪者)
1940年10月15日
Yes Yes Yes Yes アデノイド・ヒンケル / 床屋 第13回アカデミー賞作品賞主演男優賞脚本賞にノミネート[16]
1947年4月11日
Yes Yes Yes Yes アンリ・ヴェルドゥ 第20回アカデミー賞で脚本賞にノミネート[17]
1952年10月16日 Yes Yes Yes Yes カルヴェロ 第45回アカデミー賞作曲賞を受賞[18]

ヨーロッパ時代(1957年~1967年)編集

1940年代以降、チャップリンは共産主義者であると公に非難され、1952年に『ライムライト』のプレミアに出席するためにイギリスへ向かう途中で、アメリカへの再入国許可を取り消された[19]。それ以後は亡くなるまでスイスに居住し、イギリスで2本の映画を作った。

公開年月日
  • 邦題
  • 原題
クレジット 備考
監督 脚本 製作 作曲 役名
1957年9月12日
Yes Yes Yes Yes シャドフ王 製作会社はアッティカ・アーチウェイ。
1967年1月5日
Yes Yes No Yes 年老いた接客係(カメオ出演) 製作会社はユニバーサル・ピクチャーズ

その他の映画作品編集

未完成及び未公開の作品編集

  • 邦題
  • 原題
クレジット 備考
監督 脚本 製作 作曲 役名
1915年~1916年
  • 生活
  • Life
Yes Yes Yes No エッサネイ社時代の未完成の作品[20]
1918年
  • 映画の作り方
  • How to Make Movies
Yes Yes Yes No 本人 チャップリン・スタジオの様子を描いたコメディタッチのドキュメンタリーで、未完成の作品[4]。フィルムの一部は『チャップリン・レヴュー』で使用された[21]1982年に映画史家のケヴィン・ブラウンローとデイヴィッド・ギルが1本の映画にまとめ、ロンドン映画祭で上映された[21][22]
(無題の映画) Yes Yes Yes No 本人 ハリー・ローダー英語版とダブル主演の慈善映画として企画し、8分半の映像が撮影されたが、未完成のまま終わった[23]
1919年
Yes Yes Yes No ボスコ教授 2リールの作品を予定していたが、公開はされていない[4]
1922年
Yes Yes Yes No 小さな放浪者 新婚旅行のためカリフォルニアにいたルイス・マウントバッテン夫妻への贈り物として、即興で作られた短いスケッチで、公開はされていない[24]
1926年
No No Yes No 監督はジョゼフ・フォン・スタンバーグ、主演はエドナ・パーヴァイアンス。作品は完成したが公開されず、1933年6月にチャップリンはネガフィルムを焼却した[25]
1933年
  • All at Sea
No No No No 本人 1933年のヨットクルーズにおけるチャップリンとポーレット・ゴダードを、アリスター・クック英語版が撮影したホームムービー[26]
1966年
No Yes No No チャップリンの娘ヴィクトリアの主演で企画したが、製作には至っていない[27]

再編集された作品編集

エッサネイ社やミューチュアル社時代を中心とするチャップリン映画のいくつかは、後年にチャップリンに無許可で再編集されて1本の作品として公開された。1959年にはチャップリン自身も、数本の作品を再編集した『チャップリン・レヴュー』を発表している。

公開年
  • 邦題
  • 原題
内容
1915年
  • Introducing Charlie Chaplin
監督はウォレス・A・カールソン。エッサネイ社のチャップリン映画のプロモーション用映画[28]
1916年
  • エッサネイ-チャップリン・レヴュー
  • The Essanay-Chaplin Revue
エッサネイ社が『チャップリンの失恋』『チャップリンの役者』『アルコール夜通し転宅』をまとめて5リールに再編集した作品[9]
エッサネイ社が製作した第一次世界大戦プロパガンダ映画。『チャップリンの独身』『チャップリンの駈落』『チャップリンの失恋』『アルコール先生海水浴の巻』のシーンが使用されている。2009年に初めてフィルムが発見された[29]
1918年
  • チャップリンの出世一代記
  • Chase Me Charlie
ラングフォード・リードがエッサネイ社時代の作品を7リールにまとめて編集した作品[9]
1920年
  • Charlie Butts In
『アルコール夜通し転宅』を1リールに再編集した作品で、そのアウトテイクと楽団を指揮するチャップリンの映像が挿入されている[30]
1959年 チャップリンが『犬の生活』『担へ銃』『偽牧師』『映画の作り方』を使って再編集し、自ら作曲した背景音楽を付けて公開した作品[31]

カメオ出演編集

チャップリンは以下の他監督の作品で、本人役としてカメオ出演した。特記がない限りはロビンソンの『チャップリン』下巻を出典とする[9]

公開年
  • 邦題
  • 原題
備考
1915年 監督・主演はギルバート・M・アンダーソン英語版
1923年 監督はルパート・ヒューズ英語版
監督はジェームズ・クルーズ英語版。失われた映画[32]
1928年 監督はキング・ヴィダー、主演はマリオン・デイヴィス

脚注編集

  1. ^ 大野 2007, pp. 250-253.
  2. ^ a b Brunsting, Joshua (2010年6月8日). “Charlie Chaplin Film Found at an Antique Sale, Once Thought Lost”. The Criterion Cast. 2021年1月26日閲覧。
  3. ^ チャップリン 1966, pp. 582-584.
  4. ^ a b c ロビンソン(下) 1993, pp. 420-445.
  5. ^ ロビンソン(上) 1993, pp. 140-141.
  6. ^ つらあて”. 武蔵野美術大学 美術館・図書館 イメージライブラリー 映像作品データベース. 2021年1月26日閲覧。
  7. ^ ロビンソン(上) 1993, p. 434.
  8. ^ ロビンソン(上) 1993, p. 192.
  9. ^ a b c d ロビンソン(下) 1993, pp. 418-419.
  10. ^ ロビンソン(上) 1993, p. 436.
  11. ^ a b c Thakur, Pradeep (2010). The Most Important People of the 20th Century (Part-II): Artists & Entertainers. pp. 123 
  12. ^ a b c ロビンソン(下) 1993, p. 346.
  13. ^ ロビンソン(下) 1993, p. 354.
  14. ^ ロビンソン(下) 1993, p. 220.
  15. ^ THE 1TH ACADEMY AWARDS” (英語). oscar.org. 2020年1月27日閲覧。
  16. ^ THE 13TH ACADEMY AWARDS” (英語). oscar.org. 2020年1月27日閲覧。
  17. ^ THE 20TH ACADEMY AWARDS” (英語). oscar.org. 2020年1月27日閲覧。
  18. ^ THE 45TH ACADEMY AWARDS” (英語). oscar.org. 2020年1月27日閲覧。
  19. ^ ロビンソン(下) 1993, pp. 248-249, 288.
  20. ^ ロビンソン(上) 1993, p. 191.
  21. ^ a b ロビンソン(上) 1993, p. 286.
  22. ^ How to Make Movies”. Charlie Chaplin Encyclopedia (2010年4月3日). 2010年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月26日閲覧。
  23. ^ ロビンソン(上) 1993, pp. 290-291.
  24. ^ Nice and Friendly” (英語). charliechaplin.com. 2021年1月26日閲覧。
  25. ^ ロビンソン(下) 1993, pp. 65, 67-68, 146.
  26. ^ Shot by young Alistair Cooke, home movie of Chaplin emerges after discovery”. The Canadian Press (2010年). 2010年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月1日閲覧。
  27. ^ ロビンソン(下) 1993, pp. 344-345.
  28. ^ Introducing Charlie Chaplin” (英語). Silent Era. 2021年1月27日閲覧。
  29. ^ CHARLIE CHAPLIN: A RARE AND UNIQUE FILM ENTITLED 'ZEPPED', 1916” (英語). Bonhams (2011年6月29日). 2021年月日閲覧。
  30. ^ Charlie Chaplin Collectors’ Guide, Part 3” (英語). Brenton Film. 2021年1月27日閲覧。
  31. ^ ロビンソン(下) 1993, pp. 314-315.
  32. ^ Progressive Silent Film List: Hollywood”. Silent Era. 2021年1月26日閲覧。

参考文献編集

  • 大野裕之『チャップリン・未公開NGフィルムの全貌』日本放送出版協会、2007年3月。ISBN 978-4140811832
  • チャールズ・チャップリン『チャップリン自伝』中野好夫訳、新潮社、1966年11月。ISBN 978-4105050016
  • デイヴィッド・ロビンソン『チャップリン』上、宮本高晴、高田恵子訳、文藝春秋、1993年4月。ISBN 978-4163474304
  • デイヴィッド・ロビンソン『チャップリン』下、宮本高晴、高田恵子訳、文藝春秋、1993年4月。ISBN 978-4163474403