メインメニューを開く

チーム★アメリカ/ワールドポリス

チーム★アメリカ/ワールドポリス』(Team America: World Police)は、2004年に公開された、『サウスパーク』を製作したトレイ・パーカーマット・ストーンによる人形劇での政治風刺映画である。

チーム★アメリカ/ワールドポリス
Team America: World Police
監督 トレイ・パーカー
脚本 トレイ・パーカー
マット・ストーン
パム・ブラディ
製作 スコット・ルーディン
トレイ・パーカー
マット・ストーン
製作総指揮 アン・ガレフィーノ
スコット・アヴァーサノ
出演者 トレイ・パーカー
マット・ストーン
クリステン・ミラー
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
撮影 ビル・ポープ
編集 トム・ヴォグト
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年10月15日
日本の旗 2005年7月30日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $30,000,000[1]
興行収入 $50,907,422[1] 世界の旗
$32,786,074[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

国際警察「チームアメリカ」の過激な活躍を描く。精巧に作られたセットを背景に、温かみのあるパペットを用いながらも、パペットによるセックスシーン、徹底したスカトロジー表現、ブラックなギャグ、パロディを満載し、著名なリベラル系のハリウッド映画人から政界人、アメリカの対テロ戦争など、ありとあらゆる人物を笑い飛ばした問題作である。パペット同士があらゆる体位を試すシークエンス[2]、人形の首がもげるなどの残酷描写や、放送禁止用語が多かったことでも有名。R-18指定作品。

ストーリー編集

国際警察「チーム・アメリカ」の活躍により、パリに潜む邪悪なアラブ人テロリスト達はパリの街もろとも撲滅されたものの、だがしかし仲間全員のうちカールソンがリサにプロポーズしている時に、まだやられていなかったアラブ人テロリスト一人にやっつけられてしまい、そのテロリストは後の仲間がやっつけたもののカールソンは殉職してしまい、リサは凄く悲しんでしまう。さらに北朝鮮総書記である金正日が大量破壊兵器をテロリストたちに売りさばこうとしているとの情報をキャッチした仲間たちは、ブロードウェイ俳優ゲイリーをリクルートし、おとり捜査の実行を計画する為にゲイリーをアラブ人テロリストような整形手術して、エジプトの首都カイロへテロリスト退治へ向かい、ゲイリーのおかげで大成功で終わったと言い、スポッツウッドがいった通り夜に皆でカクテルパーティーを実施する。その時に展望していたゲイリーへリサが来たと言い、ゲイリーが二人の愛を誓うと約束すると、二人の間でセックスになる。しかし、ゲイリーはチームアメリカに入らないと言って、その場を離れて仕舞うが、しかしチームアメリカが金正日の手によって倒されてしまい、全員拉致されてしまう。これを知ることなくゲイリーは居酒屋を飲み、その最中にそこの客からの話を聞くとゲロを吐きかけて店の人に出て行かされ、その店の外で叫ぶとそこの近くに住んでる人に怒鳴られ、さらにさっき吐きかけたゲロを長時間吐きまくってしまい、この時に前述の金正日の手によって倒されてしまった4人は人質に取られたどころかリンチにあい、ただしリサだけは金正日の前でいてる事になり、その後で前述の仲間やられてしまった事を知ったゲイリーは、今度こそチームアメリカの一員をすると決め、この話を教えて頂いたスポッツウッドと厳しいトレーニングに励み、仲間を救うために金正日の野望に立ち向かい、仲間の救出に成功したと同時にさらにこの時に、金正日が世界征服の計画で世界平和の祭典と称して、世界中の国々全ての君主や元主などと言ったそう言う人々を招いて、自国の素敵な踊りを見せるイベントを有名な俳優の手を、たくさん借りてまでも行ったが、金正日の野望の為に行ってるから金正日は、世界中に仕掛けた大量破壊兵器のカウントダウンスイッチを入れたが、チームアメリカの手によってこのイベントは失敗に終わり、金正日もリサに隙を狙われてまでも倒されてしまい、ゲイリーもリサを救うと同時に大量破壊兵器のカウントダウンスイッチを止め、さらに金正日の口からゴキブリになった金正日が出て来て「覚えてろ!」とか言って宇宙船で逃げ出し、こうしてチームアメリカは今度は平壌を本拠地に活動するのであった。

キャスト編集

役名 原語版声優 日本語吹替
ゲイリー トレイ・パーカー 森川智之
リサ クリステン・ミラー 日野由利加
クリス マット・ストーン 小山力也
サラ マササ 高乃麗
ジョー トレイ・パーカー 堀内賢雄
スポッツウッド ダラン・ノリス 長克巳
金正日 トレイ・パーカー 松尾貴史
アレック・ボールドウィン モーリス・ラマーシュ 乃村健次
ティム・ロビンス トレイ・パーカー 小形満
ショーン・ペン トレイ・パーカー 田口トモロヲ
ヘレン・ハント トレイ・パーカー 結城比呂
ジョージ・クルーニー マット・ストーン 小山力也
リブ・タイラー 山口勝平
スーザン・サランドン トレイ・パーカー LiLiCo
マット・デイモン トレイ・パーカー 山口勝平
マイケル・ムーア トレイ・パーカー KORN
ハンス・ブリックス トレイ・パーカー 村松康雄

出典編集

外部リンク編集