チャールズ・ライアン (第6代ストラスモア=キングホーン伯爵)

第6代ストラスモア=キングホーン伯爵チャールズ・ライアン英語: Charles Lyon, 6th Earl of Strathmore and Kinghorne1699年7月12日(洗礼日) – 1728年5月11日)は、スコットランド貴族

生涯編集

第4代ストラスモア=キングホーン伯爵ジョン・ライアンエリザベス・スタンホープ英語版第2代チェスターフィールド伯爵フィリップ・スタンホープ英語版の娘)の四男として生まれ、1699年7月12日に洗礼を受けた[1]

1715年11月18日に兄ジョンシェリフミュアの戦い英語版で戦死すると、ストラスモア=キングホーン伯爵の爵位を継承した[1]

1728年5月9日、酒に酔ったジェームズ・カーネギー・オブ・フィンヘイヴン英語版ら2人の喧嘩の最中、カーネギーが剣を抜いてケンカ相手のライアン・オブ・ブリッジトン(Lyon of Bridgeton)にさしかかったが、2人の間に割り入ったストラスモア=キングホーン伯爵を誤って刺してしまい、ストラスモア=キングホーン伯爵は重傷を負った。伯爵は2日後の1728年5月11日に死去、弟ジェームズが爵位を継承した[1]。カーネギーは殺人罪で起訴され、故殺罪英語版への軽減も拒否されたが、カーネギーに伯爵への殺意がなかったため無罪となった。

家族編集

1725年7月25日、スーザン・コクラン英語版(1754年6月23日没、第4代ダンドナルド伯爵ジョン・コクランの娘)と結婚したが、2人の間に子供はいなかった[1]

第6代ストラスモア=キングホーン伯爵の死後、スーザンは1745年4月2日にジョージ・フォーブス(George Forbes)と再婚、1750年代にパリの修道院で死去した[2]

脚注編集

  1. ^ a b c d Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (英語) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 1925.
  2. ^ Cokayne, George Edward, ed. (1896). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (S to T) (英語). 7 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 289.
スコットランドの爵位
先代:
ジョン・ライアン
ストラスモア=キングホーン伯爵
1715年 – 1728年
次代:
ジェームズ・ライアン