チャールズ・ハワード (第7代サフォーク伯爵)

イギリスの貴族

第7代サフォーク伯爵および第2代ビンドン伯爵チャールズ・ハワード英語: Charles Howard, 7th Earl of Suffolk1693年5月9日1722年2月9日)は、イングランド貴族。1706年から1709年までチェスターフォード卿儀礼称号を、1709年から1718年までウォールデン卿の儀礼称号を使用した。

生涯編集

第6代サフォーク伯爵ヘンリー・ハワードと1人目の妻オーベリー・アン・ペネロープ・オブライエンの一人息子として、1693年5月9日に生まれた[1]。1710年6月27日にケンブリッジ大学モードリン・カレッジに入学した[2]。1718年9月19日に父が死去するとサフォーク伯爵の爵位を継承した[1]。1718年にサフロン・ウォールデン英語版市裁判所判事を、1718年から1722年までエセックス統監英語版を務めた[2]

スキピオ・アフリカヌス英語版(1702年頃 – 1720年12月21日)という名前の奴隷を使用人にしたという[3]

アラベラ・アストリー(Arabella Astry、サミュエル・アストリーの娘)と結婚したが、子供のないまま1722年2月9日に死去[1]ウォールデン英語版で埋葬された[2]。ビンドン伯爵は断絶、サフォーク伯爵は叔父エドワード・ハワードが継承した[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (英語) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 1938.
  2. ^ a b c "Charles William HOWARD DE WALDEN (HWRT710CW)". A Cambridge Alumni Database (英語). University of Cambridge.
  3. ^ "Copy of gravestone". PortCities Bristol (英語). 2019年5月12日閲覧
名誉職
先代:
サフォーク伯爵
エセックス統監英語版
1718年 – 1722年
次代:
ソーモンド伯爵英語版
イングランドの爵位
先代:
ヘンリー・ハワード
サフォーク伯爵
1718年 – 1722年
次代:
エドワード・ハワード