メインメニューを開く

チョン・ドンファン漢字: 鄭東煥、ハングル정동환ラテン翻字: JUNG Dong-hwan、1949年8月5日 - )は大韓民国全羅北道金堤市出身の俳優歌手のチョン・ユンソンは妻、舞台女優のチョン・ハニは次女である。

チョン ドンファン
정동환
정동환
2010 コリアドラマフェスティバル会場にて(2010年10月2日)
生年月日 (1949-08-05) 1949年8月5日(69歳)
出生地 大韓民国の旗 全羅北道金堤市
国籍 大韓民国の旗 韓国
民族 韓国人
職業 俳優
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
活動期間 1969-
配偶者 チョン・ユンソン(1986- )[1]
著名な家族 チョン・ハニ(次女)[2]
チョン・ドンファン
各種表記
ハングル 정동환
漢字 鄭東煥
発音: チョン・ドンファン
ローマ字 Jung Dong-hwan
テンプレートを表示

目次

経歴編集

経済的に恵まれない家庭の次男として誕生。母親は行商をしながら息子たちを育てたという[3]。母親は学費がかからない神学校への進学を望んでいたが、チョン・ドンファン本人は高校受験に失敗した後、受験勉強のため図書館に行く途中、偶然演劇部の公演を見た事をきっかけにソウル特別市内の中東高等学校の受験を決意した[3]。1965年に同校へ進学して演劇部に入部、1年次から舞台に出演した。同年出演した『日の出』(일출)で、全国男女演劇コンテスト最優秀演技賞を受賞している[3]

卒業後、哲学科への進学を希望したが大学受験に失敗[4]。演劇コンテストで縁のあった劇作家の柳致真유치진)に進路について相談し、翌年ソウル演劇学校(現ソウル芸術大学)に奨学金を得て進学した[4]。在学中の1969年に『見知らぬ男』(낯선 사나이)で舞台デビューした[3]他、ベトナム戦争に従軍した経験も持つ。卒業後の1973年、第6期声優に選ばれてTBCに入社したが演劇との両立に悩み1年で退職。翌1975年に舞台劇『麻衣太子』に出演後、同年秋に日本沖縄県に渡りサトウキビ畑での労働に従事した。以後、沖縄での労働で収入を得、韓国に戻っては舞台に出演するという生活が続いた[5]

1977年、前年に設立された劇団現代劇場に入団し、同劇団が製作した歌手エディット・ピアフの生涯を描いたミュージカル『パダム・パダム・パダム』(빠담빠담빠담)にレイモン・アッソ役で出演した[6]。1978年にはKBS制作の『鵞鳥』(기러기)に出演し、翌1979年に開催された第15回韓国演劇映画テレビ芸術大賞テレビ番組部門新人演技賞(男優)を受賞した[7]。1981年には、イ・マニ이만희)が1965年に制作した映画をキム・スヨン김수용)がリメイクした『晩秋』(만추)に出演し映画界にデビューした[8]

1982年、女優のキム・ユンミとの関係がスキャンダルに発展し、KBSから無期限の出演停止処分を言い渡された。これに伴い出演中であった『風雲』(풍운)と『三姉妹』(세 자매)を中途降板しなければならなくなった[9]。その後アメリカ合衆国に渡り、清掃の仕事をしながらリー・ストラスバーグ演劇学校Lee Strasberg Theatre and Film Institute)に学んだ[5]。留学中、同国在住の友人の紹介で、歌手活動からの引退を宣言し渡米していたチョン・ユンソンと出会い、1986年に結婚している[1]

1984年1月に出演停止処分が解除され[10]、1985年に韓国に帰国、同年制作の『故郷』(고향)と『KBS TV文学館 未明の空』(미명의 하늘)で芸能活動を再開した。

1993年、『オーロラのために』(오로라를 위하여)で第29回百想芸術大賞演劇部門最優秀演技賞(男優)を受賞[11]、1997年には舞台劇『南から来た客』(남에서 오신 손님)に出演し、第21回ソウル演劇祭演技賞を受賞[12]。以後、1999年にヨンヒ演劇賞、2001年にキム・ドンフン演劇賞と演劇の賞を立て続けに受けた[13]。2009年には第19回イ・ヘラン演劇賞を受賞している[3]

2007年パニック障害を発症し、一時期通院しながら仕事をする生活を送ったが、後克服した[4][14]

2013年1月より1年間、SBSの教養番組『よく食べ、よく生きる法』(잘먹고 잘사는 법)の番組進行役を務めた[15]

私生活編集

妻チョン・ユンソンは結婚後主婦業に専念していたが、2013年5月にKBSの音楽番組『コンサート7080』(콘서트 7080)に出演、約30年ぶりに歌手として活動した[1]。夫妻の間には一男二女がある。長男と長女は2013年7月、『よく食べ、よく生きる法』に出演した[16]

出演作品編集

出演作品は個別に脚注がないものについては[17][18][19]による。

演劇編集

映画編集

テレビドラマ編集

脚注編集

  1. ^ a b c 가수 정윤선, 32년 만에 가요 프로그램 출연 (朝鮮語) 聯合ニュース 2013.5.30付記事
  2. ^ [피플 인사이드] 정동환 '연기는 신내림' 천의 얼굴 OK (朝鮮語) 中央日報 2004.10.1付記事
  3. ^ a b c d e 이영래 [Interview]‘이해랑 연극상’ 수상한 중견 배우 정동환 p.1 (朝鮮語) 女性東亜 2009.5月号
  4. ^ a b c 이영래 [Interview]‘이해랑 연극상’ 수상한 중견 배우 정동환 p.2 (朝鮮語) 女性東亜 2009.5月号
  5. ^ a b 문학수 배우 정동환 “나는 연극을 섬기는 광신자… 비웃어도 좋다” (朝鮮語) 京郷新聞 2013.10.30付記事
  6. ^ 윤복희 이어 뮤지컬 ‘빠담빠담빠담’ 출연 추상미 (朝鮮語)
  7. ^ 15回 연극영화 藝術賞 大賞에「행복을 팝니다」3명수상 (朝鮮語) 京郷新聞 1979.4.20 p.5(NAVER内)
  8. ^ 정동환 (朝鮮語) KMDb 2014.1.1 12:59 (UTC) 閲覧
  9. ^ 탤런트鄭東煥·金允美 무기한 出演정지조치 (朝鮮語) 京郷新聞 1982.11.5 p.12(NAVER内)
  10. ^ 放送출연금지 演藝人 규제풀려 (朝鮮語) 京郷新聞 1984.1.20 p.12(NAVER内)
  11. ^ 29회수상자·작품 (朝鮮語) 百想芸術大賞公式サイト 17:09 (UTC) 閲覧
  12. ^ 정재숙 세계연극제 어제 막내려 (朝鮮語) ハンギョレ 1997.10.16 p.
  13. ^ 정동환 (朝鮮語) MBC公式サイト 2014.1.1 17:26 (UTC) 閲覧
  14. ^ 이승녕 “무대 동선 한 발짝 옆이 낭떠러지 같고 잠시 누우면 영영 못 일어날 것 같았다” (朝鮮語) 中央日報 2012.5.27付記事
  15. ^ 박영주 정동환, 40년만에 첫 MC…'잘먹고 잘사는 법' (朝鮮語) newsis.com 2013.1.2付記事
  16. ^ 잘먹고 잘사는 법 572회(13/07/27) (朝鮮語) SBS公式サイト 2014.1.2 09:25 (UTC) 閲覧
  17. ^ 정동환 작품목록 (朝鮮語) daum movie 2014.1.1 12:50 (UTC) 閲覧
  18. ^ 정동환 (朝鮮語) シネ21 2014.1.1 12:54 (UTC) 閲覧
  19. ^ 정동환 (朝鮮語) playdb.co.kr 2014.1.1 13:03 (UTC) 閲覧
  20. ^ 김선주 강하지만 부드러운, 구천 (朝鮮語) オーマイニュース 2005.1.14付記事
  21. ^ 강석운 원작분위기 서정적 영상미로 살려 KBS-2TV'가까운 골짜기' (朝鮮語) ハンギョレ 1991.7.20 p.16(NAVER内)
  22. ^ 梁泳彩 밝아오는 癸酉年…포근한 안방극장 새해연휴 두드릴「휴먼드라마」 (朝鮮語) 東亜日報 1992.12.27 p.9(NAVER内)
  23. ^ 呉光洙 MBC「도전 40代남성 이야기 다룬다 (朝鮮語) 京郷新聞 1994.8.1 p.20(NAVER内)
  24. ^ 金甲植 통일주제 소설「해빙」드라마로 만든다 (朝鮮語) 東亜日報 1995.6.9 p.35(NAVER内)
  25. ^ COLOR カラー 第3話 灰色が美しい理由 シネマート 2014.1.2 11:26 (UTC) 閲覧
  26. ^ 김종태 봄개편 아침드라마"여전히 저속" (朝鮮語) ハンギョレ 1997.2.25 p.21(NAVER内)
  27. ^ 玄泳馥 SBS `백야 3.98' 카메오 연기 두드러져 (朝鮮語) news.naver.com(オリジナル: 聯合ニュース 1998.9.8付記事)
  28. ^ 金和榮 <시사評> SBS 새 드라마스페셜 `승부사' (朝鮮語) news.naver.com(オリジナル: 聯合ニュース 1998.09.12付記事)
  29. ^ 양경미 월화 특별기획드라마「국희」 (朝鮮語) 南道日報 1999.09.27付記事
  30. ^ 『韓国テレビドラマコレクション2014』 キネマ旬報社、キネマ旬報社、東京都、2013年12月27日、初版、441頁。ISBN 978-4-87376-787-1
  31. ^ 김원겸 SG워너비 김용준, 알고보니 연기자 출신 (朝鮮語) star.mt.co.kr(オリジナル: マネートゥデイ 2007.12.3付記事)
  32. ^ 홍정원 ‘파스타’쉐프의 쉐프 등장…‘버럭현욱’과 똑같네 (朝鮮語) 中央日報(オリジナル: newsen 2010.2.24付記事)

外部リンク編集