メインメニューを開く

チーム長野(チームながの)は、長野県カーリング協会に所属していた女子カーリングチーム。長年にわたり日本の女子カーリング界を支えた強豪であり、ライバルのチーム青森とは幾多の名勝負を生んだ。2005年日本カーリング選手権優勝。2006年冬季トリノオリンピックおよび、2010年冬季バンクーバーオリンピックのカーリング競技日本女子代表候補。2006年世界カーリング選手権と2007年アジア冬季競技大会に日本代表として出場。2010年4月末をもって、結成以来16年間の活動に終止符を打ち解散した。

No image.svg チーム長野 Curling pictogram.svg
基本情報
創設 1994年
活動休止 2010年
所在地 長野県軽井沢町
オリンピック
出場回数 なし
世界選手権
出場回数 1回
出場大会
最高成績 11位
日本選手権
優勝回数 1回
優勝大会
  • 2005
テンプレートを表示

目次

略歴

1994年 
  • 軽井沢町立軽井沢中学校のカーリング部に所属していた土屋由加子園部淳子らが「チームカルテット」を結成。
1995年
  • チーム名を「チームPICTIC」に変更。
1997-1998シーズン
2001年 
  • 00年-01年シーズン終了後、土屋と園部姉妹以外の2人が離脱。メンバーが3人となり、解散の危機に直面するが、亀山智恵美が正式加入しチームの再編成を果たす。
2003-2004シーズン
2004-2005シーズン
  • 2月23日-27日、第22回日本カーリング選手権に出場し、優勝。第15回パシフィックカーリング選手権への出場権を獲得する。また、この大会の予選および決勝トーナメントにおいて、既にトリノオリンピック代表に内定していた「青森県協会(=「フォルティウス」。後の「チーム青森」)」を破り、優勝したことが後述の「トリノオリンピック代表選考会」開催のきっかけとなった。なお、この大会の直前に行われた日本ジュニアカーリング選手権では、佐藤みつきが掛け持ちで所属していた「チーム掛川(「Wish」)」が優勝しており、佐藤はこの年の一般とジュニアの日本選手権タイトル二冠を達成したことになる。
2005-2006シーズン
2006-2007シーズン
  • 9月、学業に専念するため亀山智恵美がチームを離脱。佐藤美幸がフィフス(リザーブ)として加入(「チーム軽井沢ジュニア(=「Wish」)」との掛け持ち)。
  • 12月16日-17日、当初、2007年3月に青森で開催予定の第28回世界カーリング選手権の日本代表には、同年3月開催の第23回日本カーリング選手権で優勝した「チーム青森」が内定していた。しかし主力選手である小野寺歩、林弓枝の両名が同年5月にチームを離脱した影響を鑑み、改めて「チーム青森」と「チーム長野」による2007年世界女子カーリング選手権大会日本代表チーム選考会が北海道北見市(旧常呂町)にて行われた。選考試合は全5試合。「先に3勝したチームが代表権を獲得する」という条件下で実施されたが、2勝2敗で迎えた第5戦で「チーム青森」に敗れ、代表権獲得はならなかった。
  • サードの園部淳子に代わり、リードの佐藤みつきがバイス・スキップ(スキップが投球するときに、スキップに代わってハウスに立って指示をする選手)を担当するようになる。
  • 1月28日-2月4日、中華人民共和国長春で行われたアジア冬季競技大会に初出場。予選を5勝1敗で1位通過したものの、決勝で韓国に逆転負けを喫し、準優勝に終わる。
  • 2月21日-25日、第24回日本カーリング選手権に出場。決勝で再び「チーム青森」と対戦したが延長戦(11エンド)の末敗れ、準優勝に終わる。
2007-2008シーズン
  • 2月6日-11日、1月に行われた関東中部選手権で3位に終わったため、開催地推薦枠で第25回日本カーリング選手権に出場。決勝で再び「チーム青森」と対戦したが、最終10エンドで逆転され、この大会3年連続の準優勝となった。
  • 2月13日-17日、軽井沢国際カーリング選手権大会に日本選抜(Japan Selection)チームとして出場。準決勝で中国に、決勝で「チーム青森」(日本代表チーム)に勝利し、念願のこの大会初優勝を飾った。なお、この大会と前週の日本選手権では従来のポジションを入れ替え、園部淳子がセカンドを園部智子がサードを担当した。
2008-2009シーズン
  • 1月16日-18日、第15回中部カーリング選手権で2位に終わったため、第26回日本カーリング選手権への出場を逃す。
2009-2010シーズン
  • 佐藤みつきと佐藤美幸がチームを離脱。佐藤美幸は新たに発足した「中部電力カーリング部」に加入。
  • 6月30日、谷本文子(東京都カーリング協会所属)を新たにチームに迎え、11月に行われるオリンピックトライアルに臨むと発表。
  • 11月、バンクーバー五輪カーリング競技日本代表決定戦に出場。第1ラウンドで常呂高に2勝1敗で勝利し、「チーム青森」との代表決定戦に進出したが、2勝のアドバンテージをもつ「チーム青森」に0勝4敗で敗れ、五輪代表権獲得はならなかった。
  • 4月27日チーム長野の公式ウェブサイトで4月末をもって16年間の活動を終了することを発表。なお、メンバーそれぞれはカーリングを続けていくとのこと。

解散後

2010年
2011年
  • 2月、土屋由加子が「中部電力カーリング部」のリザーブとして第28回日本カーリング選手権に出場し、優勝。正式な所属ではなく、大会限定のリザーブだったとはいえ、土屋個人にとっては2005年以来、2度目の日本選手権優勝となった。

選手

活動終了時のメンバー
  • 土屋由加子 (つちや ゆかこ、スキップ、所属:1994年-2010年、1980年5月6日生、身長157cm、体重53kg、血液型A型)
  • 園部淳子 (そのべ じゅんこ、セカンド、サード、所属:1994年-2010年、1980年12月21日生、身長161cm、体重47kg、血液型O型)
  • 園部智子 (そのべ ともこ、セカンド、サード、所属:1997年-2010年、1982年8月25日生、身長164cm、体重56kg、血液型B型)
  • 谷本文子 (たにもと あやこ、所属:2009年-2010年、1968年9月28日生、血液型A型)
過去に所属していたメンバー(2001年以降)
  • 佐藤みつき (さとう みつき、リード、所属:2003-2009年、1985年3月19日生、身長159cm、体重69kg、血液型AB型)
  • 佐藤美幸 (さとう みゆき、フィフス(リザーブ)、所属:2006-2009年、1989年12月26日生、身長160cm、体重59kg、血液型A型)
  • 亀山智恵美 (かめやま ちえみ、リード、所属:2001-2006年、1984年10月31日生、身長165cm、血液型B型)

主な戦歴

1997年-1998年シーズン
  • 第6回日本ジュニアカーリング選手権:2位(優勝:シムソンズ
  • 第15回日本カーリング選手権:3位(優勝:チームジャパン)
1998年-1999年シーズン 
  • 第7回日本ジュニアカーリング選手権:2位(優勝:シムソンズ)
  • 第16回日本カーリング選手権:予選敗退(優勝:シムソンズ)
1999年-2000年シーズン 
2000年-2001年シーズン 
  • 第9回日本ジュニアカーリング選手権:2位(優勝:空知こざくら)
2001年-2002年シーズン 
  • 第19回日本カーリング選手権:予選敗退(優勝:POCKET)
2002年-2003年シーズン 
2003年-2004年シーズン 
2004年-2005年シーズン 
  • 第22回日本カーリング選手権:優勝(2位:チーム青森県協会(チーム青森))
  • 第18回長野県カーリング選手権大会:優勝
2005年-2006年シーズン
  • トリノオリンピック・カーリング日本代表(女子)選考会:第1戦でチーム青森に敗れる(チーム青森が代表に決定)
  • 第15回パシフィックカーリング選手権:優勝(2位:中国) 
  • 軽井沢国際カーリング選手権大会:3位
  • 第23回日本カーリング選手権:2位(優勝:チーム青森)
  • 世界カーリング選手権:11位
  • 第19回長野県カーリング選手権大会:優勝
2006年-2007年シーズン
  • 第19回長野県カーリング選手権大会:優勝(2位:GALLOP)
  • 2007年世界女子カーリング選手権日本代表選考会:2勝3敗でチーム青森に敗れる(チーム青森が代表に決定)
  • 第6回アジア冬季競技大会:2位(優勝:韓国)
  • 第13回中部カーリング選手権大会:2位(優勝:軽井沢GALLOP)
  • 第24回日本カーリング選手権:2位(優勝:チーム青森)
  • 第20回長野県カーリング選手権大会:優勝(2位:GALLOP)
2007年-2008年シーズン
  • 第14回中部カーリング選手権大会:3位(優勝:御代田ジュニア)
  • 第25回日本カーリング選手権:2位(優勝:チーム青森)
  • 軽井沢国際カーリング選手権大会:優勝(2位:チーム青森)
  • 第21回長野県カーリング選手権大会:優勝
2008年-2009年シーズン
  • 第15回中部カーリング選手権:2位
  • 第22回長野県カーリング選手権大会:優勝
2009年-2010年シーズン
  • バンクーバーオリンピック代表選考会:2位(優勝:チーム青森)
  • 第23回長野県カーリング選手権大会:優勝

その他

  • カーリングの普及活動にも非常に熱心で、ホームグラウンドである長野県御代田町のカーリングホールみよたなどで開催される初心者向けのカーリング教室や各種イベントなどにメンバーが講師としてしばしば参加していた。
  • いち早くチームの公式ホームページとブログを立ち上げ、メンバー自らの手で定期的に更新し、積極的に情報発信を行なっていた。

外部リンク