チャールズ・プロテウス・スタインメッツ

ドイツの数学者、電気技師

チャールズ・プロテウス・スタインメッツ(Charles Proteus Steinmetz、出生名:カール・アウグスト・ルドルフ・シュタインメッツ(Karl August Rudolph Steinmetz)、1865年4月9日 - 1923年10月26日)は、ドイツ生まれのアメリカ合衆国数学者電気工学者ユニオン・カレッジ教授。ブレスラウ(現ポーランドヴロツワフ)出身。

チャールズ・プロテウス・スタインメッツ

電気工学(特に、交流理論)の研究を通して、アメリカ合衆国の電気産業の発展に寄与し、電気技術者のために数学理論を定式化した。磁気ヒステリシス電動機等の研究で数々の画期的な発見をした。1913年エリオット・クレッソン・メダル受賞。