メインメニューを開く

歴史編集

 
チリ陸軍士官学校(2014年9月19日)
 
チリ陸軍の将校

1810年12月2日ホセ・ミゲル・カレーラが指導したサンティアゴ・デ・チレの自治政府国民会議のもと陸軍が創設された。陸軍は初代司令官カレーラやホセ・デ・サン・マルティンベルナルド・オイギンスらに率いられてスペイン王党派に対して独立戦争を戦った。独立を勝ち取りチリ共和国が成立した後に、オイギンスは軍を再編成するため1817年に陸軍士官学校を設立した。チリ解放後、チリ陸軍はアンデス軍を辞して司令官となったサン・マルティン将軍に率いられ、王党派の支配していたペルーの首都リマを解放した。その後、周辺諸国の革命、1836年から行われたペルー・ボリビア連合との連合戦争スペイン語版英語版アラウカニア制圧作戦太平洋戦争のほか、1891年のチリ内戦に関わった。

19世紀末からはドイツ軍の指導を受け[1]、その時に築かれた伝統を長く保ち続けたことから「世界最後のプロイセン軍」とも呼ばれた[2][3]1973年には陸軍総司令官アウグスト・ピノチェトによるチリ・クーデターを支えて軍事政権時代を経て現在にいたる。

2018年10月18日サンティアゴで発生したチリ暴動に伴い陸軍が出動。市内に数千人の兵士と戦車が配備されて治安維持にあたった。市街地に陸軍が展開する事態は、1990年にアウグスト・ピノチェト独裁政権が崩壊して以来の出来事となった[4]

組織編集

首都サンティアゴに陸軍本部が置かれ、6個師団をそれぞれ軍管区として割り振り、区域内の防衛警備を担当する。他にランカグアに航空旅団、コリナに特殊作戦旅団、後方支援師団がある。2009年時点で現役兵約45,000人、(内徴集兵12,700人)が所属。

 
チリ軍の編成
  • 陸軍総司令部(Comandancia en Jefe del Ejército)の下、以下の職位・組織がある。
    • 陸軍官房(Secretaría General del Ejército)
    • 陸軍会計監査部(Contraloría General del Ejército)
    • 陸軍監査部(Auditoría General del Ejército)
    • 軍事調査研究センター(Centro de Estudios e Investigaciones Militares)
  • 陸軍参謀本部(Estado Mayor General del Ejército)
    • 人事局(Dirección de Personal)
    • 情報局(Dirección de Inteligencia)
      • 軍保安グループ(Agrupación de Seguridad Militar)
    • 作戦局(Dirección de Operaciones)
    • 兵站局(Dirección de Logística)
    • 開発管理局(Dirección de Gestión y Desarrollo)
    • 技術開発局(Dirección de Desarrollo Tecnológico)
    • 会計局(Dirección de Finanzas)
    • 駐ワシントン・チリ武官(Misión Militar de Chile en Washington) 在ワシントンD.C.

地上作戦軍編集

教義研究集団編集

  • 教義研究集団(Comando de Institutos y Doctrina) 司令部:サンティアゴ
    • 教義部(División Doctrina)
    • 教育部(División de Educación)
    • 学校部(División Escuelas)
      • チリ陸軍大学校(Academia de Guerra del Ejército de Chile)
      • 陸軍士官学校(Academia Politécnica Militar)
      • リベルタドール・ベルナルド・オイギンス学校(Escuela Militar del Libertador Bernardo O´Higgins)
      • チリ陸軍下士官学校(Escuela de Suboficiales del Ejército de Chile)
      • 歩兵学校(Escuela de Infantería)
      • 機甲騎兵学校(Escuela de Caballería Blindada) 在ポソ・アルモンテ(Pozo Almonte)
      • 砲兵学校(Escuela de Artillería) 在リナレス(Linares)
      • 工兵学校(Escuela de Ingenieros)
      • 電気通信学校(Escuela de Telecomunicaciones)
      • 山岳戦学校(Escuela de Montaña) 在アンデス山脈
      • 体育・業務学校(Escuela de los Servicios y Educación Física)
      • 語学学校(Escuela de Idiomas)
      • 諜報学校(Escuela de Inteligencia)

部隊支援集団編集

  • 部隊支援集団(Comando de Apoyo a la Fuerza) 司令部:サンティアゴ
    • 後方支援師団 司令部:サンティアゴ
    • 技術司令部(Comando de Ingenieros)
      • 技術本部(Jefatura de Ingenieros)
      • 軍部隊業務本部(Jefatura del Cuerpo Militar de Trabajo)
    • 電気通信司令部(Comando de Telecomunicaciones)
      • 通信本部(Jefatura de Comunicaciones)
      • 電子戦本部(Jefatura de Guerra Electrónica)
      • 情報処理本部(Jefatura de Informática)
    • 基礎設備司令部(Comando de Infraestructura)
      • 所有権本部(Jefatura de Propiedades)
      • 建設本部(Jefatura de Construcciones)
    • 軍事産業監督司令部(Comando de Industria Militar e Ingeniería)
      • 兵器廠(Fábrica de Armas)
      • 軍事地理機関(Instituto Geográfico Militar)
      • 測地調査統制機関(Instituto Geogrde Investigación y Control)

その他の部隊・機関編集

  • 陸軍駐屯司令部(Comando de la Guarnición de Ejército) 司令部:サンティアゴ
    • 第1機甲騎兵連隊(Regimiento de Caballería Blindada N° 1) 在キリジョタ(Quillota)
    • サンティアゴ第1憲兵連隊(Regimiento de Policía Militar N° 1 Santiago)
  • 管理支援司令部(Comando de Apoyo Administrativo)
    • 補助本部(Jefatura Asistencial)
    • 保養本部(Jefatura Recreacional)
    • 住宅用途貯蓄本部(Jefatura de Ahorro para la Vivienda)
    • 住居本部(Jefatura Habitacional)
  • 陸軍衛生司令部(Comando de Salud del Ejército)
    • サンティアゴ軍病院(Hospital Militar de Santiago)
    • 北部軍病院(Hospital Militar del Norte) 在アントファガスタ
    • 第1第2レベル保健施設本部(Jefatura de Instalaciones de Salud de 1° y 2° Nivel)
    • 健康基金管理執行本部(Jefatura Ejecutiva de Administración de los Fondos de Salud)
    • 陸軍歯科センター(Central Odontológica del Ejército)
    • 児童リハビリテーションセンター(Centro de Rehabilitación Infantil)

装備編集

車両編集

戦車編集

 
レオパルト2戦車

装輪車編集

装軌車編集

火器編集

小火器編集

 
MG3を手にした陸軍兵士

火砲編集

誘導弾・ロケット編集

航空機編集

 
CASA12

階級編集

日本語 スペイン語 NATO階級符号
士官
陸軍大将 General de Ejército OF-9 
陸軍中将 General de División OF-8
陸軍少将 General de Brigada OF-7  
陸軍代将[6] Brigadier OF-6
陸軍大佐 Coronel OF-5 
陸軍中佐 Teniente Coronel OF-4
陸軍少佐 Mayor OF-3 
陸軍大尉 Capitán OF-2 
陸軍中尉 Teniente OF-1
陸軍少尉 Subteniente OF-1
陸軍士官候補生 Alferez OF-D
後期士官学生 Subalferez WO
前期士官学生 Cadete WO
准士官および下士官
陸軍准尉 Suboficial Mayor OR-9
陸軍曹長 Suboficial OR-8
陸軍軍曹 Sargento 1° OR-6
陸軍伍長 Sargento 2° OR-5
兵卒
陸軍兵長 Cabo 1° OR-4 
陸軍上等兵 Cabo 2° OR-3 
陸軍一等兵 Cabo OR-2 
陸軍二等兵 Soldado OR-1 

備考編集

最近まで、銅輸出金額の10%を国防省に納付する制度銅機密法(Ley13196)という世界的に珍しい法が存在しており、銅機密法によって軍の近代化を進められた[7]

脚注編集

  1. ^ Resende-Santos, Joao (2007). Neorealism, States, and the Modern Mass Army. New York: Cambridge University Press. ISBN 978 - 0 - 521 - 86948 - 5. p.128
  2. ^ Christian, Shirley (14 November 1987). "Buenos Aires Journal; Timerman, Stranger in Two More Strange Lands". The New York Times.
  3. ^ NATHANIEL C. NASH (JAN 26 1992). "Chile's Army Stands Tall, and Casts a Shadow". The New York Times.
  4. ^ チリ暴動、工場放火で5人死亡 地下鉄運賃値上げめぐり”. BBC (2019年10月21日). 2019年11月5日閲覧。
  5. ^ Ejercito de Chile (Cifras & Equipos)
  6. ^ 佐官扱いであり、古参の大佐の名誉階級。
  7. ^ チリ政府、銅機密法を廃止する法案を議会に提出”. 石油天然ガス・金属鉱物資源機構. 2019年11月5日閲覧。

参考文献編集

  • Christopher Langton,The Military Balance 2007, Routledge

関連項目編集

外部リンク編集