チャールズ・ムーア (初代ドロヘダ侯爵)

初代ドロヘダ侯爵チャールズ・ムーア英語: Charles Moore, 1st Marquess of Drogheda KP PC (Ire)1730年6月29日1822年12月22日)は、アイルランド王国出身の貴族、政治家。1752年から1758年までムーア子爵儀礼称号を使用した[1]アイルランド担当大臣アイルランド兵站部英語版総監、アイルランド郵政長官英語版を歴任した。

初代ドロヘダ侯爵

生涯編集

出生編集

第5代ドロヘダ伯爵エドワード・ムーアとサラ・ポンソンビー(Sarah Ponsonby、1711年3月27日洗礼 – 1736年1月19日 ダブリン初代ベスバラ伯爵ブラバゾン・ポンソンビーの娘)の息子として、1730年6月29日に生まれた[1]

軍歴編集

1744年にコルネット英語版としてイギリス陸軍に入隊[2]、1746年のカロデンの戦いでは軍旗を持つ役割だった[3]。1750年に大尉、1752年に少佐に昇進した後[2]、1755年1月に名誉昇進して中佐になり、1759年12月7日に第18軽竜騎兵連隊英語版副隊長に任命された[3]。その後、1762年8月3日に隊長に昇進(以降1821年9月まで在任)、1770年8月30日に少将に、1777年8月29日に中将に、1793年10月12日に大将に昇進、1821年7月19日に陸軍元帥に昇進したが、実際の戦闘には参加しなかったという[4]

政界での経歴編集

1757年から1758年までセント・カニス選挙区英語版の代表としてアイルランド庶民院議員を務め[5]、1758年10月28日に父が死去するとドロヘダ伯爵位を継承、1759年10月16日にアイルランド貴族院議員に就任した[1]。1759年1月12日[4]から1822年に死去するまでミーズ県総督英語版を務め、1760年8月29日にアイルランド枢密院英語版の枢密顧問官に任命された[1]

1758年から1760年までフリーメイソンの一員としてアイルランド・グランドロッジ英語版のグランドマスターを務めた[1]

1764年から1765年までアイルランド担当大臣を、1764年から1770年までキンセール総督英語版を、1766年から1767年までアイルランド総督代理英語版を、1764年から1822年までキングス・カウンティ総督英語版を、1766年から1822年までキングス・カウンティ首席治安判事英語版を、1769年から1822年までクイーンズ・カウンティ首席治安判事英語版を、1774年から1822年までクイーンズ・カウンティ統監英語版を務めた[1]。1770年から1797年までアイルランド兵站部英語版総監を務めた[2]

1776年10月にホーシャム選挙区英語版の補欠選挙でグレートブリテン庶民院議員に当選したが、1776年から1779年までの間に投票の記録がなく、この3年間のほとんどを海外で過ごしたとされる[2]。1778年の手紙によると、海外滞在は体調の回復が目的だったという[2]。その後、1780年に帰国して、同年3月に商務庁の廃止に賛成票を投じるなど与党側で行動したが、同年の総選挙に出馬せず議員を退任した[2]

1783年2月5日に聖パトリック騎士団が創設されると[1]、同年3月11日に定員15名のうちの1人に選出された[6]

1791年7月5日、アイルランド貴族であるドロヘダ侯爵に叙され、1795年3月5日にドロヘダ侯爵としてアイルランド貴族院議員に就任した[1]。1797年から1806年までアイルランド郵政長官英語版の1人を務めた[4]アイルランド王国グレートブリテン王国合同を支持したため[4]、1801年1月17日に連合王国貴族であるケント州におけるムーア・プレイスのムーア男爵に叙された[1]

1822年12月22日にダブリンサックヴィル・ストリート英語版で死去、1823年1月3日にドロヘダ聖ピーター教会英語版に埋葬された[1]。息子チャールズ英語版が爵位を継承した[1]

人物編集

演劇を好んだ[1]。ギャンブルも嗜み、1763年にスパで銀行を破産させるほどの大勝利を収めた報じられたが、同時代の文人ギリー・ウィリアムズ英語版は1764年12月の手紙でドロヘダ伯爵にギャンブルのスキルはないと述べている[2]ホレス・ウォルポールによると、大酒飲みであった[2]

家族編集

1766年2月15日、アン・シーモア=コンウェイ(Anne Seymour-Conway、1744年8月1日 – 1784年11月4日、初代ハートフォード侯爵フランシス・シーモア=コンウェイの娘)と結婚[1]、2男7女をもうけた。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, Herbert Arthur, eds. (1916). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Dacre to Dysart) (英語). 4 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 465–466.
  2. ^ a b c d e f g h Drummond, Mary M. (1964). "MOORE, Charles, 6th Earl of Drogheda [I] (1730-1822).". In Namier, Sir Lewis; Brooke, John (eds.). The House of Commons 1754-1790 (英語). The History of Parliament Trust. 2020年10月21日閲覧
  3. ^ a b Dunlop, Robert; Stearn, Robert T. (23 September 2004). "Moore, Charles, first marquess of Drogheda". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/19099 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
  4. ^ a b c d e f g Dunlop, Robert (1894). "Moore, Charles (1730-1822)" . In Lee, Sidney (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 38. London: Smith, Elder & Co. p. 344.
  5. ^ "Biographies of Members of the Irish Parliament 1692-1800". Ulster Historical Foundation (英語). 2020年10月21日閲覧
  6. ^ "No. 12424". The London Gazette (英語). 18 March 1783. p. 2.
  7. ^ a b c d e f "Drogheda, Marquess of (I, 1791-1892)". Cracroft's Peerage (英語). 2020年10月21日閲覧

外部リンク編集

アイルランド議会
先代
ハーヴィー・モレス
リチャード・ドーソン英語版
庶民院議員(セント・カニス選挙区英語版選出)
1757年 – 1758年
同職:リチャード・ドーソン英語版
次代
エランド・モッソム英語版
リチャード・ドーソン英語版
グレートブリテン議会英語版
先代
ジェレマイア・ダイソン
ジェームズ・ウォレス英語版
庶民院議員(ホーシャム選挙区英語版選出)
1776年 – 1780年
同職:ジェームズ・ウォレス英語版
次代
ルイシャム子爵英語版
ジェームズ・ウォレス英語版
公職
先代
ウィリアム・ジェラード・ハミルトン英語版
アイルランド担当大臣
1764年 – 1765年
次代
サー・チャールズ・バンベリー準男爵
先代
シャノン伯爵
アイルランド兵站部英語版総監
1770年 – 1797年
次代
カーハンプトン伯爵英語版
先代
イーリー伯爵
ベロモント伯爵
アイルランド郵政長官英語版
1797年 – 1806年
同職:イーリー侯爵
次代
ドナウモア伯爵
ヘンリー・フィッツジェラルド卿英語版
軍職
先代
ジョン・フォリオット英語版
キンセール総督英語版
1764年 – 1770年
次代
ジェームズ・ギズボーン英語版
フリーメイソン
先代
ニュータウン=バトラー卿
アイルランド・グランドロッジ
グランドマスター
英語版

1758年 – 1760年
次代
チャールヴィル伯爵
アイルランドの爵位
爵位創設 ドロヘダ侯爵
1791年 – 1822年
次代
チャールズ・ムーア英語版
先代
エドワード・ムーア
ドロヘダ伯爵
1758年 – 1822年
イギリスの爵位
爵位創設 ムーア男爵
1801年 – 1822年
次代
チャールズ・ムーア英語版