チャールズ・バンベリー (第4代準男爵)

第4代準男爵サー・チャールズ・バンベリー英語: Sir Charles Bunbury, 4th Baronet1708年2月9日洗礼 – 1742年4月10日)は、グレートブリテン王国の政治家。1733年から1742年まで庶民院議員を務めた。

生涯編集

第3代準男爵サー・ヘンリー・バンベリー英語版とスザンナ・ハンマー(Susannah Hanmer、1744年9月23日没、ウィリアム・ハンマーの娘)の息子として生まれ、1708年2月9日にチェスター聖堂英語版で洗礼を受けた[1]

1733年2月12日に父が死去すると、準男爵位を継承した[1]。同年3月、トーリー党候補としてシティ・オブ・チェスター選挙区英語版の補欠選挙に出馬、得票数1位(811票)でホイッグ党候補のリチャード・マンリー(Richard Manley)とヘンリー・ベネット(Henry Bennet)を下して当選した[2][3]。議会では1733年に消費税法案に反対票を、1734年に七年議会法英語版廃止法案に賛成票を投じるなど、出席した場合は常に野党の一員として投票した[3]

長い闘病生活ののち、生涯未婚のまま1742年4月10日に死去、23日にストーク英語版で埋葬された[1]。弟ウィリアムが準男爵位を継承した[1]

出典編集

  1. ^ a b c d Cokayne, George Edward, ed. (1904). The Complete Baronetage (1665–1707) (英語). 4. Exeter: William Pollard & Co. pp. 117–118.
  2. ^ Cruickshanks, Eveline (1970). "Chester". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2020年12月8日閲覧
  3. ^ a b Cruickshanks, Eveline (1970). "BUNBURY, Sir Charles, 4th Bt. (1708-42), of Bunbury and Stanney, nr. Chester.". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2020年12月8日閲覧
グレートブリテン議会英語版
先代:
サー・トマス・グローヴナー準男爵
ロバート・グローヴナー
庶民院議員(シティ・オブ・チェスター選挙区英語版選出)
1733年 – 1742年
同職:サー・ロバート・グローヴナー準男爵
次代:
フィリップ・ヘンリー・ウォーバートン
サー・ロバート・グローヴナー準男爵
イングランドの準男爵
先代:
ヘンリー・バンベリー英語版
(スタンニー・ホールの)準男爵
1733年 – 1742年
次代:
ウィリアム・バンベリー