チュクチ族

ロシアのシベリア北東の端のチュクチ半島(ツンドラ地帯)に住む民族

チュクチ族チュクチ人(чукчи、Chukchi people)は、主にロシアシベリア北東端のチュクチ半島(チュコト半島)に住んでいる民族。その居住域はほぼツンドラ気候に属する。かつてオホーツク海沿岸に住んでいた人びとが起源と考えられる。その総人口はおよそ1万6千人で、チュクチ・カムチャッカ語族に属するチュクチ語を話す。

チュクチ(Chukchi)
ԓыгъоравэтԓьэт, о'равэтԓьэт
ルオラヴェトラン(Luoravetlan)
Chukchi family old.jpg
チュクチ族の一家とシベリアン・ハスキー(20世紀初め頃)
総人口
15,949
居住地域
ロシアの旗 ロシア
チュクチ自治管区
15,908[1]
 ウクライナ30[2]
 エストニア11[3]
言語
チュクチ語ロシア語
宗教
シャーマニズムロシア正教会
関連する民族
チュクチ・カムチャツカ語族
チュクチ族の居住域(2010年のセンサス)

分布編集

大部分はベーリング海に面したチュクチ自治管区内に住むが、同自治管区から西のサハ共和国、南のマガダン州、南東のカムチャツカ半島コリャーク自治管区にも少数住んでいる。また、ごく少数ながらモスクワサンクトペテルブルクはじめロシアの他地方、ヨーロッパ北アメリカにも住んでいる。

生業編集

チュクチ族は、生業において、海岸に定住して主としてアザラシなどの海獣狩猟や漁撈を営む「海岸チュクチ」と、内陸地方に住んで主としてトナカイ牧畜を営む「トナカイチュクチ」に分けられる。トナカイチュクチはかつてヤランガと呼ばれるテントに住んで移動生活を送り、トナカイの遊牧を行っていたが、ソビエト連邦時代には集団化政策によって定住化が強力に推し進められた。現在、その一部はヤランガに住みトナカイとともに移動する遊牧生活に戻っている。チュクチ族は全体として、ルオラヴェトラン(「本物の人」)との自称をもっている。

遺伝子編集

チュクチ族のY-DNAハプログループは、ある調査では、N-Tatが58.3%、Q-M3が12.5%、C2-M217が4.2%である[4]

その他編集

シベリアン・ハスキーはこの民族に飼われ、そりの牽引などの作業を行っていたがルーツである。

チュクチ族関連画像編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Официальный сайт Всероссийской переписи населения 2010 года. Информационные материалы об окончательных итогах Всероссийской переписи населения 2010 года Archived 5 June 2016 at the Wayback Machine.. Russian Federal State Statistic Service
  2. ^ State statistics committee of Ukraine – National composition of population, 2001 census. Ukrainian Federal State Statistic Service
  3. ^ RL0428: Rahvastik rahvuse, soo ja elukoha järgi, 31. detsember 2011. Statistics Estonia
  4. ^ Lell, J. T., Sukernik, R. I., Starikovskaya, Y. B., Su, B., Jin, L., Schurr, T. G., Underhill, P. A., & Wallace, D. C. (2002). The dual origin and Siberian affinities of Native American Y chromosomes. American journal of human genetics, 70(1), 192–206. https://doi.org/10.1086/338457

関連項目編集