メインメニューを開く

チングディ湾(バスク語: Txingudiko badia, スペイン語: Bahía de Chingudi, フランス語: Baie de Chingoudy)は、イベリア半島北部を流れるビダソア川の最下流部、スペインフランスの国境にある大西洋ビスケー湾に面している。

チングディ湾
Bidasoa ibaiaren ahoa.jpg
河口・合流先 ビスケー湾大西洋
テンプレートを表示

地理編集

ビダソア川は下流部でスペインフランスの自然的国境を形成しており、チングディ湾の西側(左岸側)はスペイン領土、東側(右岸側)はフランス領土である。スペイン側にはバスク自治州ギプスコア県イルンオンダリビア、フランス側にはヌーヴェル=アキテーヌ地域圏ピレネー=アトランティック県アンダイエがあり、これらの自治体はチングディ湾とビダソア川を挟んで国境を越えた都市圏を形成している。また、フランスのバイヨンヌからスペインのサン・セバスティアンまでの自治体で構成されるユーロシテ(広域地域圏)にも巻き込まれている。

オンダリビアのチングディ湾岸にはサン・セバスティアン空港があり、滑走路の末端部のすぐ先が国境となっている。チングディ湾は野鳥観察のための重要な地域であり[1]、自然保護区となっている。

脚注編集

  1. ^ José Antonio Montero, Eduardo de Juana Aranzana, Fernando Barrio (2006). Where to watch birds in Spain: the 100 best sites. バルセロナ: リンクス出版(Lynx Edicions). ISBN 9788496553040.

外部リンク編集