チューリング賞(ACM A.M. Turing Award)は、計算機科学分野の学会であるACMから永続的な重要性を持つ主要な業績に対して贈られる賞である。 [2]

ACMチューリング賞
受賞対象 計算機科学における永続的な重要性を持つ主要な貢献
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
授与者 Association for Computing Machinery (ACM)
報酬 100万USドル[1]
初回 1966年
最新回 2019年
公式サイト http://amturing.acm.org/

賞の名称は、現代計算機科学の父の1人とされる[3]アラン・チューリングの名に由来する。

この分野の表彰としては最高の栄誉とされ[4]、計算機科学におけるノーベル賞と広く認識されている[5][6]

賞の授与は毎年1回行われ、受賞者には100万ドルが贈られる[7]


受賞者編集

年度 受賞者名 写真 受賞理由
1966 アラン・パリス 高度なコンピュータプログラミング技法とコンパイラ構築の分野への貢献に対して。[8]
1967 モーリス・ウィルクス   世界初のプログラム内蔵方式のコンピュータである EDSAC の開発者として最もよく知られている。1949年に作られたとき、EDSAC は水銀遅延記憶装置を使用していた。さらに、1951年に Wheeler, Gill とともに出版した "Preparation of Programs for Electronic Digital Computers" の著者としても知られており、プログラムライブラリを効果的に紹介した。[9]
1968 リチャード・ハミング 数値解析自動プログラミング誤り検出と誤り訂正符号における業績に対して[10]
1969 マービン・ミンスキー   人工知能分野の創造、形成、促進、発展における中心的な役割に対して[11]
1970 ジェームズ・H・ウィルキンソン 高速なデジタルコンピュータを利用した数値解析に関する研究と線形代数と誤差解析の処理に関する深い洞察に対して。[12]
1971 ジョン・マッカーシー   マッカーシーの講演 "The Present State of Research on Artificial Intelligence" (人工知能研究の現状) は、彼の業績で高い評価を得た[13]
1972 エドガー・ダイクストラ   明快さと数学的厳密さのモデルとなった高レベルのプログラミング言語 ALGOL の開発への貢献、およびプログラミング言語全般の構造・表現・実装の理解への多大な貢献に対して。[14]
1973 チャールズ・バックマン   データベース技術への多大なる貢献に対して。[15]
1974 ドナルド・クヌース   アルゴリズムの解析やプログラミング言語の設計に大きく貢献し、特に ”The Art of Computer Programming” に貢献したことに対して。[16]
1975 アレン・ニューウェル RAND 社の J. C. Shaw との共同研究を皮切りに、カーネギーメロン大学の多くの教員や学生との共同研究で、人工知能、人間の認知心理学、リスト処理の分野での基礎的な貢献に対して。[17]
ハーバート・サイモン  
1976 マイケル・ラビン   彼らの共作論文 "Finite Automata and Their Decision Problem" (有限状態機械とその決定性問題) に対して。[18] その論文は非決定性マシンという非常に貴重な概念を導入し、この分野の後続の者たちに絶えずインスピレーションを与えた。[19][20]
デイナ・スコット  
1977 ジョン・バッカス   特にFORTRANの研究によって行われた、実用的な高水準プログラミングシステムの設計への深く影響力のある恒久的貢献、およびプログラミング言語仕様の形式的手法に関する画期的な出版に対して。[21]
1978 ロバート・フロイド 効率的で信頼性の高いソフトウェアを生み出す方法論に明確な影響を与えたこと、また、解析理論、プログラミング言語の意味論、プログラムの自動検証、プログラムの自動合成、アルゴリズムの解析など、コンピュータサイエンスの重要な分野の発見への貢献に対して。[22]
1979 ケネス・アイバーソン APLに代表される数学的記法とプログラミング言語理論への貢献に対して。[23]
1980 アントニー・ホーア   プログラミング言語の定義と設計に対する基礎的な貢献に対して。[24]
1981 エドガー・F・コッド データベース管理システム、特に関係データベースの理論と実用における基本的貢献に対して。[25]
1982 スティーブン・クック   重要かつ意義深い方法で我々の計算複雑性への理解を高めさせた貢献に対して。[26]
1983 ケン・トンプソン   汎用オペレーティングシステム理論の発展への貢献、特にUNIXオペレーティングシステムの実装に対して。[27][28]
デニス・リッチー  
1984 ニクラウス・ヴィルト   EULER, ALGOL-W, MODULA, Pascalといった革新的なコンピュータ言語の開発に対して。
1985 リチャード・カープ   ネットワークフローや組合せ最適化問題に関する効率的アルゴリズムの開発、アルゴリズムの効率を判断する基準となる多項式時間の識別など計算理論に関する長年の貢献と、特にNP完全理論への貢献に対して。理論上でも実際上でも与えられた問題の計算複雑度を識別してNP完全かどうかを証明するための方法論はカープが導入し、今日では一般化している。
1986 ジョン・ホップクロフト   アルゴリズムデータ構造の設計と分析における基本的貢献に対して。
ロバート・タージャン  
1987 ジョン・コック コンパイラの開発と理論、大規模システムのアーキテクチャ、RISCの開発における多大なる貢献に対して。
1988 アイバン・サザランド   Sketchpadに始まり、その後も続いた、コンピュータグラフィックスにおける先駆的で先見性のある貢献に対して。
1989 ウィリアム・カハン   数値解析への基礎的貢献に対して。浮動小数点計算における最前線の専門家であり、カハンは「数値計算にとって安全な世界を作ること」に専念した。
1990 フェルナンド・J・コルバト   CTSSMulticsといった汎用で大規模なタイムシェアリング・リソース共有型コンピュータシステムの概念を構築し、開発を導いた先駆的業績に対して
1991 ロビン・ミルナー 3つの明確で完全な業績に対して。1) LCF、Scottの計算可能関数論理の機械化、機械支援証明構築のためのおそらく最初の理論に基づいた実用的なツール、2) ML、多相型推論と型安全な例外処理機構を含む最初の言語、3) CCS、同時実行の一般的な理論。さらに、完全抽象化、すなわち、操作的意味論と叙述的意味論の関係の研究を定式化し、強力に推進した。[29]
1992 バトラー・ランプソン   分散型のパーソナルコンピューティングの環境の発展とそれを実装するための技術(ワークステーションネットワークオペレーティングシステム、プログラミングシステム、ディスプレイセキュリティ文書作成)への貢献に対して。
1993 ユリス・ハルトマニス   計算複雑性理論の分野を確立した独創的な論文に対して。[30]
リチャード・スターンズ  
1994 エドワード・ファイゲンバウム   先駆的な大規模人工知能システムの設計と開発および、人工知能技術の実用性と潜在的価値を広く知らしめたことに対して。[31]
ラジ・レディ  
1995 マヌエル・ブラム   計算複雑性理論の基礎的研究とその暗号およびプログラム検証への応用に関する貢献に対して。[32]
1996 アミール・プヌーリ   計算機科学に時相論理を導入した独創的業績とプログラムやシステムの検証への多大な貢献に対して。[33]
1997 ダグラス・エンゲルバート   対話型コンピューティングの未来を切り開き、それを現実化するのに鍵となる技術を発明したことに対して。[34]
1998 ジム・グレイ   データベースおよびトランザクション処理に関する独創的な研究とシステム実装についての技術的リーダーシップに対して。
1999 フレデリック・ブルックス   コンピュータ・アーキテクチャオペレーティングシステムソフトウェア工学に対する貢献に対して。
2000 アンドリュー・チーチー・ヤオ   計算複雑性理論に基づく擬似乱数暗号理論通信複雑性などの計算理論への基本的貢献に対して。
2001 オルヨハン・ダール プログラミング言語 Simula I と Simula 67 の設計を通してオブジェクト指向プログラミングの基本的なアイデアを生み出したことに対して。
クリステン・ニガード  
2002 ロナルド・リベスト   公開鍵暗号の実用化(RSA暗号)における独創的な貢献に対して。
アディ・シャミア  
レオナルド・エーデルマン  
2003 アラン・ケイ   Smalltalk の開発チームを指導し、現代のオブジェクト指向プログラミングの元となる多くの考えを開拓したことに対して、また、パーソナルコンピューティングへの基礎的貢献に対して。
2004 ヴィントン・サーフ   インターネットの基本通信プロトコルである TCP/IP の開発と実装を含むインターネットワーキングにおける先駆的貢献とネットワーク全般でのリーダーシップに対して。
ロバート・カーン  
2005 ピーター・ナウア   プログラミング言語の設計とALGOL 60の定義、コンパイラの設計、コンピュータプログラミングの技術と実践への基礎的な貢献に対して。
2006 フランシス・E・アレン   現代の最適化コンパイラ (en:Optimizing compiler) と自動並列実行 (en:Automatic parallelization) の基礎を築いた最適化コンパイラ技術の理論と実践への先駆的な貢献に対して。
2007 エドムンド・クラーク   ハードウェア・ソフトウェア産業において広く採用されているモデル検査を極めて効果的な検査技術に発達させた役割に対して。[35]
アレン・エマーソン
ジョセフ・シファキス  
2008 バーバラ・リスコフ   プログラミング言語とシステム設計の実用的・理論的基礎、特にデータ抽象化フォールトトレランス分散コンピューティングへの貢献に対して。
2009 チャック・サッカー   最初の近代的なパーソナルコンピュータであるXerox Altoの先駆的な設計と実現、さらにイーサネットタブレットPCへの貢献に対して。
2010 レスリー・ヴァリアント   probably approximately correct (PAC) 学習の理論、列挙と代数計算の複雑さ、並列分散コンピューティングの理論など、計算理論への革新的貢献に対して。
2011 ジューディア・パール[36]   確率的および因果的推論の算法を発展させたことによる人工知能への基礎的貢献に対して。[37]
2012 シルビオ・ミカリ英語版   暗号の科学のために複雑性理論の基礎を築き、その過程で複雑性理論における数学的証明を効率的に検証するための新しい方法を開拓した変革的な業績に対して。[38]
シャフィ・ゴールドワッサー  
2013 レスリー・ランポート   特に、因果関係や論理クロック、安全性や活性度、複製されたステートマシン、逐次一貫性などの概念の発明など、分散システムや並行システムの理論と実践への基礎的な貢献に対して。[39][40]
2014 マイケル・ストーンブレーカー   現代のデータベースシステムの基本となる概念と実用に対する基礎的な貢献に対して。[41]
2015 マーティン・ヘルマン   現代の暗号技術への基本的な貢献について。Diffie と Hellman の画期的な 1976 年の論文 "New Directions in Cryptography" は、公開鍵暗号とデジタル署名のアイデアを紹介したもので、今日のインターネット上で最も一般的に使用されているセキュリティプロトコルの基礎となっている。[42]
ホイットフィールド・ディフィー  
2016 ティム・バーナーズ=リー   World Wide Web、最初のWebブラウザ、そして Web が今の規模となるための基本的なプロトコルとアルゴリズムを発明したことに対して。[43]
2017 ジョン・ヘネシー   マイクロプロセッサ産業の衝撃に耐えられるように、組織的で定量的な方法を用いてコンピュータ・アーキテクチャの設計と評価を行ったことに対して。[44]
デイビッド・パターソン  
2018 ヨシュア・ベンジオ英語版   ディープニューラルネットワークをコンピューティングにおける重要な要素にした概念的および技術的な躍進に対して。[45]
ジェフリー・ヒントン  
ヤン・ルカン英語版  
2019 エドウィン・キャットマル   3次元コンピュータグラフィックスへの基礎的貢献と、この技術が映画製作やその他のアプリケーションにおける Computer Generated Imagery (CGI) に革命的な影響を与えたことに対して。[46]
パット・ハンラハン英語版  


脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ACM's Turing Award Prize Raised to $1 Million”. ACM press release (2014年11月13日). 2016年4月2日閲覧。
  2. ^ A. M. Turing Award”. ACM. 2016年4月2日閲覧。
  3. ^ Homer, Steven; Alan, L. (2001), Computability and Complexity Theory, Springer via Google Books limited view, pp. 35, ISBN 0-387-95055-9, http://books.google.com/?id=r5kOgS1IB-8C&pg=PA35 2007年11月5日閲覧。 
  4. ^ Dasgupta, Sanjoy; Papadimitriou, Christos; Vazirani, Umesh (2008), Algorithms, McGraw-Hill, ISBN 978-0-07-352340-8 , p. 317.
  5. ^ Steven Geringer (2007年7月27日). “ACM'S Turing Award Prize Raised To $250,000”. ACM press release. 2008年10月16日閲覧。
  6. ^ 受賞者にはハーバート・サイモンなどノーベル賞受賞者が存在している。
  7. ^ 2014年11月3日Googleの後援により受賞者には100万ドルが贈られると発表された
  8. ^ Perlis, A. J. (1967). “The Synthesis of Algorithmic Systems”. Journal of the ACM 14: 1–9. doi:10.1145/321371.321372. 
  9. ^ Wilkes, M. V. (1968). “Computers then and Now”. Journal of the ACM 15: 1–7. doi:10.1145/321439.321440. 
  10. ^ Hamming, R. W. (1969). “One Man's View of Computer Science”. Journal of the ACM 16: 3–12. doi:10.1145/321495.321497. 
  11. ^ Minsky, M. (1970). “Form and Content in Computer Science (1970 ACM turing lecture)”. Journal of the ACM 17 (2): 197–215. doi:10.1145/321574.321575. 
  12. ^ Wilkinson, J. H. (1971). “Some Comments from a Numerical Analyst”. Journal of the ACM 18 (2): 137–147. doi:10.1145/321637.321638. 
  13. ^ McCarthy, J. (1987). “Generality in artificial intelligence”. Communications of the ACM 30 (12): 1030–1035. doi:10.1145/33447.33448. http://www-formal.stanford.edu/jmc/generality.ps. 
  14. ^ Dijkstra, E. W. (1972). “The humble programmer”. Communications of the ACM 15 (10): 859–866. doi:10.1145/355604.361591. 
  15. ^ Bachman, C. W. (1973). “The programmer as navigator”. Communications of the ACM 16 (11): 653–658. doi:10.1145/355611.362534. 
  16. ^ Knuth, D. E. (1974). “Computer programming as an art”. Communications of the ACM 17 (12): 667–673. doi:10.1145/361604.361612. 
  17. ^ Newell, A.; Simon, H. A. (1976). “Computer science as empirical inquiry: Symbols and search”. Communications of the ACM 19 (3): 113. doi:10.1145/360018.360022. 
  18. ^ Rabin, M. O.; Scott, D. (1959). “Finite Automata and Their Decision Problems”. IBM Journal of Research and Development 3 (2): 114. doi:10.1147/rd.32.0114. 
  19. ^ Rabin, M. O. (1977). “Complexity of computations”. Communications of the ACM 20 (9): 625–633. doi:10.1145/359810.359816. 
  20. ^ Scott, D. S. (1977). “Logic and programming languages”. Communications of the ACM 20 (9): 634–641. doi:10.1145/359810.359826. 
  21. ^ Backus, J. (1978). “Can programming be liberated from the von Neumann style?: A functional style and its algebra of programs”. Communications of the ACM 21 (8): 613–641. doi:10.1145/359576.359579. 
  22. ^ Floyd, R. W. (1979). “The paradigms of programming”. Communications of the ACM 22 (8): 455–460. doi:10.1145/359138.359140. http://dl.acm.org/ft_gateway.cfm?id=359140&ftid=289772&dwn=1&CFID=285645736&CFTOKEN=55009136. 
  23. ^ Iverson, K. E. (1980). “Notation as a tool of thought”. Communications of the ACM 23 (8): 444–465. doi:10.1145/358896.358899. 
  24. ^ Hoare, C. A. R. (1981). “The emperor's old clothes”. Communications of the ACM 24 (2): 75–83. doi:10.1145/358549.358561. 
  25. ^ Codd, E. F. (1982). “Relational database: A practical foundation for productivity”. Communications of the ACM 25 (2): 109–117. doi:10.1145/358396.358400. 
  26. ^ Cook, S. A. (1983). “An overview of computational complexity”. Communications of the ACM 26 (6): 400–408. doi:10.1145/358141.358144. 
  27. ^ A.M. Turing Award Laureate - Kenneth Lane Thompson”. amturing.acm.org. 2018年11月4日閲覧。
  28. ^ A.M. Turing Award Laureate - Dennis M. Ritchie”. amturing.acm.org. 2018年11月4日閲覧。
  29. ^ Milner, R. (1993). “Elements of interaction: Turing award lecture”. Communications of the ACM 36: 78–89. doi:10.1145/151233.151240. 
  30. ^ Stearns, R. E. (1994). “Turing Award lecture: It's time to reconsider time”. Communications of the ACM 37 (11): 95–99. doi:10.1145/188280.188379. 
  31. ^ Reddy, R. (1996). “To dream the possible dream”. Communications of the ACM 39 (5): 105–112. doi:10.1145/229459.233436. 
  32. ^ A.M. Turing Award Laureate - Manuel Blum”. amturing.acm.org. 2018年11月4日閲覧。
  33. ^ A.M. Turing Award Laureate - Amir Pnueli”. amturing.acm.org. 2018年11月4日閲覧。
  34. ^ A.M. Turing Award Laureate - Douglas Engelbart”. amturing.acm.org. 2018年11月4日閲覧。
  35. ^ 2007 Turing Award Winners Announced
  36. ^ Pearl, Judea (2011) (mp4). The Mechanization of Causal Inference: A "mini" Turing Test and Beyond. doi:10.1145/1283920.2351636. ISBN 978-1-4503-1049-9. http://dl.acm.org/citation.cfm?id=1283920.2351636 
  37. ^ Judea Pearl”. ACM. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  38. ^ Turing award 2012”. ACM. 2013年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  39. ^ Turing award 2013”. ACM. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  40. ^ Lamport, L. (1978). “Time, clocks, and the ordering of events in a distributed system”. Communications of the ACM 21 (7): 558–565. doi:10.1145/359545.359563. http://research.microsoft.com/users/lamport/pubs/time-clocks.pdf. 
  41. ^ Turing award 2014”. ACM. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  42. ^ Cryptography Pioneers Receive 2015 ACM A.M. Turing Award”. ACM. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  43. ^ Turing award 2016”. ACM. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  44. ^ Pioneers of Modern Computer Architecture Receive ACM A.M. Turing Award”. ACM. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  45. ^ Fathers of the Deep Learning Revolution Receive ACM A.M. Turing Award
  46. ^ Pioneers of Modern Computer Graphics Recognized with ACM A.M. Turing Award

外部リンク編集