本来の表記は「种払」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

种払(种拂、ちゅう ふつ、生年不詳 - 192年)は、後漢末の官僚政治家は穎伯。本貫河南尹洛陽県

経歴編集

种暠の子として生まれた。司隷従事を初任とし、宛県令に任じられた。ときに南陽郡の官吏たちは休暇中に市里でふざけ回ることを好み、庶民の迷惑になっていた。种払は彼らに出会うと、必ず下車して正式な挨拶をしたので、彼らも恥じ入ってあえて外出する者もいなくなった。种払の統治は有能で知られ、官歴を重ねて光禄大夫となった。190年初平元年)6月、荀爽に代わって司空に任じられた。191年(初平2年)6月、地震があった。7月、地震を理由に司空を免官された。まもなく太常として復帰した。

192年(初平3年)6月[1]李傕郭汜の乱によって長安城が潰滅したとき、官僚たちの多くは兵乱を避けて宮中から去った。しかし种払は剣を振るって、「国の大臣たる者、戈を止めて暴を除くことができず、凶賊の兵刃を宮殿に向かわせるとあっては、去ってどうしようというのか」と叫び、戦って死んだ。

子に种劭があった。

脚注編集

  1. ^ 後漢書』献帝紀

伝記資料編集

  • 『後漢書』巻56 列伝第46