メインメニューを開く

チュニジア国旗1831年に制定されている。赤地に中央の白い円に三日月は古くからのイスラム教の象徴であり、幸運のシンボルでもあった。赤い色はオスマン帝国時代の反抗勢力の名残である。チュニジアは1881年よりフランスの植民地となり、1956年のチュニジア王国を経て、1957年にチュニジア共和国が成立した。その際に、以前の独立時代に使用したものを再度採用した。1999年にデザインをわずかに変更している。

チュニジアの国旗
チュニジアの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上、市民・政府・軍隊海上?
縦横比 2:3
制定日 1831年
使用色
テンプレートを表示
国旗のデザイン。1999年以降。
国旗のデザイン。1999年まで。三日月や星が現在のデザインと異なる。

歴史的な旗編集


関連項目編集