ツァリツィノ公園

ツァリツィノ公園(ツァリツィノこうえん、ロシア語Царицыно)は、モスクワ南にある公園。園内にはツァリツィノ宮殿が位置する。ツァリツィノ地下鉄駅の近くにある。

Царицыно. Мост Большой через овраг. 2.jpg
地図
Moscow 05-2012 Tsaritsyno 13.jpg

歴史編集

16世紀よりこの土地は知られており、その頃はツァーリボリス・ゴドゥノフの妹、イリナ・ゴドゥノヴァによって所有され、ボゴロツコエと呼ばれていた。

17世紀にはロシアの名門貴族ゴリツィン公爵家のものとなった。1775年には偶然ここを通りその美しさに魅了されたエカチェリーナ2世がここを買い取り「皇后の」を意味する現在の名へ地名を変えた。1776-85年に建築家のワシリー・バジェーノフはエカチェリーナ2世のため宮殿を作るも完成間際、女帝が訪れた際女帝は「暗すぎるし窮屈」として住居としては却下し宮殿を取り壊すよう命令し、バジェーノフは解雇された。バジェーノフの建築した宮殿の一部分は今も姿をとどめている。

1786年マトヴェイ・カザコフが新しい宮殿の建築プランを計画し、エカチェリーナ2世に認可されると、彼の監督の下1796年女帝の死までは建築が続けられた。女帝の後継ぎとなったパーヴェル1世は宮殿の建築に興味を示さず、巨大な宮殿は未完のまま200年間あり続けた。2005-07年に拡張工事が行われついに完成した。現在公園には宮殿や歴史や建築や美術の博物館が美しい森や湖沼に囲まれてたたずんでいる。