メインメニューを開く
チラン海峡

チラン海峡(チランかいきょう)は、アカバ湾紅海の境界にある海峡シナイ半島先端部とアラビア半島北西部との間にある。海峡の中央部にはチラン島があり、海峡の幅は8km。

中東戦争においては、エジプトなどによって海峡封鎖が行われ、イスラエル船舶の通航が不能の時期があった。第四次中東戦争後はエジプト・イスラエル平和条約が結ばれ、シナイ半島駐留多国籍軍監視団の監視により、自由通航が行われている。

エジプト領海内は、エジプト・シナイ半島のリゾート地シャルム・エル・シェイクから、日帰りで出かけられるダイナミックなダイビング・ポイントとしても有名である。

サウジのサルマン国王は2016年4月、エジプトのシシ大統領と会談し、エジプトに対する経済支援の一環として、40億ドルを投じてチラン島を経由する橋を架けることを表明した[1]。この会談でエジプト政府がチラン、サナフィル両島の領有権がサウジにあると表明したことに対して、エジプト国内では抗議デモが発生した[2]

脚注編集

関連項目編集