チャールズ・ブロンソン

チャールズ・ブロンソンCharles Bronson, 1921年11月3日 - 2003年8月30日)は、アメリカ俳優

Charles Bronson
チャールズ・ブロンソン
チャールズ・ブロンソン
晩年のブロンソン
カンヌ映画祭会場で
本名 Charles Dennis Buchinsky
別名義 Charles Buchinski
生年月日 (1921-11-03) 1921年11月3日
没年月日 (2003-08-30) 2003年8月30日(81歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 ペンシルベニア州
国籍 アメリカ合衆国
身長 174cm
職業 俳優
ジャンル 映画、テレビドラマ
活動期間 1950年 - 1999年
配偶者 ハリエット・テンドラー
(1949年 - 1967年)
ジル・アイアランド
(1968年 - 1990年)
キム・ウィークス
(1998年 - 2003年)
主な作品
荒野の七人』The Magnificent Seven
大脱走
『さらば友よ』
バラキ
『狼の挽歌』
狼よさらば』(デス・ウィッシュ・シリーズ)Death Wish
レッド・サン
『ストリート・ファイター』
テンプレートを表示

プロフィール編集

生い立ち編集

ブロンソンはチャールズ・デニス・ブチンスキーCharles Dennis Buchinsky, リトアニア語: Karolis Dionyzas Bučinskis)として、1921年11月3日に、ペンシルベニア州エーレンフェルドでドルスキニンカイからのリトアニア移民家庭に15人兄弟の5男として生まれた[1][2][3]。ブロンソンの母語はリトアニア語であった[1]。彼はポーランド・リトアニア共和国内に定住したテュルク系のリプカ・タタール人の血筋を引き[4][5][6][7]、その容貌のためアジア系またはメキシコ系やメスティーソのように思われた。そのため、ブロンソンは後にメキシコ人やインディアン混血役をしばしば演じていた。

炭坑夫の父はブロンソンが10歳の時に死去し、ブロンソンは兄たちと共に炭坑に入り[1]石炭を1トン掘るごとに1ドルを得た。伝えられるところによれば、家庭は大変貧しかったため、学校へは妹の服を借りて通ったという[8]

エリック・プレストンによって書かれた伝記『Charles Bronson: From West To Best』では、アメリカの第二次世界大戦への参戦(1941年12月)後に徴兵されアメリカ陸軍航空隊に入ったとされるが、公式の記録では、1943年に陸軍航空隊を志願し、ボーイングB-29に搭乗したという。

俳優デビュー編集

第二次世界大戦終了後の1946年に軍を除隊。美術学校に入学する。ここで舞台の裏方となり、エキストラも経験し芝居に目覚めていく。1948年に友人と共にニューヨークに行き、本格的に演技を学ぶ。生活は苦しく、レンガ職人やウェイターをしながら舞台に端役として出演するようになる。その後、カリフォルニア州ロサンゼルス近郊のパサディナ・プレイハウスで本格的に演技を勉強する。

1951年『The People Against O'Hara』で映画デビュー。当時は本名「Buchinsky」を名乗っていたが、その後「Buchinski」に改名。さらに冷戦を受けてハリウッドに「赤狩り旋風」が巻き起こったことから、当時共産主義圏であった東欧風の響きを持つ名前を避けて、映画『太鼓の響き』からチャールズ・ブロンソンを名乗るようになった。

映画スター編集

1958年の『機関銃マシンガンケリー』で主役に抜擢ばってきされた。さらに『荒野の七人』(1960年)や、 『大脱走』(1963年)などのヒット作に出演し、共に男臭い風貌と巧みな演技が人気を呼んで俳優としての地位を確立。その後の『さらば友よ』や『雨の訪問者』、『レッド・サン』などへの出演で押しも押されもせぬ国際映画スターの仲間入りを果たした。また70年の『狼の挽歌』では愛する女性を狙撃する男の悲しみを演じきった[9]。この映画でもジル・アイアランドが出演しているが、ブロンソンの映画にはジルが出演することが恒例となっていた。72年の『バラキ』では、フランス人俳優リノバンチュラを招き、実在のマフィアを演じた。『ゴッドファーザー』の大ヒットに刺激されて制作された映画だったが二番煎じとはならず、ブロンソンの好演と作品のレベルの高さで好評だった。75年のウォルター・ヒル監督ストリートファイターも人気作品となった。また、ブロンソンは『狼よさらば』[10]<を皮切りに、デスウィッシュ・シリーズに主演して人気を不動のものとした。

苦労人として独特の個性と演技力を活かし、アクション作品を中心に数多くの作品がアメリカ、ヨーロッパ、日本をはじめ世界各国で上映された。

プライベート編集

私生活では、1949年女優ハリエット・テンドラーと結婚したが、1967年に離婚。翌1968年ジル・アイアランドと再婚[11]して多数の作品で共演。1990年にジルが先に乳癌で亡くなり、ブロンソンも俳優業からの引退を宣言したが、後に復帰し、以降はテレビドラマを中心に活動した。1998年Family of Copsシリーズで共演したキム・ウィークスと再婚。

死去編集

後年、アルツハイマー病を発症。病との闘いの末、2003年8月30日肺炎で死去。81歳没。なお、死後の2004年に公開された『キル・ビル2』のエンドクレジットにはブロンソンを尊敬するクエンティン・タランティーノ監督により「R.I.P. Charles Bronson(チャールズ・ブロンソン。安らかに眠ってください)」との言葉が挿入されている。

日本でのブロンソン編集

「男の世界」編集

日本では、ブロンソンは1970年に男性用化粧品メーカー「丹頂」の化粧品「マンダム」のテレビCM(大林宣彦演出)に出演した。撮影費は2000万円、ブロンソンへのギャラは3万ドル(約1000万円)[12]であった。バックの音楽は、ポップ・カントリー・シンガーのジェリー・ウォレスの「男の世界」が使用され、日本独自ヒットとなった。ブロンソンの起用を提案したのは、民放テレビが頭の上がらない大手広告代理店の社員で、以前から彼に着目していた[12]。野性的な風貌のブロンソンを起用し、男らしさを前面に押し出したのは、逆転の発想であった[13]。当初、キャンペーンに当たったスタッフは周囲から猛批判を受けたという[14]。撮影は、アリゾナ州の砂丘とユタ州モニュメント・バレー、ならびに、ハリウッドのスタジオで行われた。ブロンソンが顎をなでながら放った「う〜ん、マンダム」のセリフは日本で大流行し、子供まで真似をするほどだった。マンダムの商品知名度は発売直後に極端に上昇した[14]

丹頂は1933年に創業だったが、1960年代には経営不振に陥っていた。しかしマンダムの爆発的ヒットによって年商は2年で倍増し危機を脱した[13]。翌年の1971年には社名を「マンダム」と変更した。拳銃さばきを披露するCMではブロンソンは上手く撃てず、拳銃さばきの上手い大林宣彦がブロンソンに教え、ファニングをやらせたという[15]。なお、マンダム社はブロンソンの葬儀の際に献花をしている。

ポップ・カルチャー編集

映画界、マスコミ界にファンが存在する。1994年にはブロンソンの持つ男気に憧れた漫画家みうらじゅん俳優田口トモロヲがユニット「ブロンソンズ」を結成、雑誌「STUDIO VOICE」で「ブロンソンに聞け」という連載を持ち、その後、連載をまとめた『ブロンソンならこう言うね〜マニア・カルト一生相談〜』を上梓した。

メジャーリーグの投手であるブロンソン・アローヨも、ファンだった父親がブロンソンのようなタフガイになってほしいとの願いで命名している。

また『北斗の拳』の原作者である武論尊の名はブロンソンに由来している。手塚治虫の『ブラック・ジャック』などでもそのパロディキャラクターが登場した。アニメ映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ』は西部劇へのオマージュ作品で、劇中に『荒野の七人』出演時のユル・ブリンナー等と共にブロンソンも登場する。『浦安鉄筋家族』では、ブロンソンのそっくりさん「行徳のブロンソン」が登場し、ジェームズ・コバーン風の「船橋のコバーン」や、ジュリアーノ・ジェンマを模した「東陽町のジェンマ」らとともに何度も登場した。

主な出演作編集

日本語吹き替えは大塚周夫が専属で担当している。また、森山周一郎も複数回担当している。

公開年 邦題
原題
役名 備考
1952 赤い空
Red Skies of Montana
クレジットなし
1953 雨に濡れた欲情
Miss Sadie Thompson
エドワーズ
肉の蝋人形
House of Wax
イゴール
1954 土曜日正午に襲え
Crime Wave
ベン・ヘイスティングス
勇者の汚名
Riding Shotgun
ピント
アパッチ
Apache
ホンドー
ベラクルス(ヴェラクルス)
Vera Cruz
ピッツバーグ
1955 真昼の脱獄
Big House, U.S.A.
ベニー・ケリー
ひとすじの道「心の鎖」
A Chain of Hearts in Cavalcade of America
ジョン テレビドラマ 声 小林修 ※NHK版
攻撃目標零
Target Zero
ヴィンス
去り行く男
Jubal
レブ
1957 赤い矢
Run of the Arrow
ブルー・バッファロー
1958 決闘!ブーツヒル
Showdown at Boot Hill
ルーク・ウェルシュ
機関銃ケリー
Machine-Gun Kelly
ジョージ・R・ケリー(マシンガン・ケリー)
1958-1960 カメラマン・コバック
Man with a Camera
マイク・コバック テレビシリーズ
1959 戦雲
Never So Few
ジョン・ダンフォース 声 青野武
1960 荒野の七人
The Magnificent Seven
オライリー
1961 空飛ぶ戦闘艦
Master of the World
ジョン・ストロック
独立騎兵隊
A Thunder of Drums
ハナ
宇宙船X-15号
X-15
リー・ブランドン
1962 恋のKOパンチ
Kid Galahad
ルー
1963 大脱走
The Great Escape
ダニー(トンネル・キング) 声 大塚周夫(フジテレビ版)
テキサスの四人
4 for Texas
マットソン
1964 マードックの拳銃
Guns of Diablo
リンク・マードック
1965 いそしぎ
The Sandpiper
コス・エリクソン 声 大塚周夫(NET版)
バルジ大作戦
Battle of the Bulge
ウォレンスキー少佐 声 大塚周夫(NET版)
1966 雨のニューオリンズ
This Property Is Condemned
J. J.
1967 特攻大作戦
The Dirty Dozen
ジョセフ・T・ウラディスロー 声 小林清志(東京12チャンネル版)
1968 サン・セバスチャンの攻防
La bataille de San Sebastian
Teclo 声 大塚周夫(NET版)
戦うパンチョ・ビラ
Villa Rides
ロドルフォ
さらば友よ
Adieu l'ami
フランツ 声 森川公也(TBS版) 大塚周夫(フジテレビ版)
ウエスタン
C'era una volta il West
ハモニカ
1970 おませなツインキー
Twinky
スコット
雨の訪問者
Rider On the Rain
ハリー・ドブス 声 森山周一郎(TBS版) 大塚周夫(日本テレビ版)
狼の挽歌
Città violenta
ジェフ
夜の訪問者
De la part des copains
ジョー・マーティン 声 瑳川哲朗(TBS版) 大塚周夫(日本テレビ版)
1971 扉の影に誰かいる
Quelqu'un derrière la porte
記憶喪失の男
レッド・サン
Soleil rouge
リンク・スチュワート
1972 バラキ
The Valachi Papers
ジョー・バラキ
メカニック
The Mechanic
アーサー・ビショップ 声 森山周一郎(TBS版)
チャトズ・ランド
Chato's Land
チャト
1974 シンジケート
The Stone Killer
ルー
さらばバルデス
Valdez, il mezzosangue
バルデス
マジェスティック
Mr. Majestyk
ヴィンス・マジェスティック
狼よさらば
Death Wish
ポール・カージー
1975 ブレイクアウト
Breakout
ニック・コルトン
ストリートファイター
Hard Times
チェイニー
軍用列車
Breakheart Pass
ディーキン
1976 セント・アイブス
St. Ives
レイモンド・セント・アイブス
正午から3時まで
From Noon till Three
グラハム
特攻サンダーボルト作戦
Raid on Entebbe
ダン・ショムロン テレビ映画
1977 ホワイト・バッファロー
The White Buffalo
ワイルド・ビル・ヒコック
テレフォン
Telefon
グリゴリ・ボルゾフ少佐
1978 チャールズ・ブロンソン/愛と銃弾
Love and Bullets
チャーリー テレビタイトル『殺人のはらわた』声 森山周一郎(TBS版)
1979 太陽のエトランゼ
Caboblanco
ギフォード DVDタイトル『灼熱のカボ・ブランコ/狼たちの野望』
1980 ボーダーライン
Borderline
ジェブ・メイナード テレビタイトル『マッドギャリソン』
1981 デス・ハント
Death Hunt
アルバート・ジョンソン
1982 ロサンゼルス
Death Wish II
ポール・カージー
1983 殺人鬼
10 To Midnight
レオ テレビタイトル『真夜中の野獣刑事』
1984 地獄で眠れ
The Evil That Men Do
ホランド/バート・スミス
1985 スーパー・マグナム
Death Wish 3
ポール・カージー
1986 必殺マグナム
Murphy's Law
ジャック・マーフィー
アクト・オブ・ベンジェンス
Act of Vengeance
ジョセフ(ジョック) テレビ映画
トップレディを殺せ
Assassination
ジェイ
1987 バトルガンM‐16
Death Wish 4: The Crackdown
ポール・カージー
1988 メッセンジャー・オブ・デス
Messenger of Death
ギャレット・スミス
1989 禁じ手
Kinjite: Forbidden Subjects
クロウ
1991 インディアン・ランナー
The Indian Runner
ロバーツ氏
1992 シー・ウルフ
The Sea Wolf
ウルフ・ラーセン テレビ映画
1993 サイコパス/9本指の死体
Donato and Daughter
マイク・ドナート テレビ映画
1994 狼よさらば 地獄のリベンジャー
Death Wish V: The Face of Death
ポール・カージー 別題:『DEATH WISH/キング・オブ・リベンジ』
1995 ラスト コップ 血塗られた狼
Family of Cops
ポール・フェイン テレビ映画
1997 COP コップ
Breach of Faith: A Family of Cops II
ポール・フェイン テレビ映画
1999 キング・オブ・コップ
Family of Cops III: Under Suspicion
ポール・フェイン テレビ映画

参照編集

  1. ^ a b Michael, Pitts (1999). Charles Bronson. McFarland. p. 1. ISBN 0-7864-0601-1 
  2. ^ Charles Bronson Quick facts”. BiggestStars.com. 2012年9月19日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ Aaker, Everet (2006). Encyclopedia of early television crime fighters: all regular cast members in American crime and mystery series, 1948-1959. McFarland. p. 80. ISBN 0-7864-2476-1 
  4. ^ “Charles Bronson, Actor”. http://www.obituariestoday.com/Obituaries/ObitShow.cfm?Obituary_ID=30541 2009年4月25日閲覧。 
  5. ^ “Hollywood star Bronson dies”. BBC News. (2003年9月1日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/3153769.stm 2009年4月25日閲覧。 
  6. ^ “Action film star Charles Bronson dead at 81”. USA Today. (2003年8月31日). http://www.usatoday.com/life/movies/news/2003-08-31-bronson-dies_x.htm 2009年4月25日閲覧。 
  7. ^ “US movie legend Bronson is dead”. The Scotsman (Edinburgh). (2003年9月1日). http://news.scotsman.com/entertainment/US-movie-legend-Bronson-is.2457999.jp 2009年4月21日閲覧。 
  8. ^ Biography for Charles Bronson”. Imdb. 2012年9月19日閲覧。
  9. ^ http://movies.yahoo.co.jp/movie/3422/
  10. ^ Death Wish, Box Office Information”. Box Office Mojo. 2020年4月7日閲覧。
  11. ^ Charles Bronson Documentary, Biography Channel.
  12. ^ a b 朝日新聞be 2005, p. 72
  13. ^ a b 朝日新聞be 2005, pp. 70-72
  14. ^ a b 朝日新聞be 2005, p. 70
  15. ^ 『大林宣彦の映画談議大全《転校生》読本 ジョン・ウェインも、阪東妻三郎も、… 1980-2008 a movie』角川グループパブリッシング、2008年、422-423頁。ISBN 978-4-04-621169-9

和書編集

  • 『ブロンソンならこう言うね〜マニア・カルト一生相談〜』:みうらじゅん、田口トモロヲ著、マガジンハウス

洋書編集

  • 『Charles Bronson Notebook Journal, Diary』:Lucanus著。ペイパーバック

関連項目編集


外部リンク編集