チャールズ・ボイル (第4代オーラリー伯爵)

第4代オーラリー伯爵チャールズ・ボイル (だい4だいオーラリーはくしゃくチャールズ・ボイル、Charles Boyle, 4th Earl of Orrery、1674年7月28日 - 1731年8月28日) は、イギリスの貴族政治家、自然科学のパトロンである。

The Earl of Orrery

経歴編集

第2代オーラリー伯爵ロジャー・ボイルと、第5代ドーセット伯爵リチャード・サックヴィル (英語版) の娘メアリー (1647-1710) の次男として、ロンドンのリトル・チェルシーで生まれた [1]オックスフォード大学クライスト・チャーチで学び、その見識と能力ですぐに頭角を現した。初代伯と同様、彼もまた作家軍人、及び政治家となった。

プルタルコスの「リュサンドロス伝」を翻訳し、ファラリスの書簡を出版したが、そのことによりリチャード・ベントレー (英語版) との有名な論争に巻き込まれた [2]

アイルランド議会の議員として1695年から1699年までチャールビル選挙区 (英語版) から選出され、1701年から1705年まではイングランド議会議員としてハンティントン選挙区 (英語版) から選出された。1703年、兄ライオネルの逝去に伴い、オーラリー伯爵位を承継した。

ボイルは陸軍に入り、1709年少将に昇進し枢密院の顧問官となった。その後シッスル勲章を叙勲され、ブラバント公国フランドル女王の使節として派遣された。その信頼に実力をもって応えたボイルは、サマセットでマーストンのボイル男爵に叙爵された。1714年、マーストン・ハウス (英語版) を承継した。

 
太陽系儀「オーラリー」
その名にちなんで名づけられた。

1706年ボイルは王立協会フェローとなり、1713年、ボイルの支援を受けて時計師のジョージ・グラハムは、太陽の周りを惑星が規則正しく周回することを実証できる太陽系儀を初めて製作した。この機器はボイルの名に因み、「オーラリー」と名付けられた。

ボイルはジョージ1世の治世下でも、さらにいくつかの栄誉を受けたが、政府がジャコバイトアタベリー陰謀事件に加担した疑いで不幸に見舞われた。ボイルは1722年、ロンドン塔に6か月間収監され、その後釈放が認められた [2]

ボイルは作家として喜劇を書いた。「As you find it」(あなたがそれを見つけるように) は1703年に出版され、後に初代伯戯曲と共に出版された。

ボイルは1731年、ウェストミンスターの自宅で亡くなり、ウェストミンスター寺院に埋葬された。その個人的な蔵書と科学機器のコレクションはキリスト・チャーチ・ライブラリー (英語版) に寄贈された。それらは現在オックスフォードの科学史歴史館に展示されている。

ボイルの長男のジョンはボイル家の分家として、三従兄弟 [注 1]第4代コーク伯からコーク伯爵位を承継した。

系譜図編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 三従兄弟とは、曾祖父の兄弟姉妹の曽孫

出典編集

  1. ^ Oxford Dictionary of National Biography (online ed.). "Boyle, Charles, fourth earl of Orrery (1674–1731)". Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/3124. 2020年4月23日閲覧
  2. ^ a b Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Orrery, Charles Boyle, 4th Earl of" . Encyclopædia Britannica (英語). 20 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 329.

外部リンク編集

アイルランド議会
先代:
ヘンリー・ボアマン
ジョージ・クラフト
アイルランド庶民院
チャールビル選挙区
(英語版)選出

1695年-1699年
同職:ジョン・オームズビー
次代:
ジョージ・エヴァンズ
ロバート・フィッツジェラルド
イングランド議会 (en
先代:
フランシス・ワースリー・モンタギュー
エドワード・カートレット
イングランド庶民院
ハンティントン選挙区 (英語版) 選出

1701年-1705年
同職:フランシス・ワースリー・モンタギュー1701年-1702年
アンソニー・ハモンド1702年-1705年
次代:
ジョン・コットン
エドワード・ウォートリー・モンタギュー
アイルランドの爵位
先代:
ライオネル・ボイル
オーラリー伯爵
1703年-1731年
次代:
ジョン・ボイル
グレートブリテンの爵位
爵位創設 マーストンのボイル男爵
1711年-1731年
次代:
ジョン・ボイル