メインメニューを開く

チルド英語: chilled)は、冷却されること。「冷やす」を意味する英語動詞‘‘chill’’の過去分詞である。

食品・飲料のチルド編集

食品飲料のチルドは、凍結寸前の温度まで冷却して保存すること。

凍結状態の冷凍、半凍結・微凍結状態のパーシャルとは区別される。チルドは低温での冷蔵であるが、冷蔵と区別することもある。

冷蔵庫のチルド室は、英語圏ではそのような言い方はあまりしない。冷蔵室 (refrigerator)、冷凍室 (freezer) に対し、室 (meats) と言うのが普通である。

鮮度の低下は温度が低いほど少なくなるが、冷凍してしまっては解凍時に品質が落ちるため、チルドが鮮度を保つのに最も適した温度だと言われる。

温度の定義にはいくつかあるが、

  • JAS法(食品保存基準)では、5 以下。なお、冷蔵は10 ℃以下。
  • JIS 9607(冷蔵庫の規格)では、0 ℃付近。なお、氷温はマイナス1 ℃付近、パーシャルはマイナス3 ℃付近。

と定められている。

日本郵便や多くの宅配便会社は、チルド便の温度を0 ℃ - 5 ℃としている。

多くのチルド製品(チルド飲料チルド食品)メーカーは、チルド製品を、製造から販売まで0 ℃ - 10 ℃の温度で管理されている製品としている。また、保存が低温であるだけでなく、加熱殺菌をしなかったり、しても低温殺菌だったりすることが多い。

冷凍冷蔵設備編集

スーパーコンビニなどのショーケース(要冷蔵食品用)を指して、チルドケース、または略してチルドと呼ぶことがある。

その他のチルド編集