チャールズ・ビアード

チャールズ・オースティン・ビアード(Charles Austin Beard、1874年11月27日 - 1948年9月1日)は、20世紀前半に活動したアメリカ合衆国歴史学者政治学者である。

49歳当時のチャールズ・ビアード

ビャード[1]ビーアド[2]とも。

影響力のあった著書にAn Economic Interpretation of the Constitution of the United States (1913) - 『合衆国憲法の経済的解釈』、妻のメアリー・ビアード英語版との共著The Rise of American Civilitation -『アメリカ文明の興起(興隆)』がある[3][4]

経歴・人物編集

来日前編集

インディアナ州ナイツタウン英語版の郊外に生まれる。デポー大学卒業後、渡英しオックスフォード大学で留学生として入学する。その後帰国し、1904年よりコロンビア大学の教授となり、そこで歴史及び政治学の教鞭を執った。ドイツ史学の客観主義を批判し、革新概念の主観主義を主張した。また、同時期に同大学の博士号を取得する等幸運が訪れた。しかし、1917年に第一次世界大戦でコロンビア大学の学生が平和主義者を批判するといった自由の問題により辞職した。

日本での活動編集

1922年(大正11年)後藤新平の招聘により来日した。その後一旦帰国し翌1923年(大正12年)に再来日した。東京市市政顧問として雇われ、同年に発生した関東大震災での復興に携わる等東京の街の再活性に貢献した。

帰国後編集

その後帰国し、多くの母国の歴史の保守と革新の概念とした多くの著書を発行した。1926年にアメリカ政治学会の会長、1933年にはアメリカ歴史学会英語版の会長を務めるなど一躍有名な政治学者並びに歴史学者となった。また当時大統領であったフランクリン・ルーズヴェルトが提唱したニューディール政策を批判する等経済、外交関係の学問研究も行った。1948年コネティカット州ニューヘイブンにて死去した。

著作編集

  • An Economic Interpretation of the Constitution of the United States英語版 (1913)
    • 日本語訳:『チャールズ・A・ビアード-合衆国憲法の経済的解釈』池本幸三訳、斎藤眞解説、「アメリカ古典文庫11」研究社出版、1974年。編訳本
  • Contemporary American History, 1877-1913 (1914)[5]
    • 日本語訳:『米国近世政治経済史』恒松安夫訳、磯部甲陽堂、1925年[6]
  • 『太平洋問題資料 第17 米国外交政策の解剖』太平洋問題調査会編訳・刊、1935年
  • The Economic Basis of Politics (1922)
    • 日本語訳:『政治の経済的基礎』清水幾太郎訳、白日書院、1949年[7]
  • The Administration and Politics of Tokyo: A Survey and Opinions (1923) 『東京市政論』、関東大震災復興調査のため来日し公刊 - 東京復興に関する意見 ほか[8]
  • The Rise of American Civilitation -『アメリカ文明の興起(興隆)』(全2巻)、1927年。メアリー・ビアードとの共著
    • 日本語訳:『アメリカ合衆国史』岸村金次郎松本重治訳・解説、岩波書店(上・下)、1949-1956年
    • 日本語訳:『アメリカ合衆国史』岸村金次郎・松本重治・本間長世訳、岩波書店、1964年、新版1980年ほか
  • The American Party Battle (1928)
  • A Foreign Policy for America (1940)
    • 日本語訳:『アメリカの外交政策』早坂二郎訳、岡倉書房、1941年
    • 日本語訳:『大陸主義アメリカの外交理念』開米潤訳、藤原書店、2019年
  • The Republic: Conversations on Fundamentals (1943)
    • 日本語訳:『共和国』松本重治訳、社会思想研究会出版部(上・下)、1949-1950年
    • 日本語訳:『アメリカ共和国 アメリカ憲法の基本的精神をめぐって』みすず書房、1988年
  • The American Spirit: A Study of the Idea of Civilization in the United States. (1942) メアリー・ビアードとの共著
    • 日本語訳:『アメリカ精神の歴史』高木八尺・松本重治訳、岩波書店「岩波現代叢書」1954年、新版1992年ほか
  • American Foreign Policy in the Making, 1932-1940: A Study in Responsibilities (1946)
    • 日本語訳:『「戦争責任」はどこにあるのか アメリカ外交政策の検証 1924-40』開米潤・丸茂恭子訳、藤原書店、2018年
  • President Roosevelt and the Coming of the War, 1941: A Study in Appearances and Realities (1948)

関連文献編集

  • 季刊『環 第50号〈特集〉アメリカとは何か チャールズ・ビーアドを軸に』藤原書店、2012年7月
  • 『ビーアド『ルーズベルトの責任』を読む』開米潤編、藤原書店、2012年11月

出典編集

  1. ^ https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1021397
  2. ^ https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/971412
  3. ^ 楠井 敏朗 南北戦争の経済史的意義(1) 研究史の整理
  4. ^ On Monuments and Historical Memory - The Santa Barbara Independent
  5. ^ http://webapp1.dlib.indiana.edu/inauthors/view?docId=VAB8215&brand=ia-books
  6. ^ 米国近世政治経済史』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  7. ^ 政治の経済的基礎』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  8. ^ https://hdl.handle.net/2027/uc1.b3607336
  9. ^ 東京市政論』 - 国立国会図書館デジタルコレクション

外部リンク編集