紋章 地図
(クローナハ郡の位置)
Wappen von Tschirn Lage des Landkreises Kronach in Deutschland
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: オーバーフランケン行政管区
郡: クローナハ郡
緯度経度: 北緯50度23分 東経11度26分
標高: 海抜 598 m
面積: 20.13 km²
人口:

516人(2018年12月31日現在) [1]

人口密度: 26 人/km²
郵便場号: 96367
市外局番: 09268
ナンバープレート: KC
自治体コード: 09 4 76 182
行政庁舎の住所 Schulweg 8
96367 Tschirn
ウェブサイト: www.tschirn-online.de
首長: ペーター・クリンガー (Peter Klinger) (CSU)
郡内の位置
Tschirn in KC.svg

チルン (Tschirn)は、ドイツ バイエルン州 オーバーフランケン行政管区クローナハ郡に属する自治体で、トイシュニッツ行政共同体を形成している。

地理編集

チルンは、クローナハ郡の北部、フランケンヴァルト自然公園内に位置している。

自治体の構成編集

 
チルンの町並みと教会

この町は、公式には3つの地区 (Ort) からなる[2]。このうち孤立農場などを除く集落は、首邑のチルンだけである。

ゲマインデシュナイトミューレ(「村の製材用水車」の意)はチルナー・ケーデル川の渓谷に位置する。ここは、住宅、倉庫、製材所から成っていた。ここでは最後まで木材加工を行っていた。1980年代にマウトハウス・ダムができた後に取り壊されてしまった。取り壊しの主な理由は、この場所が飲料水取水地保護区内にあったためである。この地区の住人は、チルン地区に移された。

歴史編集

チルンは1276年に「Gut Tschirn」として文献に初めて現れる。

行政編集

議会編集

チルンの議会は兼任の首長を含めて8議席である

紋章編集

紋章の図柄:青と金色に上下に分けられる。上部は銀色の衣を着て、金色の光輪をもつ聖ヤーコプの胸像が描かれている。彼は、右手に金の巡礼杖、左手に金の十字架を持っている。胸には、赤いイタヤガイ(ドイツ名を直訳すると「巡礼者の貝」となる)がついている。下部は2本の根を張った黒い針葉樹が並んで描かれている。

 
聖ヤーコプスス教会

経済と社会基盤編集

地元企業編集

引用編集

参考文献編集

  • Pfadenhauer, Rudolf (Hrsg.), Tschirn im Frankenwald. Eine Gemeinde erinnert sich 1276 - 2001. ISBN 3-000-08814-8

この記事はドイツ語版記事を抄訳したものです。上記の文献はドイツ語版の参考文献として挙げられていたものであり、日本語版作成に際して直接参照してはおりません。

外部リンク編集