ツァトゥグァ

クトゥルフ神話の神格

ツァトゥグァあるいはツァトゥグア (Tsathoggua) は、クトゥルフ神話として分類される作品群に登場する架空の神性。クラーク・アシュトン・スミスによって創作された。異称としてサドグイ(Sadogui)、サドゴワア(Sadogowah)、ゾタクア(Zhothaqquah)などが知られる[1][2]

Tsathoggua、Ruud Dirven画

概要編集

ツァトゥグァはクトゥルフ神話として分類される一連の怪奇小説などに登場する、人間よりはるかに強大な力を持った神とも呼べる存在(旧支配者)の1柱である。

初出作品は、クラーク・アシュトン・スミスが『ウィアード・テイルズ』1931年11月号に発表した短編『サタムプラ・ゼイロスの物語[3]である。

地球誕生直後に、サイクラノーシュ(土星)から地球に飛来した。スミスが執筆した古代の大陸であるハイパーボリアを舞台とする作品では、大陸西部にあるヴーアミタドレス山の地下洞窟に棲むと描写されていた。ラヴクラフトの『闇に囁くもの』では地下世界クン=ヤンのさらなる地底にある「暗闇のンカイ」から到来したという説明である[4]。設定上ハイパーボリアは海に沈んでいるので、ツァトゥグァの居場所についての説明には変動がある。

フランシス・T・レイニーリン・カーターは、ツァトゥグァを四大霊の地の霊と分類している[5][6]オーガスト・ダーレスらが体系化したクトゥルフ神話においては、旧神に逆らった旧支配者であるため、先述の居場所に幽閉されているということになっている。

創造者スミスが多用した神性であるが、ツァトゥグァ自身をはっきりと登場させた作品は『七つの呪い』のみ。さらに『七つの呪い』は作風自体がユーモラスに描かれており、このことからツァトゥグァは他の旧支配者達より比較的危険度が少ないとみなされることがある。

容姿編集

  • ツァトゥグァ(の邪神像)は巨大な腹部とヒキガエルに似た頭部を持ち、口からは舌を突き出し、半ばまぶたが閉じられた眠たげな目をしている。体色は黒く、体表は短く柔らかな毛で覆われ、コウモリナマケモノの両者の姿を連想させるとされる。[7]
  • 『闇に囁くもの』では「一定した形のない蟇蛙のような生き物」と表現されている[4]
  • クトゥルフ神話TRPG』では、コウモリのような耳と体毛を持つとしている[8]。(先述のスミスとラヴクラフト双方の設定を踏まえて)本質は無定形であり、自由に姿を変えることが可能であるとされることもある[8]

体の大きさは、クトゥルフなど他の旧支配者ほど巨大な描写はされていない。『クトゥルフ神話TRPG』のデータでは、「ホッキョクグマイタチザメと同程度」のサイズに設定されている[9]

創造者のスミスは、小説以外に彫刻も手がけており、自らツァトゥグァの像(邪神像)を造っている。

眷属・カルト編集

眷属編集

ツァトゥグァの神殿には黒いタールのような不定形の姿をしたスライム状の生物が棲んでおり、ツァトゥグァに仕えているとされる[10][11]。『クトゥルフ神話TRPG』では、この生物に「無形の落とし子(Formless Spawn)」という名前が付けられている[12]

カルト編集

カルトの一例

  • ヘビ人間:北米地下の赤い世界ヨス
  • 古代の大陸ハイパーボリアヴーアミ族や魔道士エイボン。ハイパーボリアではゾタクアの異称で邪教とされた[13]
  • 地下世界クン=ヤンに住む人間達。ヨスで発見した邪神像を用いた[14]

登場・関連作品編集

スミスはオーガスト・ダーレスからの質問に1937年4月13日付の書簡で回答し、ツァトゥグァが関与する作品として5編を挙げている[15]。『アウースル・ウトックアンの不運』は5編に含まれていない。またスミスの未発表草稿『サドクアの神託』は、アヴェロワーニュ英語版シリーズ最古のローマ占領時代を舞台としており、サドクア(ツァトゥグァ)崇拝が構想されていた[16][17]。。

系図編集

ツァトゥグァには詳細な系図が設定されている。

スミスがロバート・バーロウに宛てた1934年6月16日付の書簡によると、宇宙の中心にある原初の混沌たるアザトースが分裂によってサクサクルースを産み、サクサクルースがギズグス、フジウルクォイグムンズハー、トゥルー(クトゥルフの異称)の三神を産んだとしている。ギズグスがイクナグンニスススズが産んだズスティルゼムグニとの間にツァトゥグァをもうけた。フジウルクォイグムンズハーとクトゥルフがツァトゥグァの叔父[18]

一方、ラヴクラフトがジェームズ・ファーディナンド・モートンに宛てた1933年4月27日付の書簡では、スミスのものと異なる系図が想定されている。同書簡では、アザトースが「名も無き霧」と「闇黒」を産み、それぞれがヨグ=ソトースシュブ=ニグラスを産んでいる。ヨグ=ソトースとシュブ=ニグラスの間にナグとイェブが産まれ、ナグがクトゥルフを、イェブがツァトゥグァを産んだとしている[19]。つまり、ラヴクラフトの書簡ではツァトゥグァとクトゥルフは従兄弟関係に設定されている。スミスとラヴクラフトの系図は異なるが、ツァトゥグァをアザトースの子孫としている点は共通している。

後にリン・カーターがクトゥルフ神話を体系化した系図では、ヨグ=ソトースの異母の子供たちを、クトゥルフ、ハスター、ツァトゥグァ、ヴルトゥームとしている。

親族編集

スミスの設定によるツァトゥグァの親族を以下に示す。

サクサクルース(CxaxukluthもしくはKsaksa-Kluth)
ツァトゥグァの父方の祖父にあたる。アザトースが分裂生殖によって産み落とした両性具有の神であり、ギズグス、フジウルクォイグムンズハー、トゥルー(クトゥルフ)の三神を産んだ。
ギズグス(GhisguthもしくはGhizghuth、Ghisghuth)
ツァトゥグァの父。ズスティルゼムグニとの間にツァトゥグァをもうけた。
フジウルクォイグムンズハー(Hziulquoigmnzhah)
ツァトゥグァの父方の叔父。ギズグスとトゥルーの兄弟。親であるサクサクルースの同族食いの習慣を好まず、幼少時にヤークシュ(海王星)に渡り、その後サイクラノーシュ(土星)に移った。
短い脚と長い腕を持ち、頭が体の下部からさかさまにぶら下がっているが、それ以外の部分はツァトゥグァに似た姿をしているという。『魔道士エイボン』に登場する。
トゥルー(クトゥルフ
ツァトゥグァの父方の叔父。ギズグスとフジウルクォイグムンズハーの兄弟。
地底世界クン=ヤンにて、ツァトゥグァの前に信仰されていた神。スミスとラヴクラフトでは系譜が異なる。スミス風に「クトゥルト」という訛りもある。
イクナグンニスススズ(Ycnagnnisssz)
ツァトゥグァの母方の祖父にあたる。暗黒星ゾスからやってきて、分裂生殖によりズスティルゼムグニを産んだ。
ズスティルゼムグニ(Zstylzhemgni)
ツァトゥグァの母。ギズグスの妻。
シャタク(Shatak)
ツァトゥグァの妻。ヤークシュ(海王星)でツァトゥグァとの間にズヴィルポグアをもうけた。
ズヴィルポグア(Zvilpoggua)
ツァトゥグァとシャタクの間に生まれた子供。スファトリクルルプという娘がいる。
インディアンたちの間ではオサダゴワ(Ossadagowah)と呼ばれており、前足がなくコウモリの翼を持ち、頭部に顔に代わってヘビのような触角を生やした巨大なヒキガエルの姿をしているとされる[20]
ズヴィルポグアはスミスが創造し、オサダゴワはラヴクラフトが創造した。「オサダゴワ=サドゴワアの息子」という名前であり、サドゴワアはツァトゥグァの異称。[注 1]
登場作品:ラヴクラフトの断章、暗黒の儀式星から来て饗宴に列するものヴァーモントの森で見いだされた謎の文書
スファトリクルルプ(Sfatlicllp)
ツァトゥグァの孫。ズヴィルポグアの娘。ヴーアミ族の1個体との間に不死身のクニガティン・ザウム(アタマウスの遺言の敵役)をもうけた。

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ オサダゴワの作品への初出はラヴクラフト&ダーレスの『暗黒の儀式』。またズヴィルポグアとオサダゴワはリン・カーターの『ヴァーモントの森で見いだされた謎の文書』で結び付けられている。

出典編集

  1. ^ 『エンサイクロペディア・クトゥルフ』、p.174。
  2. ^ サドグイは中世フランスのアヴェロワーニュ、サドゴワアは北米インディアン、ゾタクアはハイパーボリアでの名称。スミスの作品では、ツァトゥグァをはじめとする神々の名称が時代や地域で変化する。
  3. ^ 青心社『暗黒神話大系クトゥルー12』サタムプラ・ゼイロスの物語、東京創元社『ヒュペルボレオス極北神怪譚』
  4. ^ a b c ラブクラフト全集1「闇に囁くもの」p.285
  5. ^ 青心社『暗黒神話大系クトゥルー13』クトゥルー神話用語集、338ページ。
  6. ^ 青心社『暗黒神話大系クトゥルー1』クトゥルー神話の神々、317ページ。
  7. ^ 青心社『暗黒神話大系クトゥルー12』サタムプラ・ゼイロスの物語、東京創元社『ヒュペルボレオス極北神怪譚』
  8. ^ a b 『マレウス・モンストロルム』、p.191。
  9. ^ 『マレウス・モンストロルム』、p.191、p.272、p.275。
  10. ^ 青心社『暗黒神話大系クトゥルー12』サタムプラ・ゼイロスの物語、東京創元社『ヒュペルボレオス極北神怪譚』
  11. ^ 青心社『暗黒神話大系クトゥルー12』墳丘の怪(H・P・ラヴクラフト&ゼリア・ビショップ)
  12. ^ 『マレウス・モンストロルム』、p.76。
  13. ^ 青心社『暗黒神話大系クトゥルー5』魔道士エイボン、東京創元社『ヒュペルボレオス極北神怪譚』
  14. ^ 青心社『暗黒神話大系クトゥルー12』墳丘の怪(H・P・ラヴクラフト&ゼリア・ビショップ)
  15. ^ David E. Schultz and Scott Conners, ed (2003). Selected Letters of Clark Ashton Smith. Arkham House. pp. 286-287 
  16. ^ 創元推理文庫『アヴェロワーニュ妖魅浪漫譚』【解説】414-416ページ。
  17. ^ ナイトランド叢書『魔術師の帝国3 アヴェロワーニュ篇』編者あとがき、308ページ。
  18. ^ The Family Tree of the Gods
  19. ^ 『クトゥルー神話事典 第三版』、p.118。
  20. ^ 『エンサイクロペディア・クトゥルフ』、p.75。

参考文献編集

  • 東雅夫『クトゥルー神話事典 第三版』学習研究社、2007年。ISBN 978-4-05-900460-8
  • オーガスト・ダーレス他「クトゥルー神話用語集 フランシス・T・レイニイ」『暗黒神話大系シリーズ クトゥルー13』大瀧啓裕編、青心社、2005年、pp.331-353。ISBN 4-87892-308-3
  • ダニエル・ハームズ『エンサイクロペディア・クトゥルフ』坂本雅之訳、新紀元社、2007年。ISBN 978-4-7753-0531-7
  • スコット・アニオロフスキーほか『マレウス・モンストロルム』坂本雅之、立花圭一訳、エンターブレイン、2008年。ISBN 978-4-7577-4142-3