ツァスタバ M21

ツァスタバ M21
M21SRB.jpg
ツァスタバ M21
銃身下部にGP-25グレネードランチャーを装備。
ツァスタバ M21
種類 軍用小銃
製造国 セルビアの旗 セルビア
設計・製造 ツァスタバ・アームズ
仕様
種別 アサルトライフル
口径 5.56mm
銃身長 460mm(M21)
375mm(M21S)
290mm(M21A)
ライフリング 6条右回り
177.8mm/回転
使用弾薬 5.56x45mm NATO弾
装弾数 30発
作動方式 長ガス・ピストン式
回転ボルト閉鎖
セミ/フルオート切替射撃
全長 1,000 / 750mm(M21)
915 / 666mm(M21S)
815mm / 570mm(M21A)
重量 3.85kg(M21)
3.82kg(M21S)
3.5kg(M21A)
発射速度 560~680発/分(M21、M21S)
600発/分(M21A)
銃口初速 890m/秒(M21、M21S)
800m/秒(M21A)
有効射程 500m(M21、M21S)
200m(M21A)
歴史
製造期間 2004年~現在
配備先 セルビアマケドニア共和国イラク
バリエーション M21、M21S、M21A
テンプレートを表示

ツァスタバ M21セルビア語: Застава M21)とは、2004年にセルビアツァスタバ・アームズAK-47をベースに設計した新世代のアサルトライフルである。日本ではツァスタバと呼ばれるが、セルビア語上の正しい発音はザスタヴァに近い。

目次

概要編集

ツァスタバ・アームズでは、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国時代から独自の改良を加えたAK系ライフルの派生形を多数開発生産していたが、基本的な形状や構造はAK-47と全く同じであった。

そこで、AKの基本構造を受け継ぎつつもより旧西側陣営の設計思想を取り入れた新型アサルトライフルとして開発されたのが、ツァスタバ M21(以後M21と呼称)である。

M21はセルビアにおいて旧式のツァスタバ M70を更新しつつあるほか、マケドニア共和国イラクに輸出されている。

特徴編集

  • 使用弾薬を従来の7.62x39mm弾から5.56x45mm NATO弾へ変更することで、反動を低減。
  • 銃身内側をクロムメッキすることで、耐久性を向上。
  • ガスバイパス部分のガス遮断器兼用ライフルグレネード照準器を廃止。その代わりにガスポート下部の着剣ラグにGP-25グレネードランチャーを装着可能。
  • 銃口部分にフラッシュハイダーを追加して発砲炎を抑える。
  • 照星と照門を全体的に後方に移し、レシーバー上部のカバーはヒンジでより強固に固定。
  • ハンドガードを、従来の木製ないし金属製からポリマー製に切り替える。
  • レシーバー上部やハンドガード部分にはピカティニー・レールを装着可能。
  • 銃床も従来の木製固定式もしくは金属製下部折り畳み式の二者択一から、ポリマー製の右側面折り畳み式に統一。
  • 本体左側のグリップ近くに、グリップを握ったまま右手親指で操作可能なセレクターを追加[1]

以上の新機軸が取り入れられた結果、M21はイスラエル製のガリルポーランド製のwz. 96 ベリルに類似した特徴を備えている。

派生型編集

M21
標準型。
M21S
銃身を短く切り詰めた、騎兵銃(カービン)型。GP-25の装着は可能。
M21A
上記のM21Sよりもさらに銃身を短く切り詰めた短機関銃型。ガスポート下部の着剣ラグが廃止されているため、GP-25の装着は不可能。
 
短機関銃仕様の、ツァスタバ M21A。


脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 銃床を右側面に折り畳むとAK系特有のレシーバー右側面のセレクターを覆い、操作を阻害する。

関連項目編集


外部リンク編集