チャールズ・モーガン(Charles Morgan、1894年1月22日-1958年2月6日)は、英国の小説家。国際ペンクラブ会長を務めた。

チャールズ・モーガン (1954)

概略 編集

ケント州生まれ。第一次世界大戦中は海軍に入隊するが、1914ー17年捕虜としてオランダで抑留生活を送る。戦後オックスフォード大学在学中から創作活動を行い、1919年捕虜経験を描いた「士官次室」を発表。1921年にはロンドン・タイムズに入社し、劇評を担当。作品はほかに、第二次世界大戦従軍中に人生・文学についての思いをタイムズ文芸付録に寄稿したエッセー集「鏡に写る影」(1946年)、「精神の自由」(1951年)などがあり、フランスで好評を得た[1]。1953-56年国際ペンクラブ会長を務めた。

日本語訳 編集

脚注 編集