メインメニューを開く

チョッパリ朝鮮語: 쪽발이)とは、朝鮮語日本人の蔑称として用いられる差別用語である。

元々「双蹄」などの意味で使われていた言葉が転じたものであり[1]、「豚足」を語源とするのは誤りである[注 1]韓国では非公式に用いられるのみだが[注 2]北朝鮮では要人の発言やメディアでも用いられる[2]ハングル表記は「쪽발이」が正式な綴りだが、実際の発音に近い「쪽바리」や「쪽빠리」と表記されることも多い[3][注 3]

目次

語源編集

 
『Dictionnaire coréen-français』1880年[注 4]
 
『Korean English dictionary』1897年[注 4]

1880年パリ外国宣教会横浜で出版した韓仏辞典『Dictionnaire coréen-français』に「ᄶᅩᆨ발. Pied à corne divisée en deux.」との記載がある。同じく横浜で出版されたカナダ宣教師ジェームス・ゲイル英語版著の韓英辞典『Korean English dictionary』(1897年)にも「ᄶᅩᆨ발이 A cloven foot.」とあり、日韓併合以前からチョッパリという単語が存在していたことが確認できる。

国立国語院標準国語大辞典には「日本人が足の親指と残りの指を分ける下駄を履くことから来た言葉」とある。
また、慶尚北道方言では口蓋裂[4]江原道方言ではヒトデを意味する[5]

補足編集

在日韓国・朝鮮人に対しての侮蔑語に、「パンチョッパリ반쪽발이)」がある。半分日本人を意味する言葉で、日本贔屓や日本人のような行動をする人に対しても使われていた。また、在日韓国・朝鮮人が日本人と結婚した同胞を揶揄する場合にも用いられた。類義語に差別用語ではないが「キョッポ(교포/僑胞)」がある。

文芸作品編集

  • 小林勝『蹄の割れたもの』(1969年) - 朝鮮で生まれ育った日本人が敗戦を境に「部外者」であることを強く認識して「チョッパリ」という精神的な刑を自らに与えたという内容の短編小説。『チョッパリ-小林勝小説集』(1970年)に収録。
  • 李恢成『半チョッパリ』(1971年) - 帰化問題に葛藤する在日青年を主人公にした短編小説。『砧を打つ女』(1972年)に収録。
  • 西部邁『友情-ある半チョッパリとの四十五年』(2005年)

チョッパリ以外の日本人への蔑称編集

履物に由来するもの
ケダジャク(下駄 - 、게다짝)[注 5][6][7]、チャゲパル(짜개발)[注 6]、タルカッパリ(딸깍발이)[注 7]
倭に由来するもの(小中華思想および中華思想を反映したもの)
倭奴(왜노)、ウェノム(倭 - 、왜놈)、倭人(왜인)、倭賊、倭敵(왜적)、倭女(왜녀)、ウェッチ(倭 - 、왜치)[注 8]、ウェグァンデ(倭 - 、왜광대)[注 9]、倭寇(왜구)
島に由来するもの
島夷(도이) [注 10]、ソムオランケ(島 - 、섬오랑캐)[注 11]
その他
イルボンノム(日本 - 、일본놈)[注 12]、ジェブス(잽스)[注 13]、モンキイ(몽키)[注 14]、ナカムラ(나카무라)[注 15]、バンサヌン(방사능)[注 16]、チョッボン(쪽본)[注 17]、チョッスンイ(쪽숭이)[注 18]、ソムスンイ(섬숭이)[注 19]

参考文献[8]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 似た発音の「족발(足-/チョッパル)」という単語が、豚足料理の名称としてのみ用いられるようになったのは、北朝鮮出身者たちによる豚足料理店の開業が相次いだ1960年代後半以降である。また、北朝鮮での豚足料理の名称は발쪽(パルチョク)である。
  2. ^ 最高瞬間視聴率57.1%、平均視聴率37%(第1部)を記録した2002年~2003年の大河ドラマ「野人時代」では頻繁に用いられた。その影響で大衆にチョッパリの使用頻度が急激に増加したとされる。
  3. ^ 「쪽바리」は辞書や報道記事での使用が確認できる[1]。「쪽빠리」はインターネットの掲示板やコメント欄、SNSなどで見られる誤用。
  4. ^ a b 漢字で「片足」との表記があるが、これは熟語の「片足(かたあし)」ではなく、固有語の「쪽(쪼개の略=割れる、分ける、裂ける)」と「발(足首から先の部分)」の意味をそれぞれ漢字に直したものである。
  5. ^ 「一対の下駄」が語源で、本来は下駄そのものを蔑む用語。また、日本陸軍中尉を揶揄した言葉でもある。(階級章のデザインが下駄型であることから)
  6. ^ チャゲは裂く、割るなどを意味し、パルは足を意味する。
  7. ^ 義烈団の依頼で申采浩が起草した『朝鮮革命宣言』(1923年)に日本人の意味で用いられている。
    •     조선혁명선언. - ウィキソース. "일본 이민의 수입이 해마다 높은 비율로 증가하여 딸각발이 등쌀에 우리 민족은 발 디딜 땅이 없어(日本移民の輸入が毎年高い割合で増加し、タルカッパリに煩わされ、わが民族は足を踏む地もなく)" 
    元来は李氏朝鮮時代の南村(現在の明洞)に住む儒者たちの俗称。(貧しさゆえに、晴天の日でも雨具である木靴を履いて、タッカタッカと音を立てる様子から付けられた。国語学者の李熙昇(イ・ヒスン)が随筆『딸깍발이』(随筆集『벙어리 냉가슴』1956年刊に収録 )で再定義し、教科書にも掲載され広く普及したことにより、近年では清貧な人物の意味で用いられることが多い)
  8. ^ 「치」は、人を表す依存名詞「이」の卑語。
  9. ^ 日本人の役者に対し用いられた。グァンデは芸人、役者などを意味する。
  10. ^ 15世紀の歌集「竜飛御天歌」に記述がある。
  11. ^ 島の野蛮人を意味する。オランケはウリャンカイ(モンゴルの民族集団のひとつ)が語源で、女真(満州民族)に対し用いられた。
  12. ^ 「〜奴、〜野郎」を意味する「〜ノム」が付いた語だが、現代でも蔑称でしか使われてない「ウェノム」(왜노/왜놈)とは違い、主に男性の間で用いられ、「好ましい日本人」、「親しい日本人」などに、蔑称ではない意味合いで使用されることもある。[2][3]
  13. ^ 英語圏における日本人および日系人を指す略称、蔑称である「Jap」のハングル表記。
  14. ^ Monkeyのハングル表記。白人のアジア人に対する差別語「yellow monkey」を日本人への罵倒と解釈したもの。
  15. ^ 日本の苗字「中村」から由来。メディアで悪役日本人の名前が常に「ナカムラ」であるという偏見から。
  16. ^ 放射能のハングル表記。福島第一原子力発電所事故後、日本人への蔑称として使われた。
  17. ^ チョッパリ(쪽발이)+日本(일본)の略語。
  18. ^ チョッパリ(쪽발이)+猿(원숭이)の略語。
  19. ^ 島(섬)+猿(원숭이)の略語。

出典編集

  1. ^ Dictionnaire coréen-français(1880年)パリ外国宣教会著
  2. ^ 조선아시아태평양평화위 미국은 천만군민의 보복일념 알아야 한다朝鮮通信 2017年9月13日
  3. ^ 우리말샘
  4. ^ daum国語辞典
  5. ^ 「협동학습에서 역할분담을 통한 인성계발과 창의력 신장(최종 보고서)」2013학년도 혜성(惠聖)여고 학생창의인성연구회
  6. ^ 北朝鮮の漫画「ケダジャクが泣く」(1987年)の紹介記事朝鮮の今日 2017-06-01
  7. ^ 「ケダジャクが泣く」金星青年出版社2007年版の画像わが民族同士
  8. ^ 国立国語院標準国語大辞典