チョークスラムChokeslam)は、プロレス技の一種である。日本名は喉輪落とし(のどわおとし)。

ケインによるチョークスラム。

概要編集

対戦相手の首(喉元)を片手で正面からつかみ(相撲喉輪の状態)、もう片方の腕を添えてそのまま相手を上方へ持ち上げ、背面からマットや地面に落とす。相手が弧を描くように落とすタイプ(田上明など)、持ち上げたところからまっすぐに下方へ落とすタイプ(アメリカ人レスラーに多い)がある。

得意技にしている田上明の場合は相手の喉を掴んだ右手を最後まで離さないのが特徴である。外国人レスラーは相手を落とす途中で相手の喉を掴んでいた右手を離す投げっ放し式(ホイップ式)を使用するレスラーが多い。

基本的にチョークスラムと喉輪落としは同一技であるが相手の喉を掴んでいた右手を離すタイミングで両者を区別する見方もある。この場合は相手を落とす途中で相手の喉を掴んでいた右手を離すのをチョーク・スラム、田上のように相手を落とすまで相手の喉を右手で掴んでいるのを喉輪落とし。

カタカナ名の「チョーク」とは英語で「喉を絞める」という意味でプロレス用語では気管を絞める反則行為を指す。相手の首を掴み、投げるのでチョーク・スラムと呼ばれるが投げるため、喉元を掴んでいるだけであり、実際に首を絞めているわけではない。ただし、使い手によっては喉を絞めてから仕掛ける場合もある。

応用技としてリングに背を向ける格好で相手をコーナー最上段に座らせて仕掛ける雪崩式、走ってきた相手に仕掛けるカウンター式、首の後ろをつかんで顔面から落とすリバース式がある。

創始者編集

チョークスラムの起源は、輪島大士のオリジナル技であるアームボンバー(ラリアット落とし)を後に田上明がラリアット部分を喉輪に変化させたものとする説、シッド・ビシャスのオリジナル技であるビシャス・バスターとする説が存在していた。実説はポール・ヘイマンECWの巨漢レスラーである911(アル・ポーリングen:911 (wrestler))のために開発された。田上明はアームボンバーからヒントを得たことを認めており、少なくとも日本マットにおいては輪島をヒントに改良した田上が元祖と言って差しつかえ無い[1]

主な使用者編集

派生技編集

ジャイアント・チョークスラム(通称:プロレス界最大級のチョークスラム)編集

プロレス界一番の巨体を誇るビッグ・ショー が「ザ・ジャイアント」時代に開発した唯一無二の必殺技。プロレス史上、最高高度(240㎝)まで持ち上げられて、最も滞空時間(3秒半)が長く、腕に体重(193㎏)を乗せて膝をつくように落とされるため、プロレス界の投げ技の中では、群を抜いてトップレベルの破壊力。現在は危険すぎてほとんど使用されておらず、封印状態にあって、晩年は通常版のチョークスラムを使用するようになった。ちなみに、プロレスゲームソフト「ファイヤープロレスリングワールド」 でも、このジャイアント・チョークスラムが解禁、使用できる。

スカイハイ・チョークスラム編集

【使用者】ベイダーがノア参戦後に考案した技。
自分の片腕を相手の股下を通してから喉を掴む。このとき、相手片足の腿は自分の片肩へ乗せる。これにより、通常の喉輪落としよりも高く抱え上げる事が出来る。ここ一番では、相手をコーナー最上段に据えた状態から繰り出す。コーナーに据えた状態から落とすのはイーグル沢井のイーグル・キャノン・ボムも同型である。

ランニング・チョークスラム編集

【使用者】大鷲透の得意技。
相手を持ち上げた後、助走を付けながら相手を叩き落とすもの。

喉輪バスター編集

【使用者】泉田純至が考案した技。
喉輪の体勢から相手の足を足払いの様に払い、背面からマットへ倒す技。STOに喉輪を応用した技。

オレが田上編集

【使用者】田上明のオリジナル技。
アトミック・ドロップの体勢で相手を高々と持ち上げた後にノド輪落としでマットに叩き付ける技。重力との効果が相まって強烈なダメージを与える。この後にさらに起き上がりこぼし形式でノド輪落としを繰り出すこともある。
三沢の持つGHCヘビー級王座に照準を合わせ開発された技。当初田上は「エメラルドフロート」と名づけたが、三沢の必殺技エメラルド・フロウジョンのパクリであることから、三沢から抗議を受け、エメラルドフロートルビーフロージョン秩父セメント(三沢が命名)→コンクリ固めと変化していき、最終的に王座挑戦前日にオレが田上に決定した。

秩父セメント編集

【使用者】田上明のオリジナル技。
ブレーンバスターの体勢で真上に持ち上げた後にノド輪落としでマットに叩き付ける技。
小橋の持つGHCヘビー級王座に照準を合わせ開発された技。長身を生かした強力な技で、のどを押さえられているため受身が非常に取り辛い。なお、この技名はオレが田上の技名が未定であったときに三沢が名づけた名前であり、利用した形になっている。由来は田上の出身地から。

つくば薪割り編集

【使用者】田上明のオリジナル技。
ロープの反動を使ったのど輪落とし+柔道の払巻込の複合技。
巨漢レスラー対策に編み出された。2005年の森嶋とのGHCヘビー級選手権で初公開、この技で3カウントを奪っている。

轟天(ごうてん)編集

【使用者】樋口和貞のオリジナル技。
カナディアン・バックブリーカーで相手を右肩に担ぎ上げ、真下に落とすと同時に喉元を右手で掴み、後頭部からマットに叩きつける変形チョークスラム。技名は特撮映画「海底軍艦」に登場する轟天号に由来。樋口の代名詞的フィニッシャー。

アイアンクロー・スラム編集

【使用者】ブル・ブキャナンが「アイアン・ボム」の名称で使用する他、バイソン・スミスグレート-O-カーンなどが使用する。グレート-O-カーンは「エリニネータースラム」の名称で使用し、スミスは雪崩式のものを「バイソン・ボム」の名称で使用することもある。
アイアンクローに捉えた相手をチョークスラムのように持ち上げて背面から叩きつける。

アメイズインパクト編集

【使用者】森嶋猛のオリジナル技。ノア移籍後しばらく必殺技にしていた。
チョークスラムとは表裏逆向きで捕まえ、相手を持ち上げて顔面側からマットに叩きつける。

ミラクルエクスタシー編集

【使用者】MEN'Sテイオーのオリジナル技で大石真翔も使用する。
チョークスラムのように持ち上げてパワーボムの形で落とす技。

グラネード編集

【使用者】バッドラック・ファレの得意技。
チョークスラムの体勢で相手を持ち上げ、サモアンスパイクの形で相手の喉元を親指で突き、叩きつける。

シットダウン・サイド・チョークスラム編集

チョークスラムの体勢で相手を抱え上げたあと体を軽くジャンプさせつつ両足を前に投げ出して尻餅をつく形で着地すると同時に相手の背中を自分の右サイドへと叩きつける

砲丸投げスラム編集

ビッグR清水のオリジナル技。
相手の喉元を掴んだ状態から砲丸投げの構えを取り、高々と相手を担ぎ上げ、前方へ大きく倒れこむ様にして相手をマットに叩きつけるハイアングル式チョークスラム。
現在の清水のフィニッシャー。

返し方編集

チョーク・スラムを仕掛けられた場合に対するカウンターとして以下のようなパターンがある。

  • 強引に喉輪を手で外して脱出する。この場合は相手と同等か、それ以上の怪力を必要とする。
  • 相手の腹部(ルール上許されるなら下腹部)を蹴り上げて脱出する。サミングを使って脱出する場合もある。
  • 反対に相手にチョーク・スラムを仕掛ける(この場合は両者の、うち先に相手の喉を放した方がチョーク・スラムを受けることになる)。
  • 投げられる直前、相手に引き込まれた際に隙を付いて相手の後頭部にエルボーを連打して脱出する。
  • 投げ上げられた瞬間、相手の腕を取り、腕ひしぎ逆十字固めで反撃する。
  • 投げ上げられた瞬間、相手の頭部を取り、DDTエース・クラッシャーダイヤモンド・カッタースタナーで反撃する。
  • 投げ落とされる瞬間、相手の足元に滑り込み、その勢いを利用してスクールボーイなどでフォールを奪う。
  • 投げ落とされる瞬間、相手の首や腕を掴み、スモール・パッケージ・ホールドなどでフォールを奪う。
  • 掴みあげられた瞬間、後転宙返りして脱出する。
  • 掴みあげられた瞬間、相手の腕を抱えてアームドラッグのように相手を投げる。

アームボンバー編集

アームボンバーArm Bomber)は、プロレス技の一種である。喉輪落としとは異なる技であるが、日本においては、後に喉輪落としが生まれるきっかけになった技である。

概要編集

輪島大士のオリジナル技。向かい合った相手の首に左腕の肘の内側を絡めて、体を浴びせかけて相手の後頭部や背中をマットに叩きつける。

輪島が利き腕である黄金の左腕で使用した場合はゴールデン・アームボンバーという名称となり、輪島以外のレスラーが使用する場合もしくは輪島が右腕で使用する場合はアームボンバーとなる。

輪島が相撲技の喉輪かち上げを合体して開発したといわれて当初は片手で相手を捕らえて相手の背中を叩きつけるものだった(日本名は黄金斧爆弾)。日本デビュー2戦目からは揺さぶりを加えて使うようになり(当初は「ゴールデン・アームボンバーII」、日本名は2段式首折り)、結局それが正調なゴールデン・アームボンバーとして定着した。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『四天王プロレスFILE』週刊プロレス増刊(2008年)ベースボール・マガジン社