メインメニューを開く

チ・ン・ピ・ラ

チ・ン・ピ・ラ』は、1984年に公開された日本の映画。カラー・102分。川島透監督。主演は柴田恭兵ジョニー大倉。本物のヤクザになる訳でもなく毎日を自由気ままに生きていくチンピラ2人の苦悩・友情を描いた作品。

チ・ン・ピ・ラ
監督 川島透
脚本 金子正次
製作 増田久雄
日枝久
出演者 柴田恭兵
ジョニー大倉
音楽 宮本光雄
撮影 川越道彦
編集 高島健一
配給 東宝
公開 日本の旗 1984年11月17日
上映時間 102分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 5億円[1]
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

競馬のノミ屋で生活しているチンピラの洋一(柴田恭兵)と道夫(ジョニー大倉)。ある日洋一は、仲間が伊藤会の組員ともめたことがきっかけで、親分格の大谷(川地民夫)から盃をもらって正式にヤクザになることを薦められる。チンピラからケジメをつけたいという洋一だったが、一方で兄貴分の道夫を差し置いて誘われたことに複雑な心境でもあった。その頃、洋一の預かっていたシャブがきっかけで、裕子(高樹沙耶)、道夫の運命の歯車が動き始める。

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ 「1984年邦画4社<封切配収ベスト作品>」、『キネマ旬報1985年昭和60年)2月下旬号、キネマ旬報社1985年、 120頁。
  2. ^ 週刊東洋経済』1986年8月2日号、122頁。

関連項目編集

外部リンク編集