メインメニューを開く

チョコレート・デリンジャー』は吾妻ひでおギャグ漫画作品。『月刊プレイコミック』(秋田書店1980年6月号から1982年7月号まで連載された。全26話。

非常識極まりない美少女探偵チョコレート・サンデーと、その助手で人間離れした怪人の三蔵が、さまざまな事件を解決したりしなかったりする。

主な登場人物編集

チョコレート・サンデー
本作の主人公。通称チョコ。私立探偵。「チョコレート・デリンジャー探偵事務所」[1]の所長。得意の武器は、不法所持している36連発のレミントンダブルバレルデリンジャーだが、まともに的に当てたことはない(狙ってないものにはよく当たる)。なお、「36連発」が構造的にありえないことは作中でも突っ込まれているが、チョコ本人は「だってそうなんだもん」の一言で済ませている。非常識かつ自由奔放で、つかみどころのない性格。猟奇殺人が好きで、退屈なときは自分で起こそうとする。事件をまともに捜査・解決したことはほとんどなく、結果的に警察の仕事を増やしてばかりいる。
第1話で皿漫田警察を乗っ取って自分の事務所にしてしまい、しばらく居候を続けていたが、第17話で独立しマンション内に事務所を開く。
三蔵
チョコの助手。常に黒眼鏡をかけた、つるっぱげで背が低く太った中年の怪人。数々の人間離れした能力を持ち、常時謎の行動をとっている。
既婚者で、妻との間に息子と娘が一人ずついる。家庭では常識人で、ごく平凡なサラリーマンを装っている(家族には課長だと説明している)。しかし、ときどき奇行に走っては妻を困惑させている。そっくりの伯父がいる。
エピソードによっては主人公のチョコよりも目立っている[2]
スター・システムで他の吾妻作品にも登場する。
砂苦刑事
皿漫田警察の刑事。本作の突っ込み役。生真面目な常識人で、チョコと三蔵の非常識な言動に日夜悩まされている。ただし、心の奥底ではチョコに好意をもっている様子がある。
第2話で妻がいることが明らかになっているが、作中では登場しない。
ハニー・甘納豆
第21話から登場。私立探偵でチョコのライバル。マンションのチョコの事務所の隣に入居して「ハニー・甘納豆探偵事務所」を開く。チョコを「先輩」とおだてあげながら毒づくなど、やや陰険な性格。チョコとは何かといがみあっているが、趣味や性格はチョコとほとんど同じであり、そのため意気投合することも多い。胸はチョコより少し大きい。愛犬のベスを飼っている。
しっぽがない
第10話以降、何の脈絡もなくしばしば登場する、二本足で歩行するトカゲのような生物。常に先の切れたシッポを前足で抱え、自分のシッポを探している。他の吾妻作品にもしばしば登場する[3]

評価編集

吾妻は本作について、2008年青林工藝舎より単行本が復刻された際の「あとがき」で、「意味判らん」「中身が濃いというより独り善がりで説明不足」「「起」のコマからいきなり「結」のコマに飛んでしまっていて 間の「承」「転」が抜けてしまってるんですな」と評している[4]

映画編集

2007年に男の墓場プロダクション製作、杉作J太郎監督、松本さゆき主演による実写映画化が発表された[5]。吾妻は「杉作さん私は何も期待してませんので好きに作ってね」[6]とコメントしている。その後、2016年になって翌2017年春公開予定と発表された[7]

2017年3月18日ちば映画祭の前夜祭プログラムとして初公開されたが、これは完全版では無い。4月22日より愛媛県松山市のシネマルナティックにて期間限定公開される予定[8]

キャスト編集

単行本編集

  • 吾妻ひでお 『チョコレート・デリンジャー』 秋田書店〈PLAY COMICS SERIES〉、1982年8月。 
  • 吾妻ひでお 『チョコレート・デリンジャー』 青林工藝舎、2008年1月。ISBN 978-4-88379-257-3 

脚注編集

  1. ^ 作中では名前が一定せず、第1話で「チョコレート探偵事務所」、第2話で「チョコデリ探偵社」、第11話で「チョコデリ探偵局」、第17話で「チョコレート・デリンジャー探偵事務所」と表記されている。
  2. ^ 特に第6話・第19話ではチョコの出番がほとんどなく、事実上、三蔵の主演回となっている。
  3. ^ 初出は「るなてっく」第1話(『劇画アリス』1979年10月号)。
  4. ^ 吾妻 2008, p. 238.
  5. ^ 速報!チョコレート・デリンジャー(男の墓場プロダクション、2007年11月27日)。
  6. ^ 吾妻 2008, p. 239.
  7. ^ 苦節9年、杉作J太郎の「チョコデリ」ついに公開へ?主演女優とタイマンイベントも”. 映画ナタリー (2016年11月4日). 2017年2月19日閲覧。
  8. ^ 9年越しで製作した映画がプレミア上映!杉作J太郎描く不条理な世界に観客あ然!?”. シネマトゥデイ (2017年3月19日). 2017年3月19日閲覧。

外部リンク編集