チーズ鱈(チーズたら)およびチータラは、株式会社なとりから発売されているおつまみで、商標登録されている。

チーズ鱈編集

チーズ鱈とはシート状にしたタラすり身チーズを挟んだおつまみで、なとりから1982年に発売された[1]。形状は細長い棒状のものを基本とし、他に少し太くて短い短冊状のものや、小さい正方形のものがある[2]

当初の価格は300円で、全国の大手スーパーマーケットを中心に流通し、三菱総合研究所が発表した1982年の「成長消費財トップ20」では新商品部門の1位となった[3]。発売から2年後には埼玉に工場を新設するほどの大ヒット商品となり、1987年には商標登録された[3]

商品の開発に当たっては、当初はチーズにイカを合わせた商品を考えていたものの、チーズの常温保存のために必要な脱酸素剤がイカの変色を促進してしまうことなどから、タラに変更された[4]

2015年2月には、日本食糧新聞社が制定する第33回食品ヒット大賞の「ロングセラー賞」を受賞した[5]

チータラ編集

1988年に商標登録された[6]。 チーズ鱈では原材料のすり身がタラのみであるのに対し、チータラではホッケなどのタラ以外の魚肉も使用されている[7]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 40周年を迎えた『チーズ鱈』 コロナ禍でも成長を続ける“おつまみ”の役割とその変化の変遷”. 岩手日報 (2022年3月10日). 2022年3月10日閲覧。
  2. ^ 珍味とおつまみは違う 「チーズ鱈」進化の四半世紀”. 日経電子版 (2019年12月10日). 2022年3月10日閲覧。
  3. ^ a b チーズ鱈 ニッポン・ロングセラー考”. COMZINE by NTTコムウェア (2012年10月号). 2022年3月11日閲覧。
  4. ^ 実はイカだった珍味「チーズ鱈」 定番断念し大ヒット”. 日経電子版 (2019年12月3日). 2022年3月10日閲覧。
  5. ^ 第33回食品ヒット大賞”. 日本食糧新聞社. 2022年3月11日閲覧。
  6. ^ 登録2099820”. JPlat-Pat. 2022年3月20日閲覧。
  7. ^ 別物?「チーズ鱈」と「チータラ」の違い”. デイリーポータルZ (2013年1月28日). 2022年3月10日閲覧。

外部リンク編集